こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ウエイトトレーニングを肯定しますか?否定しますか?

よくウエイトトレーニングをすると筋肉が邪魔をして関節の可動域が狭くなるとか、おもりになってしまい、スポーツをするうえでパフォーマンスが落ちるという説がありますよね。

こと格闘技においては、胸筋が発達しすぎるとストレートパンチを打つのに邪魔になるとか、居ついたり効かせ癖がついてパンチが遅くなるという意見があり、格闘技のジムでもワークアウトをする人が日本ではほとんどいません。

でもボクシングの減量などを抜きに考えたら、より破壊力のあるパンチを打つためには少しでも筋肉が発達したほうがいいに決まってると思います。
効かせ癖や一つの筋肉だけ使う動きを覚えてしまうからワークアウトはダメという考え方もある部分正しいのかもしれませんが、それは何秒かけて挙げて何秒かけて降ろすというゆっくりした動作で鍛えればいいという日本特有の間違った知識でやるからそうなるというだけで、海外のアスリートがやっているように重いものを速く挙げるトレーニングを素直にやっていればいいのではないかと思います。

もちろん何がいいかは人にもよるかもしれませんが、自分の場合はウエイトトレーニングなんてやったこともない高校時代、空手をしてたときは体型もガリガリで突きに力強さがないから腕立てを定期的にやるように・・といった意味不明なアドバイスをよく受けていましたが、空手を辞めて大学で趣味で人生初のウエイトトレーニングを四年間やってそれなりに細マッチョに近い体型になり、社会人でボクシングを始めたら、パンチが速くて強いとかパワーが凄いっていろんな人に言われるようになりました。
これはウエイトトレーニングを大学時代にやった成果だと思います。

ボクシングだとマイク・タイソンはガンガンやっていたという話だし、現役時代の魔裟斗選手もあの体を見る限りは全くやってなかったとは思えません。
陸上短距離でも朝原選手や塚原選手などは間違いなくやっていただろうという体つきをしてますよね。

なのでやり方を間違えたり常識にとらわれすぎなければ、ウエイトトレーニングは強くて高性能な肉体を造るのに非常に有効だと思います。
日本のスポーツ界はウエイトトレーニングを毛嫌いせずに、各スポーツの練習と併行してもっとガンガンやっていいと自分は思います。
そういう努力なしに日本人はもともと体格的に劣るからどうのこうのというのは、やるべきことをやってから言えと思います。

皆さんはウエイトトレーニングの有用性についてどう思いますか?

投稿日時 - 2015-04-19 21:21:10

QNo.8959031

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

体重を増やせないボクサーを除いて、全てのアスリートが、今日ではウエイトトレーニングを実施している。

ボクサーでさえも、タイソンを含めて体重制限のないヘビー級なら、皆、ウエイトトレーニングをしているわけで、一般的には、ウエイトトレーニングを否定する人は世の中にいない。

ただ、ストリクト(反動無し)を要求される筋肥大プログラムに専念しすぎると、スピードを失ったり、運動センスが欠如した動作に陥るので注意が必要。また、大胸筋を肥大させすぎると、脇を絞って放つキレのあるストレートが打てなくなる。当たる筈が無いのに大きく振り回すフック系を多用することになってしまう。それで、昔から、空手の場合、大胸筋の発達を抑える為に、手幅を狭めての拳立てになる。

いずれにせよ、格闘技競技者ならば、6~12回反復の筋肥大プログラムよりも、1~6回の反復で実施するクイック系が良い。バーベルなら「パワークリーン」「スナッチ」「ジャーク」。ケトルベルなら「スナッチ」「ロングサイクル(クリーン&ジャーク)」などが、格闘技系に限らず、アスリートにはお薦め。反動を最大限に使って、爆発的に力発揮すること、そういう身体動作を習得する為にも、クイック系を重視すべき。

格闘技をやる人は、ケトルベルに必ず一度ハマる。スナッチの面白さは、通常の筋トレと一味違う。ケトルベルなら筋肥大しないから、ボクサーにもできる。

投稿日時 - 2015-04-19 22:07:49

お礼

ナロースタンスの拳立てと1~6回のクイックリフトですか~

投稿日時 - 2015-04-21 00:41:42

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

>筋肉が邪魔をして関節の可動域が狭くなる
これは間違いです。運動と併用して鍛えてると筋肉はまず邪魔しないです。邪魔するのは脂肪ですよ。筋肉付けるとどうしても脂肪も付きます。大半の人はそれをそぎ落とせないので邪魔になるだけ。

>ボクシングだとマイク・タイソンはガンガンやっていたという話
マイクタイソンはドーピングもしてたね

>やり方を間違えたり常識にとらわれすぎなければ、ウエイトトレーニングは強くて高性能な肉体を造るのに非常に有効
ある程度の運動量に対しては必ず筋肉量は必要になってきます。肥大は別として強度を上げるにはウェイトトレーニングは必要です。

投稿日時 - 2015-04-20 11:09:30

お礼

筋肉じゃなくて脂肪が邪魔するんですか~
パーツパーツに特化した筋肥大を厳密にやりすぎると良くないみたいですね。

投稿日時 - 2015-04-21 00:29:38

みんなウエイトトレーニングしてますよ。
してないのは女子供むけの道場だけ。
http://training777free.web.fc2.com/karate.html

投稿日時 - 2015-04-20 10:46:14

お礼

参考になるページですね。

投稿日時 - 2015-04-21 00:40:04

目的によりますけどね。

確かに格闘技で見ればウエイトでつけた筋肉は無駄が多いでしょうね。

でもあなたの場合ガリガリなのであればウエイトを否定する理由が
全くない気がしますが。

例えが通用するかわかりませんけど
あなたの場合ハードゲイナーと言って
グラップラー刃牙で言えばジャック・ハンマーみたいな感じなわけです。
なのでその空手の先生のアドバイスは意味不明ではないと思う。

ところでマイク・タイソンとかブルース・リーとかバキバキに鍛えている人って
ウエイトじゃなくて自重トレしかやっていないって人結構いますよ。

投稿日時 - 2015-04-19 21:34:02

お礼

バーベルやダンベルじゃなくても懸垂やタイヤを転がす、投げるなどでも含めて高負荷トレーニングですよね!

投稿日時 - 2015-04-21 00:46:48

あなたにオススメの質問