こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

キーボード:タッチレスポンス 

元エレクトーン講師(ELの時代です!)で現在はエレクトーンやキーボードを弾く事が全くなく、EL以降のモデルは未知のものです。

自分の生徒さんは大抵電子ピアノか生のピアノを持っていますが、最近ヤマハのキーボードを持っていらっしゃる方がご入会されました。生徒さん宅でレッスンをしているので、使用楽器はキーボード(PSR)です。
キーボードの鍵盤はエレクトーンのそれに似ている軽さなので気にならないのですが、タッチレスポンスのキツさに戸惑いを感じています。ディフォルトでキーボードを使っているので、グランドピアノの音色でタッチレスポンスレベルも最大っぽいです。
ピアノの音色で、タッチレスポンスはついているけれど実際のピアノの打鍵と感触が違う。。
昨今のエレクトーンの先生方はどのように児童(6歳)の導入レッスンをされているのか教えて頂けたらと思い投稿しています。グランドピアノでない音色、タッチレスポンスのレベルを下げて使っていらっしゃるのか。グランドピアノの音色でタッチレスポンスが最大レベルで入っているので、演奏のムラが電子ピアノより凄いです。一言「弾きにくい!」生のピアノより弾きにくい!電子ピアノより弾きにくい!

タッチレスポンスのあるキーボードで練習したら、生のピアノを弾ける様になるのでしょうか???電子ピアノと生のピアノにすら違いを感じるのに、タッチレスポンス付きキーボードと生ピアノの差はもっと大きく感じます。昔のエレクトーンとピアノと電子ピアノを弾いてきましたが、タッチレスポンス付きキーボードは、何だかまた異物の鍵盤楽器出現かとすら思う程「差」を感じ戸惑っています。

投稿日時 - 2015-04-09 05:52:11

QNo.8952176

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

No.1です。

これ以上は無理だと思います。

安いキーボードの場合は、ベロシティー検出はそれなりです。

タッチレスポンスを使わない設定にできれば、そうしたほうがいいと思います。

投稿日時 - 2015-04-09 23:10:36

お礼

ありがとうございます。
なんと?!色々検索していたらタッチレスポンスは必須だ、だとかピアノに移行するならタッチレスポンスで慣れておいた方が良いとか、エレクトーンにもある機能とあったので、これはタッチレスポンスを中ぐらいに設定して教えて行くべきかと思っていたのですが、ない方が無難ですか。。。勿論キーボードのタッチレスポンスで練習したからと生のピアノが弾けるとは思ってはいなかったものの。。。

投稿日時 - 2015-04-10 00:22:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

タッチレスポンスの仕組みをご存知でしょうか。

叩く強さを検出しているのではなく、速度を検出しています。

安価なキーボードについている最も簡易的なものは、鍵盤を押し下げる過程で、2つのスイッチが順番にONになるものです。スイッチは接点だったり赤外線フォトインタラプターだったりします。

強くたたく=キーを押し下げる速度が速い ということなので、
2つのスイッチがONになる時間差を測定します。具体的には1つ目のスイッチがONになった瞬間に計数カウンターをスタートさせ、2つ目のスイッチがONになった時にカウンターを止めます。

このカウンター値が小さい(=時間差が少ない)ほど強く叩いたとみなせるので、それに応じたベロシティーで音を鳴らします。ベロシティーとは音の大きさと考えて結構ですが、強くたたくことによる音色の変化も含みます。

つまりアコースティック楽器と異なり、決して叩く強さを検出しているのではないことが演奏においても大きな違いとなっているのではないでしょうか。センサーの工夫や、検出ソフトウェアの工夫により本物に近づけることは可能です。

投稿日時 - 2015-04-09 07:22:48

補足

レッスン中生徒さん宅で触るだけなので、タッチレスポンスの案配を研究(?)出来ないのが残念です。
キーボードで幼い子供が練習する場合、お勧めの音色やタッチレスポンスの度合いがございましたら是非教えて頂けると嬉しいです。やはり<グランドピアノ>音色でしょうか?

投稿日時 - 2015-04-09 08:14:16

お礼

タッチレスポンスの仕組みは全く存じませんでした!
詳しい説明をありがとうございます!!

投稿日時 - 2015-04-09 08:08:13

あなたにオススメの質問