こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

電子書籍、どれがいいか

おすすめの電子書籍端末を教えてください
やはり端末によって、みれる書籍の量もちがうのでしょうか?

投稿日時 - 2015-05-22 16:41:25

QNo.8979979

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.11

やはり一番良いのはiPadシリーズです。
Apple独自のiBookもありますし、ソニーのReaderやシャープのGALÁPAGOSなども利用可能です。
もちろんそれ以外の電子書籍サービスも利用できるところがあります。
AmazonのKindleなどは安いですが、これはAmazon以外は基本的に利用できないものです。
要するにAmazonはハードではなくソフトの方で儲けようと考えているのだということを見たことがあります。

投稿日時 - 2015-05-30 17:55:45

現在、電子書籍は過当競争が終わり、以前ほど値引くがなくなってます。
専用端末だと、専用になってしまうので電子書籍をできるだけ安く買うということができなくなるデメリットがあります。国内の専用端末だとKindle、koboぐらいかも。
販売数には差はありますが、普通の商品(コミック、雑誌、小説等)での差はあまりないと思います。

Amazonは特別なセールは少ないです。消費税がかからない出版社もある。ポイント還元が少ないので、最初からある程度引いてることも多いです。値引き+消費税免除だと得な感じです。
koboはやる気がなくなり、クーポンはショボくなり、Androidアプリも最悪のまま。ここもAmazonと同じで消費税がかからない出版社があります。クーポンがダメダメで、ポイント還元主体になってます。
BookLiveはクーポンが多く、2割引で買えることが多いです。
hontoは以前ほど自由に使えるクーポンが減り、クーポン利用額が2000円以上20パーセント引きとか5000円以上30パーセント引きとかになってます。ポイント還元が多くなるサービス(最大35倍とか)をよくやってます。
BookWalkerは角川系列なので、角川のラノベ、コミックの発売日が紙書籍と同じことが多いです。突発的なポイント増量還元をよくやります。実際には角川の紙書籍だと発売日数日前に書店に並ぶので同時発売とは言えないですけど。
DMMは成年コミックメイン。でも、成年系は電子をやる気がない出版社が多いので、最近では微妙な感じです。

Android版アプリの使い勝手がいいのは、自分的にはBookLive>DMM>BookWalker>honto=kindle>>koboって感じで、koboのAndroidアプリはなんとかして欲しいですね。
PC版ではダントツでDMMです。
DMMは1回ダウンロードしたら、他のPCに電子書籍のデータをコピーできますから。もちろん、コピーしたものはPC版ビューアーで読めます。
DMM以外だとPC版は27インチ(IPS液晶)でもコミック、ラノベは読みにくく、使い勝手も悪く、kobo、hontoのPC版ビューアーはすぐにアンインストールしました。結局、PCだとDMMの成年系ぐらいしか読まないので。
Android版アプリだと、端末ごとにダウンロードしないとダメなので、データ的な自由度はないですし、Android4.42だと、自分がよく利用してるところはどこもSDカードに保存できないです。
Android5.11のNexus9、Nexus7だとSDカードが使えないし、有料ソフトでUSB接続SDカードリーダーを付けても市販電子書籍は保存できないです。

電子書籍端末は基本小説メインだと思うので、コミック、雑誌、写真集などを楽しみたいなら、タブレットの方が向いてます。
自分のケースだと、タブレット3台で小説、コミック、雑誌で使い分けてます。
Nexus7(2013)7インチ Android5.11 ラノベ専用(重さが軽いので)
Nexus9 8.9インチ Android5.11 コミック専用(読みやすい)
A204YB 10.1インチ Android4.42 雑誌、エッチなコミック(DMMなど)、写真集
雑誌は10インチでないと読むのは苦しいです。
最近は100円で週刊アスキーをよく買いますけど、10.1インチがギリギリって感じ。

700冊程度電子書籍(コミック、ラノベメイン)を買いました。
一番利用したところはhontoで300冊ぐらい。
紙のコミックが7000冊超えてから本棚の置く場所が大変で、電子書籍が増えました。
紙のコミックのような発売日購入をやめて、電子だとポイント還元が多いとか、クーポンが使えるときにまとめて買うことが多いです。
20日から24日までhontoで50倍ポイントをやってます。さらに、5000円以上3割引クーポンが24日まで使えるので、5000円購入で値引き1500円、ポイントが1700ほどつきます。要するに、5000円分の電子書籍が1800円程度で買えることになります。

投稿日時 - 2015-05-24 07:58:59

ANo.8

 電子書籍なんてお金の無駄遣いですから、やめた方が良いと思います。

 2万円出せば、本が20~30冊ぐらいは買えますからね。電子書籍なんて蔵書量が少ないし、人気があるのは漫画ぐらいで、それ以外では市場が狭いようですので。

 スマートフォンか、タブレット端末のように、汎用性が高い機種の方が良いのではないですか。

投稿日時 - 2015-05-22 19:52:37

ANo.7

「書籍の量」って何のことを想定していますか?

購入・ダウンロード可能な蔵書の数ですか?
端末に保存できる冊数ですか?

これらの解釈によって全然違ってくるんなですけど・・・

投稿日時 - 2015-05-22 19:41:33

ANo.6

なにか勘違いされてますね?!

端末自体じゃなく、『電子書籍サイト』 の方が重要ですよ。
貴方がどこの電子書籍サイトを使うかで、買える本の量が違って来ますから。

まず電子書籍サイトを選んで、それから、そこで使える端末を探すのが正解。

例えばBookliveです。 http://booklive.jp/ 日本最大級の蔵書数を誇ります。
一番本が多いという事。小さい会社だと、会社の存続が心配にもなりますが、
ここは日本の幾つもの大手企業が出資してるので、安心感があります。
いきなりサービス停止とかは無いでしょうからね。

電子書籍サイトによっては、専用のリーダーがありますが、それらは主に
モノクロ(E-インク)です。これは活字を読むのには非常に良いですが、
カラーを見る事が出来ません。文庫本を読むなどに向いています。
漫画や雑誌などはカラーのページがありますが、専用リーダーでは見れません。

貴方が活字を読むだけなら、専用リーダーは最適ですが、もしカラーも見たい
なら、ダメですね。

私個人の経験で言えば、PC上で本を買ってから、活字は専用リーダーで読んで、
カラー物はアンドロイドタブレットで読んでいます。私は今現在250冊以上
買っていますね。電子書籍は場所を取らないのが最大の利点です。

何故PC上で買うかと言えば、画面が大きく情報量が多いので、買い物し易いから。
PC上で買って、クラウド上の専用本棚に入れれば、後は他の端末にダウンロード
して読む事が出来ます。 ちなみにBookLive!だと、最大5端末にダウンロード
出来ます。他の電子書籍サイトでも同じ様にダウンロード出来る端末数には
制限があります。

繰り返しになりますが、貴方が活字を読むだけなら、専用リーダーが良いですが、
カラーの品を読むなら、タブレットが良いです。 もし、一台だけ買うなら、
アンドロイドのタブレット(7インチ)をお勧めします。それなら、モノクロも
カラーも読めるからです。例えばこういう・・・
http://kakaku.com/item/K0000566227/ これとか、
http://www.dospara.co.jp/5info/cts_lp_diginnos_tablet_dg07_gp
これとかです。 タブレットは他の用途(ネット検索とか動画閲覧とか)にも
使えるので、個人的には専用リーダーを買うよりお勧めですね。
データ記憶容量に注意して買えば長く使えます。カラー雑誌やカラーの書籍は
データ量が多いので、容量が大きい品か、SDカードで増やせる品が良いです。

活字だけなら専用リーダーで十分ですが、モノクロでも漫画には向かないです。
漫画の絵柄の細かい部分がつぶれ気味になるので、読みにくくなります。
マンが読むなら、先に挙げたアンドロイドタブレットの方が良いですよ。

ちなみにBooklive!の専用リーダーはこちらです。
http://item.rakuten.co.jp/books-sanseido/bl-121/
BookLive!は 三省堂 と提携してるので、三省堂が紹介してます。

投稿日時 - 2015-05-22 19:21:42

ANo.5

端末によって見れる書籍の量には違いがあります。たとえばキンドルであればアマゾンで販売されている電子書籍などしか読めないですし、、、
そこで、ipad もしくはipad miniではどうでしょうか?
このあたりだと電子書籍用のアプリが各社から出ていますので端末を考える必要が必要なくなります。
また上記の機種は日本である程度人気がありますので必要なくなれば、中古で半額程度で転売できますのでいいと思います。

投稿日時 - 2015-05-22 19:12:16

ANo.4

GALAPAGOS2機種、Kobo、Kindle7機種、Reader2機種を持っています。
GALAPAGOSがすごかったのは、トラックボールが付いていて親指だけで拡大もベージめくりもできた点です。もう1機種の方は、WiMAX内蔵でした。
でも、もう売っていまいんですよね。

買う価値があるのは、KindleとReaderです。
Readerは、電子インクの機種で、Koboはもちろん、Kindleの最新機種よりも見やすいです。バックライトが無いので暗いと見えませんが、紙の本の代わりになります。月イチの充電で使えるのが一番のメリットかも。
漫画を見てもモアレしません。ただし、白黒です。また、Readerショップの出来が悪い。

Kindleは、
KindleFireは、安くて厚くて重い機種です。あと、iPhoneよりも音が良いです。本だけでなく、音楽や映画を見られます。
KindleFireHDXは、Fireの高機能版で、薄くて軽いです。書き込みの多いマンガを見るならコレ。ワードやエクセルの互換アプリも付いてて、文書も作れます。
これらふたつはKindleという名のタブレットだと思えばいいです。

KindlePaperWhiteは、ソニーReaderに相当するモノクロのものです。バックライトがあり、暗くても読めるのと、3Gモデルだと本体だけで本を買えます。漫画をダウンロードするにはWi-Fiがないとダメですが。
この機種の欠点は、電子インクの仕組みが悪く、漫画だとモアレがしやすいのと、バックライトがあるため電池がもたない。あと、KindleFireも同じですが、画面操作なので、読んでいるところを手で触ることになり、視界を塞ぐのが意外とストレスになります。
で、KindleVoyageって機種が出たわけで、お金に余裕があるなら、断然こっちが使い勝手がいい。画面の脇を握るだけでベージをめくれるので、手袋をしたままでもめくれる。
ただ、GALAPAGOSのように拡大やページ戻りまではできない。

で、Kindleでも、Readerでも、GALAPAGOSでも、買った本はAndroidダブレットで読めるので、最強は意外と中華タブかも知れない。
私が買った中で一番安かったのは、KindleFireHD6で、フェアや割引で1万円を切っていました。
今も時々、フェアをやってるので、定期的にAmazonを見ておくといいかも。

投稿日時 - 2015-05-22 18:50:52

ANo.3

書くとヤバいのかなあ
僕は「ら」の付くとこのを使っています。
書籍量も端末自体も×ですね。

投稿日時 - 2015-05-22 17:45:10

ANo.2

>おすすめの電子書籍端末を教えてください

キンドルが適度に大きく見やすくて良いですが
小さくても良ければ、スマホがお勧めです。


> やはり端末によって、みれる書籍の量もちがうのでしょうか?

もちろん違います
専用端末で特定の電子書籍にしか対応していなければそうなります。
例えば、紀伊國屋ウェブストアではSONYのReader非対応のものが意外とあります。


PCやスマホで契約可能なサイトであれば
複数契約する必要はありますが、読める書籍は増えます。

投稿日時 - 2015-05-22 16:58:57

ANo.1

端末も大事ですが、ソフトの本棚ストアが大事かも。
http://denshi-shoseki.jp/store/

投稿日時 - 2015-05-22 16:56:26

あなたにオススメの質問