こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

添削

添削お願いします。
日本語を英語にしましたので、英語の方を直してください。

これを可能にするのは、「概念レベルの一元化」である。
つまり、概念レベルな一つでないと一方が、日本語、 他方が英語という情報を同時に処理することは不可能ということだ。
また、同時通訳研究は、コミュニケーションにおける言語知識の役割やわ新たな光の下で考えるきっかけになるのではないかと思う。
「概念レベルの一元化」もその結果だ。日常的なコミュニケーションにおいて、言語がどのような役割を果たしているかということを理解するヒントも与えてくれるのではないだろうか。

It is "unification of the concept level" to enable this.
In other words, when it is not one which is a concept level, one is Japanese, and it is impossibility that the other processes information called English at the same time.
In addition, I think that the simultaneous interpretation study may be a chance to think under role weak shelf light of the language knowledge in the communication.
"The unification of the concept level is the result, too". In daily communication, I may give the hint to understand what kind of role a language plays.

投稿日時 - 2015-03-31 03:35:50

QNo.8946173

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

英文を添削して欲しいとのご希望ですが、元の和文の意味がよく分かりません。それでも、英文の「文字面だけ」を添削することはできます。つまり、内容を無視して、文法的な形式だけを直すことはできます。しかし、それでは意味がありません。責任をもって添削したという気持ちにもなれません。「すぐに回答を!」を希望されていて、しかも126名もの閲覧者がある今の段階にあって回答が1つも寄せられないのはそのためだとも考えられます。

ですから、元の和文をもう一度考え直して、書き替えてから英文にしてみてください。それを再度質問なさることをお勧めします。その際、最小限次の点を確認してください。

(1)「これを可能にする」の「これ」とは何ですか。例えば、これが文章の途中であっても、少なくともカッコに入れて示してください。
(2)「概念レベルの一元化」の意味がいまいちよく分かりません。具体的にはどういうことを指しているんでしょうか。
(3)「概念レベルな一つでない~」や「コミュニケーションにおける言語知識の役割やわ新たな光の下で考える~」のくだりに誤植があると思いますので、訂正してください。
(4)「誰が、何を、どうすれば」→「どうなる/どうすることができる」という、起承転結を意識して全文を書き直していただけるなら、それが最高です。

投稿日時 - 2015-03-31 11:18:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問