こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

音楽のジャンル

私は、クラッシックやら、演歌やら、音楽というべきなのかわかりませんが、いろいろな曲や歌を聴くのが好きです。それをパソコンで整理をしながら、楽しんでいるのですが、タイトルにあるように「ジャンル」というのでしょうか?いろいろな「ジャンル」があるようです。音楽を楽しむのに、「ジャンル」なんて関係ないと思います……「好きな音楽、好きな曲は好き」で良いと思う……し、自分の理解しやすいように。整理をすれば良いことですが、パソコンで整理をしているうちに、「ジャンル」というのが分からなくなりました。「フォーク」と「ニューミュージック」と「ポップス」と「歌謡曲」と「演歌」といろいろありますし、「ジャンル」を分ければまだまだあると思います。個人の考え方や好みによっても変わってくると思います。

いろいろ質問したいことはあるのですが、1点だけ、この質問を読んでいただいた方の考えておられることを教えて下さい。

質問:「フォーク」と「ニューミュージック」と「ポップス」と「歌謡曲」と「演歌」の違いは何でしょうか?

投稿日時 - 2015-02-17 17:30:06

QNo.8919423

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

フォークと言うのは土着音楽のことを言います。それが労働者つまりプロレタリアートの音楽になり、所謂商業主義でない音楽と位置付けられます。
日本では高田渡、岡林信康などです。この時代が吉田拓郎がメジャーにのしあがったことで終了します。
その後は若者向け自作音楽をフォークと呼ぶようになります。これはレコード会社の売り文句としてはなんでもフォークにします。イルカやアリス、海援隊、かぐや姫などです。
ここにチューリップやはっぴいえんどなどが入り、今度はロックでもないからフォークロックとジャンル分けされました。これは長く続きません。ユーミンの登場でこのおしゃれな自作自演は何処に入れるの?と悩んだ末にフォークも死んだし全部ひっくるめてニューミュージックでいいんじゃない?ってことになります。
その後小室哲哉の登場でかつてアイドルと呼ばれていた連中がアーティストという毛皮を着せられて登場します。筒見京平の呪縛から解き放たれた歌謡曲はなくなり、作曲家はプロデューサーと呼ばれ表に出ます。ここからがJPopです。自作自演は表面上の飾りになり実際はプロデューサーが全てを作ります。現在では自作するアーティストはほぼ居ません。プロデューサーチームが鼻歌を元に作り上げます。鼻歌を作るのがアーティストということになります。
因みに演歌はジャンルではありません。演歌歌手が歌うものは全て演歌です。

投稿日時 - 2015-02-17 18:52:02

お礼

ご回答ありがとうございました。「お礼」が遅くなり申し訳ありません。「お礼」を書いたのですが、クリックするのを忘れて、BAだけを選んでしまったようです。m(_ _)m(*^_^*)

ジャンルと呼ばれているものの「流れ」がよく分かりました。

「演歌はジャンルではありません。演歌歌手が歌うものは全て演歌です」というのが気になりました。坂本冬美は演歌歌手ですよね。ということは、「また君に恋してる」という曲は演歌ということですか?石原裕次郎は演歌歌手なのでしょうか?何となく割り切れない気持ちが残ります。

投稿日時 - 2015-02-24 04:20:21

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

>音楽を楽しむのに、「ジャンル」なんて関係ないと思います……
>「好きな音楽、好きな曲は好き」で良いと思う……し、自分の理解しやすいように。
>整理をすれば良いことですが、パソコンで整理をしているうちに、
>「ジャンル」というのが分からなくなりました。

わからなくても良いのではないでしょうか。
自分の理解しやすいジャンルに分ければ良いだけだと思われます。

邦楽、洋楽でも良いし
しっとり、はげしいでも良いし
昭和、平成でも良いし

>「フォーク」と「ニューミュージック」と「ポップス」と「歌謡曲」と「演歌」
詳しく知りたければ、Wikipediaにそれぞれ説明があります。

「歌謡曲」と「演歌」は、少し一線を引いているようですが
「ニューミュージック」から「ポップス」になったとも言えるようです。
「フォーク」は、フォークギターをつかった曲と言うことでそのままではないですかね。

ロックだって色々あるのにいちいちそんなこと考えていられません。

投稿日時 - 2015-02-17 18:24:47

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-02-18 06:03:33

フォーク・・・作詞作曲、歌うのも自分

ニューミュージック・・・演奏がフォークと違って派手

ポップス・・・時代の変化に伴って、歌謡曲もフォークも
       ニューミュージックも全部まとめてJ-ポップになった

歌謡曲・・・演歌とニューミュージックの間の存在
      (ごめんささい、これは難しい)

演歌・・・日本独特の音楽、人のきびを表す音楽(歌)

私が考えるのは、こんな感じです。
演歌以外は、ちょっと難しいですね。
私は音楽が好きで、ジャンルについては考えません。
考えてもわからないから・・・

なので、悲しいときの歌
楽しいときの歌
なんてふうに、自分の気持ちでそれぞれに分けて楽しんでいます。

ジャンルを自己都合で分けている・・・そんな感じです。

投稿日時 - 2015-02-17 18:18:47

お礼

ご回答ありがとうございました。

「自分の気持ちでそれぞれに分けて楽しんでいます」……どんなジャンルの音楽でも、その時の気持ち次第で、本当に心を癒やされますね。

「ジャンルを自己都合で分けている・・・そんな感じです」……私もそんな感じですが、自己都合というか気分が変化するものだから、その時、その時で「ジャンル」が変わってきてしまいます。それで今回の質問になってしまったのです。

参考になりました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-02-18 06:14:53

あなたにオススメの質問