こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

α58のピントについて

α58の本体を最近購入しました。AFでオートモードで撮影するときれいにピントが合った画像が記録されているのですが、P、A、S、MのモードでAFでピントが合いシャッターを押すと一瞬液晶にきれいな画像が現れたと思ったらコンマ5秒遅れぐらいでピントがずれた画像が記録されています。
レンズはソニーのレンズです。なぜオート以外はピントがずれた画像が記録されるのわかりません。よろしくお願いいたします。

※OKWaveより補足:「ソニー製品」についての質問です。

投稿日時 - 2015-04-12 16:23:46

QNo.8954360

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

動くものを撮影してませんか?
あるいは、一度AFでピントが合った後に構図の変更してませんか?

動体予測モードなら、動くものにもピントを合わせ続けようとするので、AFエリアに被写体を重ねていれば基本的にはピントのあった写真が撮れますが、動かない被写体でピントを合わせた後に構図を変えるとぴんと位置がずれてピンぼけ写真になります。
ワンショットAFなら、動くものの撮影の場合はピントが合った後にシャッターが切れる瞬間には被写体までの距離が変わってピンボケになります。

SONYのカメラにつては詳しくありませんが、「AFでオートモードで撮影」が全てカメラにお任せ撮影モードならば、被写体が動くかどうかなどを分析してAFモードが自動的に切り替わるのでしょう。
それに対し、P、A、S、Mの各モードはAFや露出補正、連写モードなどが撮影者が選択するので、適切な選択をしないとピンボケやブレの原因となることがあります。

投稿日時 - 2015-04-12 18:31:32

お礼

使用して2週間ぐらいなので、設定方法など未熟で、おっしゃるとおりオートモードでは反映しない設定が、P,A,S,Mでは反映してしまっているようでした。明日また撮影に臨んで試してみたいと思います。本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2015-04-12 23:27:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

ピントがずれているのではなく「手ブレ」だと思います。

オートだと、撮影者の意思とは関係なくISO感度をガンガン上げる仕様になっていると思われますので、結果として適当なシャッタースピードが得られて手ブレを抑えることができたということでしょう。

P・A・S・Mだと露出の各数値を撮影者が任意で決めて、その数値を固定することも可能になります。
恐らくはISO感度の数値が低感度で固定されているので、適当なシャッタースピードが得られず手ブレの影響が出たのではないでしょうか。
原因として考えられることは他にもあるのですが、質問文を読んだ限りではこれが最も可能性が高いように思えます。

ただ回答の意味がピンとこないかもしれないですね。
下記リンクはFujiのサイトですが、理屈は同じです。
少し文字が小さくて読みづらいかもしれませんが、α58の取扱説明書と合わせて目を通してみて下さい。
ブレに関してはページの下のほうに記載されています。
http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/knowledge/focus/index.html

投稿日時 - 2015-04-12 21:14:13

お礼

いろいろありがとうございます。やはり手振れなのかもしれません。ありがとうございました

投稿日時 - 2015-04-12 23:18:14

ANo.2

今晩は。

 α58の製品型名不明で・・・、SLT-A58Yについて回答します、↓参考になりませんか。

ピントがうまく合わない。 (α:Aマウント)
http://qa.support.sony.jp/solution/S1110278037013/?p=SLT-A58Y&q=%83s%83%93%83g&rt=qasearch&srcpg=ce

 参考まで。
 

参考URL:http://qa.support.sony.jp/solution/S1110278037013/?p=SLT-A58Y&q=%83s%83%93%83g&rt=qasearch&srcpg=ce

投稿日時 - 2015-04-12 20:39:46

お礼

いろいろ教えていただきありがとうございます。手振れや設定の方法なのかもしれないと気づきました。またいろいろ教えてください。

投稿日時 - 2015-04-12 23:20:28

あなたにオススメの質問