こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

カメラの撮影の方法(マクロの取り方)

万年筆のペン先の様な細工がきれいな物を鮮明に撮るにはどうしたらいいのでしょうか。

例えば、こちらの写真のような、全体的に明るく影が入らないように撮影するにはどうすればよいのでしょうか。
http://www.montblanc.com/content/dam/mtb/products/writing-instruments/105/75/10575/30211-ecom-osis-sq-01.png.adapt.450.450.png

また、どのようなカメラやレンズがよろしいのでしょうか。ご教示ください。

因みに、私が所有するカメラは、スーパーマクロ機能があるデジカメ(オリンパスXZ-10)とミラーレスカメラ(オリンパスE-PL5)になります。
※ミラーレスカメラは、14-42mm(カメラ購入時についていた一般的なレンズ)と、マクロのコンバーターになります。

私のデジカメの場合、近距離でないとマクロが使えないので影が入ってしまいます。
また、もう一方のミラーレスの場合、マクロ機能がないので、鮮明に撮影できませんでした。
なお、マクロのコンバーターでも鮮明に撮影できませんでした。

デジカメの場合は近距離からの撮影なので、レフ板や照明器具などを使えば良いかもしれません。

デジカメ(スーパーマクロ機能付き)やレフ板・照明器具を使うよりも、万年筆のペン先の様な細工がきれいな物を撮影する場合は、やはりミラーレスまたは一眼レフカメラとマクロレンズを使ったほうが、綺麗に撮影できるのでしょうか?

投稿日時 - 2015-02-20 00:12:04

QNo.8921002

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

#3です。

補足を読ませていただいたのですが、現状その映り込みだけ軽減さえすればあとは納得がいく状態にある、ということであれば、補足に添付の画像のような方法は効果が見込めます。
ポイントはレンズの部分以外はすべて隠すようにカメラをマスキングすることです。

小物の撮影は、「あちらを立てればこちらが立たず」的な状態になって、イラッとすることが結構あるのですが、最終的には創意工夫で乗り切るしかないので、色々なことを試して自分の引き出しを増やしていって下さい。

投稿日時 - 2015-02-22 09:53:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

OLYMPUSでもマクロ用のリングフラッシュなどがあるのですが、PENなどのミラーレスではなくデジタル一眼レフ用のようです。
https://shop.olympus-imaging.jp/product-detail/index/proid/1689?_ga=1.158205491.80468372.1420722601
このようなライトがありますので、これならE-PL5でも使えるでしょう。
マクロレンズなら、
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/mlens/60_28macro/index.html

投稿日時 - 2015-02-20 22:42:25

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-02-21 23:32:00

ANo.3

結論から申し上げますと、カメラを替えるよりレフ板・照明器具その他諸々で環境を整えることのほうが重要です。

万年筆等の小物の場合、「撮影ボックス」とか「スタジオボックス」とかの名称で市販されているものが役に立ちます。
上部をオープンにできるタイプのほうが、機材のセッティングには幅が出ます。
これにブツをセットして照明を整えます。
例えば下記リンクのような感じです。
http://i01.i.aliimg.com/wsphoto/v0/1392814285/60cm-cotans-3-lamp-set-dome-font-b-light-b-font-softbox-small-font-b-recording.jpg

大切なのは最終的に余計な光は消灯して撮影することです。
具体的には部屋の照明ですね。
セッティング開始時は部屋の照明がないと作業に支障が出ると思いますが、照明を整えていく段階では部屋の照明を点けたり消したりして具合を確認しながら作業を進めます。

上記リンクでは左右2灯の照射ですが、斜め前方1灯で足りることもあるでしょうし、レフ板を追加したほうがいい場合もあると思います。
この辺りはどうしても臨機応変ということになります。

照明器具は家にあるものを応用しても構いません。
私は、最近あまり見かけなくなりましたけど、インバータータイプの蛍光灯スタンドを使っています。

嫌味な映り込みがある場合は、映り込みを消すのではなく、何を映り込ませるかということを考えます。
どこが映り込んでいるかを確認して、その場所に白い紙とか黒い紙とか、そのブツに合ったものを据えて、嫌味を軽減します。

影が気になるなら背景を暗い色にすると影は目立ちません。
もちろんブツによりけりなわけですが、こういう小技も覚えておくと役に立つことがあります。

基本的に3cmとか5cmの接写は行いません。
ご存じの通り、カメラの影ができるからです。
ですから影ができないところまで離れて、その分焦点距離を長くします。
後方に余裕がない等の理由でなかなかうまく距離が取れない場合は、撮影後のトリミングで補うことも考えます。

鮮明さを求めるなら、ブツや構図にもよりますが、被写界深度はあまり浅くしないほうがいいことが多いですから、カメラの絞りはある程度絞ることになります。
そうすると手ブレ対策が必要になるのに加え、構図もきっちり固定したいので、カメラを固定します。
三脚を使うのが最もオーソドックスですが、何か応用できそうなものをお持ちなら、それを使っても構いません。
この辺りは撮影した写真をどうするかにもよります。
ブログにアップする程度でしたら、絞りを開けてISO高感度の手持ちでも問題にならないこともあると思います。

カメラの買い替え・買い増しは、まずはここまで書いたようなことを試みてからです。
XZ-10やE-PL5だったら、環境を整えてやれば十分鮮明な写真になるはずです。

最後にマクロリングライトですが、マクロリングライトは接写に於いて効果的なのですが、金属のような光物だとマクロリングライトの電球そのものが映りこんでしまう可能性が高いです。
この点は注意されて下さい。

投稿日時 - 2015-02-20 10:12:28

補足

お礼でも、補足でご質問を致しましたが、こちらにも同じ内容の補足質問を致します。

今日、カメラ屋にいって調べるだけのつもりでしたが、店員さんに勧められてオリンパスのTG-3というデジカメを買いました。

顕微鏡モードという物があり、すごいマクロ撮影ができます。

しかし、私が近々で撮影したいのは、金属のような反射しやすい被写体なので、撮影してみたら、被写体にカメラのボディが映りこんでしまいました。

>嫌味な映り込みがある場合は、映り込みを消すのではなく、何を映り込ませるかということを考えます。

例えば、このようなことだったんですね。

ちなみにですが、下記のURLの写真のようにカメラに板のような物を取り付けて撮影すれば、嫌味な映り込みのない被写体が撮影できるのでしょうか?

http://www.seotaro.com/blog/wp-content/uploads/D300s_000559.jpg

投稿日時 - 2015-02-21 23:42:57

お礼

ありがとうございます。

今日、カメラ屋にいって調べるだけのつもりでしたが、店員さんに勧められてオリンパスのTG-3というデジカメを買いました。

顕微鏡モードという物があり、すごいマクロ撮影ができます。

しかし、私が近々で撮影したいのは、金属のような反射しやすい被写体なので、撮影してみたら、被写体にカメラのボディが映りこんでしまいました。

>嫌味な映り込みがある場合は、映り込みを消すのではなく、何を映り込ませるかということを考えます。

例えば、このようなことだったんですね。

ちなみにですが、下記のURLの写真のようにカメラに板のような物を取り付けて撮影すれば、嫌味な映り込みのない被写体が撮影できるのでしょうか?

http://www.seotaro.com/blog/wp-content/uploads/D300s_000559.jpg

投稿日時 - 2015-02-21 23:41:39

ANo.2

はじめまして。

作例のあるURLです。
http://hdr-inspire.com/olympus-tg3-1888.html
オリンパスtg3はコンデジですが、深度合成機能があり、ピントが広範囲にあった写真が簡単に撮れます。
少しずつピントをズラした写真を複数枚カメラかってに合成する手法です。
また別売りのLEDライトガイドを使用すれば顕微鏡モードが使用できます。
tg3とLEDライトガイドがあれば画質は一眼レフには劣りますが簡単に撮影できます。

デジタル一眼レフでも、スーパーマクロによる撮影は可能ですよ。
F値22ぐらいにして撮影。
三脚必須で、シャッタースピードを遅くする必要があります。
フラッシュを使用してもいいですね。

キャノンでは、10倍くらいまでいけるマクロレンズが市販されてます。
ニコンはレンズの逆付けでスーパーマクロを実現できます。

参考URL:http://hdr-inspire.com/super-macro-1844.html

投稿日時 - 2015-02-20 06:35:20

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-02-21 23:33:46

ANo.1

外部ストロボ“マクロリングライト MR-14EX II”を発売
優れた基本性能と操作性により効果的なマクロ撮影を実現
http://cweb.canon.jp/newsrelease/2014-02/pr-mr14ex2.html
例えばこちらのような製品を使うと変な影も出来にくく明るく鮮明に撮れるかも。

投稿日時 - 2015-02-20 00:48:57

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-02-21 23:31:40

あなたにオススメの質問