こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

iPhoneとandroidのシェア、先進国では?

日本ではスマホといえばiPhoneというくらいシェアが高いですが、先般のニュースでは全世界ではiOS:android=3:7くらいらしいです。
その背景には、安価なandroidが中国・アジアなどの途上国で普及しているからとありました。やはり安さには勝てずandroidを選んでしまうのでしょうか。

途上国抜き(いわゆる 先進国だけ)では、両者のシェア比はどれくらいなのでしょうか?

私はAPPLE信者でも何でもありませんが、iPhoneとandroidを比べると、やはりiPhoneの方がUI・安定性で勝っていると思います。
逆に言えば、大手キャリアショップで手厚いサポートが受けられる特殊な日本市場においてもandroidがまだ劣勢なのはなぜなのでしょうか?

IT通の知人は、クルマに例えると
iPhoneはメンテフリーエンジン&オートマチック、
androidはキャブレターエンジン&クラッチ付のマニュアル車、
だと言っていましたが、言い得て妙なりと思ったものです。

投稿日時 - 2015-04-21 19:21:45

QNo.8960885

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

値段的なものもありますが、iPhoneとAndroidそれぞれが持っているバックグラウンドも影響しています。
iPhoneはAppleの用意している基本サービスとがっつり連動していてシステムのカスタムも許されません。
途上国など世界全体を見ると言葉の壁、宗教の壁、文化の壁などその場所場所にあったサービス展開が必要になってきます。
その場合、現地の会社がシステム的に手を入れられるほうが受けているという意味合いもあります。

ご質問の日本でAndroidが劣勢なのは?と言う問いに対する自分としてのお答えとしては

・日本だとGoogleのコアサービスもAppleのコアサービスもほぼ完全な形で提供されているのであとは万人受けする作りになっている方がシェアをとっていく

というところです。すごくリッチなゲームではなくてソーシャルゲーや任天堂の3DSやWiiが爆発的に売れたというあたりとマッチしてるかもしれませんね。iPhoneは複雑な仕組みは排除して可能な限りコンピューター類に詳しくなくてもつかえる工夫がなされています。文字も小さくしすぎませんし、ボタン操作も複雑にしません。

逆にAndroidは最近のバージョンでかなりシンプルになってきましたが数年前のバージョンは専門用語のオンパレードでした。そういった出だしでついた差がずっと残っているのと、周りに使っている人が多い=トモダチに聞けるという流れでiPhoneが一定のシェアを確保していると思います。

自分は仕事の都合上で現在AndroidとiPhone両方を使っています。どっちが好きかと聞かれたらAndroidが好きです。
でも仮にガラケーを持っている親にスマホが欲しいと言われたらiPhoneを進めます。
理由はまだAndroidは悪意のあるプログラムでシステムを乗っ取られる可能性があるため機械に疎い親にはiPhoneの方が安全だと思うからです。

基本的にAndroidでもiPhoneでも出来ることにさほど差が無いので、自分みたいなAndroidを使いたい理由があるから使いたい!という層が日本に少ないのかもしれないだけかもしれませんね。

投稿日時 - 2015-04-21 20:04:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

>>中国・アジアなどの途上国
GDPが日本の2倍になった中国になんてこと言うんですか(笑)

もとい、日本は3大キャリアの鎖国政策で、「iPhoneと同じ性能で半分の値段」というAndroidを絶対に販売しないからです。小米とかですね。
ギャラクシーだってiPhoneと同じ値段のフラグシップ機しか選択の余地がないでしょう。
これ、選ばせてしまったらみんな半額の方を買いますよ。それが普通なマーケットの世界。
選択の余地がなければiPhoneの方を選びますね。使いやすさだけで比べるんだから。これが日本の普通。
安いので毎年買い換えるとか、高いのを買って3年使うとか、日本は絶対にできないでしょう。自分のものなのに。ほんとうに不思議な国ですね。
でも、SIMフリーの選択肢も普通になってきた今年がMVNO元年になるんじゃないですか。

投稿日時 - 2015-04-22 09:08:05

ANo.4

シェアについては、Androidはアメリカのグーグルが作っているOSですが、世界中の携帯電話の端末を作っているメーカーならAndroidに参入できるのでシェアが高いのは当然と思います。
一方のiPhoneはアップル1社でしか作っていないので、どうしてもシェアは下がります。
先進国ならiPhoneはAndroidと差ほど値段は変わらないものと思いますが、新興国や後進国ではどうしてもiPhoneは高価なものになります。
Androidは端末制作の自由度がありますし、端末メーカーの自在度でいくらでも安価な端末を作ることができます。

投稿日時 - 2015-04-21 22:05:13

ANo.3

iPhoneやMacはアップルの利益率が高すぎて、部品の性能自体はあまり高くないんですよね。Macユーザーでもありますが、この辺の割り切りができれば便利ですよね。
私見ですが、割引などは無視して、本体価格だけで、iPhoneと同じ価格帯のAndroid機を買うと、Androidのほうが今はかなり快適な印象です。Androidはバージョン4.4以降でまともになったと思います。

iPhoneとAndroidでは、文化の違いが大きいです。iPhoneユーザーが、脱獄が悪いとされて、バージョンアップの度にいじめられるさまは、むかしのMac互換機ユーザーを見るようです。
Androidは、むかしのMS-DOSとIBM機のように互換機歓迎、改造歓迎の世界ですよね。

Macが売れなかった時、アップルの売上の大半を日本が支えましたが、iPhoneもそれに近いかも。
でも、2バイト圏のガラパゴスに終止符を打ったDOS/Vを作ったのも日本なんですよね。
日本には、安心感を求める大勢のユーザーと、改造大好きな無線小僧の末裔がいるんだと思います。

投稿日時 - 2015-04-21 20:31:28

ANo.1

途上国抜き(いわゆる 先進国だけ)では、両者のシェア比はどれくらいなのでしょうか?

・アンドロイドのほうがシェアは高いです。

私はAPPLE信者でも何でもありませんが、iPhoneとandroidを比べると、やはりiPhoneの方がUI・安定性で勝っていると思います。

・それは日本のメーカーでの話だとおもいます。
アップル自体やり方が厳しいのであまり受け入れしていないようです

逆に言えば、大手キャリアショップで手厚いサポートが受けられる特殊な日本市場においてもandroidがまだ劣勢なのはなぜなのでしょうか?

iphoneがブランド化してしまっていること、また価格が変わらないことがあると思います

投稿日時 - 2015-04-21 19:35:54

あなたにオススメの質問