こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

高校物理のエネルギー系の仕事の適用についてです。

高校物理にて「~エネルギー≠仕事」(「~=運動」などで運動エネルギーなど。 )なのは分かるんですが、画像にて「仕事=運動エネルギーの変化」を適用してみると重力の仕事はmg(h[0]ーh)となると書かれていたんですが、なんで成分分けをしてF=cosθmgでなく、F=mgとなっているんですか?x=(h[0]ーh)なのは分かります。

投稿日時 - 2015-02-10 16:24:41

QNo.8914811

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

移動距離方向に働く力の大きさ×距離が仕事だからです。重力が下を向いてるから距離がh0-hになるんです。

ちなみに重力の成分を分けて考えても同じ結果になりますよ。
θがどこを指すかよくわかりませんが,斜面に沿う方向の重力がmgcosθになるようにθをとるとすれば,斜面方向の移動距離はx=(h0-h)/cosθとなるので,仕事はmgcosθ×(h0-h)/cosθ = mg(h0-h)です。
mgsinθを考えないのは斜面にめり込む方向には動いていないからです。

投稿日時 - 2015-02-10 17:39:12

お礼

ありがとうございます(^^♪
結果は同じになるんですね(^^ゞ
おかげ様で分かりました!
~エネルギー、仕事の等式に関しては、仕事をした距離と力との3つの正・負・0の分ける作業を通したらどの向きの力同士をも一つの等式に表せるわけですね?

投稿日時 - 2015-02-11 13:26:43

あなたにオススメの質問