こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

BIOSによってはLINUXが起動しないのか

Acerのデスクトップ機にHDDを差し替えてLinuxをインストールしました。
無事インストールされて再起動するも起動できません。

エラーメッセージは「ブートデバイスが見つかりません」という趣旨のものです。
M/Bを買い替えるとうまくいくのでしょうが、何か良い手はありませんでしょうか?

EFIとかBIOSという問題以前に、メーカーに問い合わせると「今のBIOSではLINUXはサポートしていない」と言われて困り果てています。メーカーのページにはLINUXとWindowsとそれぞれOSによってBIOSが用意されているようですが、そんなことってあるのでしょうか?

Linux用のBIOSは現在のWindows用のBIOSを上書きしてくれず、結局レスキューディスクからブートするしかLinuxにアクセスできません。

Windows7がインストールされていたマシンで、HDDを差し替えてDebian Wheezerをインストールしました。Core i7 4770が載っているそれなりに新しいマシンです。

投稿日時 - 2015-06-07 12:02:44

QNo.8989608

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

情報開示を最初から、正しく記載すること、
パソコンの構成が回答者に分かる仕様を記載すること、
現状のパソコンのOSのインストール状態、
何が問題となっているのか、
どこまで貴殿が調査して理解しているのか、
全て情報を後から、書き加えることは、回答者にとって、気が抜けてしまうので止めて欲しいことです。

以上。

投稿日時 - 2015-06-16 11:49:11

ANo.9

> PC起動時の画面から、現代的ではなく古臭い画面が表示されたからと言ってEFIが利用できない訳ではないと聞きます。
> 起動プロセスは違いますね。
> EFIシステムパーティションを作っても作らずともどちらでも起動(ブートメディアを認識)しませんでした。

記載内容が、当方には理解できません。
何か、当方の勘違いか、情報開示の基本を勘違いしている感が強いです。

もしかして、
> Acerのデスクトップ機にHDDを差し替えてLinuxをインストールしました。
内蔵HDDを2台接続した状態ではないかと思います。
この場合、2台とも、SATA接続であり、どちらのHDDにも、ブートストラップローダが独立して作成させたか、

> Windows7がインストールされていたマシンで、HDDを差し替えてDebian Wheezerをインストールしました。
差し替えるとは、Debianをインストールする際、Windows 7が入った内蔵HDDを外した状態でインストールしたかで、外さないでインストールしたかで、全く別なブートストラップローダになると思われます。

当方が検証しているのは、上記2つとも、内蔵HDDを2台接続している場合上手く起動できないと思います。
外してインストールした場合、独立したブートストラップローダがあると、どちらを採用するか、BIOS(UEFI)で決められないため、起動デバイス不良となると思われます。

外さないでインストールした場合、Debian側のインストールで、UEFI設定の仕様が完全であるかどうかです。
不完全であれば、ダメだと思うし、Windows7での仕様で、UEFIの完全なサポートがされているかです。
UEFI仕様の調査をするのも一つだと思います。

ということで、当方のお勧めは、USB接続外付けHDDにDebianを独立してインストールすることです。

最後に、SATA接続の場合、内蔵HDDにマスター、スレーブといった区別する仕様ではないことが、IDEとは、異なるところだと言えます。

投稿日時 - 2015-06-16 03:42:08

お礼

すみません、詳細に書いてくださってありがたいのですが、少し混乱しています。

第一に、いつ何時でもHDDを2台つないだ状態で動作・OSをインストールしたことはありません。もともとPCに付いていたWindows入りのHDDを起動させたことさえもありません。

第二に、Linuxのインストール時にはパーティションの全く無い状態からはじめています。

> EFIシステムパーティションを作っても作らずともどちらでも起動(ブートメディアを認識)しませんでした
このように書いたのは、もしかしてUEFIしか対応しないMBかもしれない場合を考えて、UEFI用のパーティションを作成して、自分なりにやってみたもののうまくいかなかったというのが趣旨です。

> USB接続外付けHDDにDebianを独立してインストール
これは考えつきませんでした。でもこれとCDブートするのではそれほど違いがないように感じます。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-06-16 11:13:28

ANo.8

UEFIモードでの起動と、Ligacyモードでの起動は、全く異なってものであるということの理解が必要かと思います。
具体的には、EFIシステムパーティションと言う300MB程のパーティションが追加されていることです。
まだ順を追って説明していかないと言い尽くせないことはありますけどね。

投稿日時 - 2015-06-08 02:49:32

お礼

ありがとうございます。
PC起動時の画面から、現代的ではなく古臭い画面が表示されたからと言ってEFIが利用できない訳ではないと聞きます。起動プロセスは違いますね。

EFIシステムパーティションを作っても作らずともどちらでも起動(ブートメディアを認識)しませんでした。

投稿日時 - 2015-06-14 01:27:39

ANo.7

> エラーメッセージは「ブートデバイスが見つかりません」という趣旨のものです。

いろいろなことが考えられます。
UEFI(以前のBIOSのこと)に入り、「Bootタブ」の「Boot Mode」のところにポイントして、「+」キーか、「-」キーを押す。
すると、「UEFI」から、「Legacy」に反転する。
このことは、試されているか。
もし試されていなければ、まずこれをやってみることをお勧めします。

> 結局レスキューディスクからブートするしかLinuxにアクセスできません。

レスキューディスクの詳細が不明ですが、上記UEFIモードでも起動できるようなレスキューディスクとして作成されているものと理解できます。

> UEFIを無効/有効にするというオプションはBIOS画面には見当たりませんでした。

どこを参照して言われているのか、上記のことは、
即ち、
> 「UEFI」から、「Legacy」に反転する。
を御存知ではないのではと思っています。
これを行うと自動的に、「Securityタブ」の、
Secure Boot の Enabled が、Disabled に変わるはずです。

投稿日時 - 2015-06-08 02:34:49

お礼

ありがとうございます。

BIIOS画面からは「UEFI」という文字は全く見当たりません。あるのは「CSM」を無効にするかという項目です。

ただ、
WindowsのHDDをつなぎ直して気づいたのは、そのときにはブート順番項目にHDDのメーカー名が表示されるのに対して、LinuxのHDDをつなぐとHard Diskとしか表示されないことです。やはりBIOSをどうにかして入れ替えるしかない気がしています。ただその方法が分かりません。

投稿日時 - 2015-06-14 01:36:06

ANo.6

>疑問に思うのは、UEFI登場以前のBIOSしか無かった時代には、WindowsしかブートできないBIOSというのは存在したのでしょうか?存在したのであれば、BIOSの強制書き換えしかないかな、と思いますが失敗したらM/Bが使い物にならなくなりますね。

Windowsしか起動できないBIOSが過去にあったかどうかは知りませんが(#1に書いたurlを読む限りはWindowsとRed Hat Linuxしか起動できない製品がLenovoにはあったことあるみたいですけど)、それを知ってようが知っていまいがやるべき事は変わらないのでは?

参考にならないでしょうが、
私は最近Intel NUC DN2820FYKHにFreeBSD 10.1をGPTパーティション形式で旧来のBIOS、UEFIどちらでも起動できるようにインストールしましたがDN2820FYKHではブートできませんでした(他のPCではブートできます)。
なので検索などしたり試行錯誤のすえUEFI用のブートローダを用意する事でなんとかブートできるようにはなりました(過去のPCではブートできても将来のPCでブートできるとは限らないというたとえ話です)。

投稿日時 - 2015-06-07 17:43:53

お礼

ありがとうございます。
BIOSによってはWindowsしか動かないことも多いのであるならば、このMBも高い確率でそうなのだろうと推測できます。

メーカーのサポートページからはWindows用のBIOSとLinux用のBIOSが用意されているように見えます。http://us.acer.com/ac/en/US/content/drivers (直接のページにリンクできませんでした。Veriton M6630Gで該当するものが出てきます)

ただ、Windows用のBIOSからLinuxのBIOSへ乗り換えできませんでした。

投稿日時 - 2015-06-14 01:23:03

ANo.5

シングルOSで間違いなさそうな感じですね

私は詳しくないのでインストール時に設定変更しようと思っても全てマニュアル設定になってしまいお手上げ状態です
設定情報が足りないとインストールしてくれない

インストール後の編集もBoot修正だけでは他の設定とデバイス情報が違うものになり正常に起動してくれない事がほとんどでした
Linuxはディストリビューションやカーネルバージョンによって設定内容や設定保存先が違うのが難点です 複数保存され全て修正しないといけない場合もあります

起動しないWindowsの不具合を コマンドベースでレジストリ編集するような感じ

分からないままアチコチ触るより 接続先を変えて新規インストールした方が時間が掛からない
というのが私の選択肢になっています

どうしても 現ディストリビューションのLinuxをインストールされたいのであれば ご自身でご自身の環境に合った情報を探して頑張るしかないかな?と思います
コマンドは共通ですが 仕様はさまざまなのでご自身の環境に役立たない情報の方が多いと思います
Linuxの仕組みが分かっていれば 類似情報から応用対応できるのでしょうが 私の頭では理解できない内容なのですみません

HDDの1台をLinux もう1台をWindows 切り替えはPOST中のデバイス選択であれば
Linuxの初期設定に合う接続先を使って 新規インストールして起動する場所を探す
後で周辺機器の接続を変更すると再マウント+使用設定しないと認識しないので変更しない
Windows用HDDは適当に接続(各保存先の設定情報が初期設定されます)が一番簡単なように思います

Linuxディストリビューションによっては難しくないものもあります
http://matome.naver.jp/odai/2132853934658587701
http://ja.wikipedia.org/wiki/Linux%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%AF%94%E8%BC%83

ISOイメージデータをダウンロードしてDVDに書き込めば インストールディスクもしくは起動&インストールディスクになります
http://memorva.jp/internet/pc/iso_cd_dvd.php

他のディストリビューションに変更を検討されるのも1つの方法だと思います
Debian Ubuntu Fedora Vine Suseなどは簡単な部類に入ると思います(私にできたので)
KNOPPIXはバージョンしだい?一時期苦労した記憶があります

投稿日時 - 2015-06-07 16:19:43

ANo.4

:>UEFIを無効/有効にするというオプションはBIOS画面には見当たりませんでした。
「BIOS画面」が出るということならは非uEFIの従来型のマザボということになります。

:>結局レスキューディスクからブートするしかLinuxにアクセスできません。

レスキューCDが起動するのであれば、SyslinuxやGrubをインストールすることで簡単に起動できるはずです。
BIOSなどの問題ではなく、適切にインストールできていないだけではありませんか?

投稿日時 - 2015-06-07 15:19:35

ANo.3

私はUEFI対応BIOSで 何本かフリーLinuxOSをインストール経験がありますが BIOSによる不具合は未経験です
メニューの違いでLinux用BIOSはありますが サーバー用途で必要かも知れませんが個人用デスクトップ環境では不要と思っています

Windowsと共用のデュアルブートでは無い HDD差し替え Linux単体でしたらWindowsが使うセキュアブートは関係ないのでは?と思います
影響するのであればCD/DVDからも起動できないはず 不具合に出会ってないので間違った思い込みかも知れません

Linuxディストリビューションによって融通の利くものから自分勝手なものまでいろいろあります
私も難しい事は避けたい人なので パソコンに合った内容に修正してくれないのであれば他のディストリビューションをお勧めしたいと思います


M/Bがシステムドライブの所在を認識できないのであれば Boot設定に記載ミスがあるのでは?と感じます
Linuxはブートデバイスを初期値の0,0を設定 BIOS側は接続されたHDDを0,1と認識 システムの入ったHDDが無い という感じ

私は面倒なOSは BIOSを初期設定 SATA0にHDDを接続 DVDドライブはSATA1以降 他は全て未接続でインストールする事があります
BIOSとLinuxの両方が0,0になれば起動してくれる事が多い

システムドライブを認識しないのであれば Linux側のBootデバイスが間違っているのでは?と思います(編集は全ての関連付けに影響するので簡単に終わらない場合が多い)
起動時のコマンドライン(グラフィカルモードだと表示されないかも知れない)でエラーが出るのであれば Linux側の設定ミスと判断しています(エラー箇所で止まる)
それでもダメな場合は インストール後にアチコチ修正が必要なんだろうと思ってインストールを断念しています

CD/DVD起動は初期起動が遅い場合がありますがが USB3メモリだと速くなります
CD/DVDやUSBメモリを持っていれば どんなパソコンでも自分のパソコンになる(起動ドライブ指定が必要) 使い方しだいで便利なOSだと思います

投稿日時 - 2015-06-07 13:54:46

お礼

ご回答ありがとうございます。

>Boot設定に記載ミスがあるのでは?と感じます

これは設定ファイルを調整してやれば直るかもしれないということでしょうか。ちなみにGRUBまでたどり着いていません。

>起動時のコマンドライン(グラフィカルモードだと表示されないかも知れない)でエラーが出るのであれば

そこまで進みません。正直ちょっとお手上げです。

投稿日時 - 2015-06-07 14:34:24

ANo.2

:>EFIとかBIOSという問題以前に、メーカーに問い合わせると「今のBIOSではLINUXはサポートしていない」と言われ
WindowsOSをインストールして販売しているメーカーPCでは、ユーザーがLinuxをインストールしようとして
生じた問題については保証期間内であっても有償サポートが基本です。
質問タイトルの「BIOSによってはLINUXが起動しないのか」について言うと、
Linux(64bit版)の中には、これまでのBIOSではなくuEFIでなければ起動できないものがあるということです。

uEFIの設定メニューで、Secure Bootを「Enabled」から「Disabled」に変更し、
CSMを「Disabled」から「Enabled」に変更することで起動できるかもしれません。

参考URL:http://www.disksh.com/ds/bios_setup_boot_uefi.html

投稿日時 - 2015-06-07 13:25:55

お礼

ご回答ありがとうございました。
UEFIを無効/有効にするというオプションはBIOS画面には見当たりませんでした。

ただ、セキュアブートを無効に、CSMを常に、という状態では「ブートデバイスが見つかりません」というエラーになります。CSMを無効にしてもこれは変わりませんでした。

投稿日時 - 2015-06-07 14:42:34

ANo.1

具体的な機種名等書かれてないので抽象的な回答しかできませんが状況としてはありえます。

そのPCがUEFIからのブートしかサポートしてないのでしたらUEFIでブートできるようにLinuxをインストールしないといけませんし、更にセキュアブートを無効化できないPCだとLinux側もセキュアブートに対応してないとブートできません。

https://jp.linux.com/Linux%20Jp/tutorial/428344-tutorial2015041001

投稿日時 - 2015-06-07 12:54:30

お礼

ご回答ありがとうございます。
セキュアブートは無効にしてあり、UEFIしかサポートしていないかどうかはよくわかりません。CSMは「常に使用」という設定にしてはあります。

ちなみにAcer Veriton M6630Gという機種です。

疑問に思うのは、UEFI登場以前のBIOSしか無かった時代には、WindowsしかブートできないBIOSというのは存在したのでしょうか?存在したのであれば、BIOSの強制書き換えしかないかな、と思いますが失敗したらM/Bが使い物にならなくなりますね。

投稿日時 - 2015-06-07 14:53:18

あなたにオススメの質問