こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

CM制作のクレーム対応について

将来広告業界で働きたいですので、今広告業界について勉強しております。
しかし、一つどうしてもわからないことがありまして、
CMを作る時にどのどらい受注者からの要望に応じてますか?
所詮受注者も素人で、口出しされると作る側としては迷惑ですよね。
しかも、要望に応えると、何度も作らなければいけないので、スケジュールも狂う。
実際の広告業者はどうしているのかとても知りたいです!

投稿日時 - 2015-05-05 00:03:51

QNo.8969134

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

お金を出す側からいいますと、お金を出してるのに希望通りに作れない制作会社なら即切ります。この手のクリエーターとかを目指す人にありがちなのは、「仕事」なのに自分の自由にできると思いこんでる人。そんなものありえません。それはミュージシャンでも俳優でも映画監督でもそうです。出資者(プロデューサー)の意見を無視するならそれは「仕事」では無く「趣味」です。そういう連中にはまず辞めたら?って言います。
およそクリエーティブな仕事がしたいと言ってる連中は、その金は誰が出す。という大事なことを忘れています。TV制作でも映画製作でも一番意見が通るのはスポンサー。つまりサラリーマンの意見だということを念頭に置きましょう。
若い人が間違えるのはクリエーターはサラリーマンより偉いという錯覚です。タレントでもクリエーターでも選ぶのは企業でありサラリーマンです。気にいられなければ仕事にはなりません。
当然世界でトップクラスの人になれば、企業側はその人にオファーしたら任せきりの場合もあります。それでも彼らも企業マンには低姿勢です。お仕事をもらうということはそういうことです。
だから好きにやりたい人は「仕事」にしてはいけないと良く言います。あるいは小さい会社で自由にやれれば幸せです。
いずれにしても出資者が一番大事。これは社会の掟です。スケジュールの件もスケジュールに合わせられないなら失格。会社の信用ですよ。だからお互いに気持ちよく仕事ができるためには、少しずつ信用を積んでいくことが必要だし、人間性を鍛えることが一番大事だといえるでしょう。あなたの替わりはいくらでもいるのだから。

投稿日時 - 2015-05-05 08:36:18

あなたにオススメの質問