こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アローダイアグラム(PERT)の考え方

ノードの番号は作業の順序を表しているのでしょうか? たとえば、4の作業をするには1~3の作業が終わっていなければならないというように。

この疑問は、下記の2点の図を目にしたことで出てきました。

  6日
(2)→→→(4)

↑2日

(1)→→→(5)
↓ 1日
↓3日

(3)→→→(6)
  3日

図の読み方、考え方として、(2)の作業が終わっていないと、(3)の作業を始められないと解釈するのか、(3)の作業は(2)の作業と直接かかわりがないので、(1)の作業の後、すぐに始められると解釈するのでしょうか?


もう1点質問いたします。

     →→→(3)→
     ↑   ↑
     ↑   ↑
     ↑   ↑
(1)→→→(2)→→→(4)→

このようなアローダイアグラムを目にしたのですが、ノード番号が順序を示しているとすれば、なぜ(3)のノードで(2)と(4)が合流するような記述になるのでしょうか? (4)の作業が終わってから、(3)の作業を始める? (4)の作業で出来上がる材料を(3)の作業へ供給する?

なんだか、よくわかりません。こんな番号の振り方になるものでしょうか? このあたりの解釈の仕方を教えて下さい。

※斜めの矢印を表せないので、便宜的に↑→を使っています。(2)→(3)は斜め矢印の表記だと考えて下さい

投稿日時 - 2015-02-14 09:25:48

QNo.8917224

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>ノードの番号は作業の順序を表しているのでしょうか? たとえば、4の作業をするには1~3の作業が終わっていなければならないというように。

いいえ。別に番号である必要も無く、A, B, C でも、甲、乙、丙 でも自由に名前を付けてください。
実際には、行程の名前「xx準備」とか「yy実施」とかが付きます。

投稿日時 - 2015-02-14 10:11:46

お礼

ありがとうございました。このあたりは任意につければいいのですね。

投稿日時 - 2015-02-27 13:44:09

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問