こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

築90年以上の実家。リフォームか新築か…

大変悩んでいます。
私の実家は築90年以上になる、しっかりとした梁や大黒柱などがある大きな家です。
実家には私の両親、祖父、妹が現在住んでます。
広い家で、半分くらいは使っていないのでリフォームして、私達夫婦と子供二人の住める家にしたらと父から提案されました。

私は出来たら解体して、新築したいと思っていますが、父の思いも無視できません。
しかし住むのは私達だし、夫はお婿さんだし私達の希望は叶えたい気持ちが大きいです。
ハウスメーカーにも話を聞いたり現地調査もしてもらってますが、
耐震の基準も変わっているし建て替えたほうがいいのではと言うところが大半です。
建て替えのほうが楽だからそう言うのかなぁとも思いますが。。

しかしリフォームしたところで、その家が50年60年と、長く住める、もつ家なのかは疑問です。
長く住める家はもちろん、高気密、高断熱の家がいいなと思います。

住宅の知識お持ちの方や、似たような経験があった方、助言いただける方がいましたらお願いいたします!

投稿日時 - 2015-02-03 16:41:15

QNo.8910322

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

新築でもHMのいいなりはいけません。東日本地震で耐震設計新築全壊事例たくさんあります。けっこう嘘が多いです。むしろ昔の建物が残っているのをみると・・・・地震で壊れた方がHMは儲かるのです。
手術が下手な病院ほど長くかかり医療費がかかるので結果として病院が儲かるえい患者は騙されつづけてくれるのとおなじです。

梁は風水でNGなので利害関係がない玄空飛星の風水師に相談しましょう。耐震基準以前の歴史的建築物の地震被害は少なかったですよ。これって何!
騙されてはいけません。

投稿日時 - 2015-02-21 13:06:45

1.ハウスメーカーに相談するのは疑問です。ハウスメーカーは新築住宅を販売することが事業目的だから、答えは決まってしまいます。質問者さんの場合は、ホームインスペクターに依頼して、基礎、土台、柱の下部などの状態を検査してもらうことをお勧めします。検査の結果によって、リフォームが有利なのか、耐久性的に困難のなのか客観的に判明します。
http://www.jshi.org/what/what02.php

2.リフォームとリモデルを区別しましょう。
リフォームというのは基本的な間取りなどは新築時のまま、消耗した部分を更新し、新築時の状態(=90年前)に近づけることを基本目的としています。それほどの費用は掛かりません。
一方、「劇的ビフォア&アフター」などの工事はリモデルと呼ばれる大工事で、新築時の状態を改造することを目的としています。費用も小さな家一軒分ぐらい係ります。諸事情があって再建築不可の場合にだけ選択する方法です。

3.リフォーム+水回りの増築を考えましょう。
90坪の大きな家を解体・廃棄して同程度の家を再建築するには総額7000万円~9000万円かかります。
現在の家をリフォームで温存し、質問者さんご家族が使う、トイレ、風呂、台所だけを増築する方法があります。昔の家は周辺に縁側が付いている構造なので、其の縁側の外側に下屋(げや)という部分を追加し、そこに最先端のキッチンやトイレ、浴室を設える方法です。
この方法なら総額1000万円前後でも快適な生活ができるようになります。

4.冬場の寒さ対策は地面に、、、。
上記に加えて、冬の底冷え対策として、床下の地面にコンクリートを打ち、そのコンクリートを安価な深夜電力で暖房する方法があります。この方法だと高気密でない古民家でも有効で、真冬でも春の温かさになります。
水回りの増築にプラス500~800万円でできると思います。
http://www.therma.co.jp/


いずれにしても、ホームメーカーではなく、ホームインスペクターに客観的な診断をしてもらうことから始めることをお勧めします。

ご先祖様の資産を継承しながら快適な生活ができるようなると良いですね。

投稿日時 - 2015-02-04 11:48:35

ANo.6

男性ですけど、私だったら喜んで古民家再生を選択します。リフォームのような簡単なものではなく、柱と梁だけ残してつくりなおすリノベーションが必要です。新築費用に近い費用が掛かります。冬暖かい建物にはならないが、もう100年間住むことができます。羨ましい限りです。

投稿日時 - 2015-02-03 19:00:40

お礼

ご回答ありがとうございます。
リノベーション、ですね。
私としてはやはり冬場暖かい生活をしたいというのはあります。
壁が少なく、扉や欄間だらけで本当に寒い家です(笑)
子供もいますし、自分が年取った時の事も考えると…
しかしお金をかけるならやはり長く住める家にすることはかなり重要なのですよね。悩ましいところです~

投稿日時 - 2015-02-04 17:17:18

ANo.5

新築の方がいいですね。
一部を手直しするのでなく、フルリフォームだと、予算は新築とほとんど変わりません。
気密性や断熱性、間取りにしても新築の方がいいです。

大手ハウスメーカーよりも、信頼できる設計士・工務店と相談して、
古い柱や梁をうまく取り入れて(見える部分に使う)もらうと面白いですよ。
見せれるような立派な大黒柱や梁は今、新規に買うとウン十万円以上します。
90年以上も前のしっかりしたのなら、もう捻じれも出ないだろうし、味わいも強度もあります。

古いのを無理やり直すリフォームではなく、一部の古い良い部材をうまくインテリアの一部として取り入れた新築で考えた方がいいでしょう。

投稿日時 - 2015-02-03 18:59:42

お礼

ご回答ありがとうございます
ほんとにそうですね、良い材料だけは残して使えれば一番私達夫婦の希望に近いのです。。
リフォームと新築が同じような値段だと思うと、どうしても新築をしたいという思いが強くなります^_^;
父がどこを残して欲しい為のリフォームなのかもう少し話をしないといけませんね~

投稿日時 - 2015-02-04 17:11:42

一部の柱を再利用して建てるといった選択肢もありではないでしょうか?
目に付く所に利用出来るかどうか建築士さんと相談されてみては?

投稿日時 - 2015-02-03 17:33:28

お礼

ご回答ありがとうございます。
そうですね、私としては味わいのある、古くて強い柱などを使って和モダン?のような雰囲気は好きなのでうまく取り入れられたらと思いますね。父がどこを残したいのかまだ詳しく聞いてないのでなんともいえないのですが…

投稿日時 - 2015-02-04 17:07:48

ANo.3

Q、築90年以上の実家。リフォームか新築か…
A、迷わずに解体・新築ですね。

理由1、そもそもの設計・間取りが現代的ではない。
理由2、高気密、高断熱は新築でないと無理。
理由3、リフォームはコストがかかりすぎる。

「全ての壁もとっぱらい、屋根も一新。もちろん、基礎もやり直し」なんてリフォームが流行っていますが、それでも設計と間取りとが現代的とは言えません。

>しっかりとした梁や大黒柱などがある大きな家です。

私の生家の大黒柱は一尺半。明治中期に建てられた医院を兼ねた2階建てだから、ちょっと洒落た造りでした。でも、やはり、その設計と間取りとは人が暮らすには不便極まりないもの。それを立て直したのは父。しかし、従来の間取りを踏襲したので、やはり居住性は最悪。今は、無人の館となっています。

時代が変われば、設計思想も間取りも変わります。その変化を表現するには新築するしかありません。

投稿日時 - 2015-02-03 17:25:30

お礼

そうですか~出来たらそうしたいとは思うんですが、、
まだ相談の余地はありそうなので話をしたいとは思ってますが、
直すにしても間取りをどこまで希望通りに直せるか、重要なところですし高気密となるとやはり、新築でないといけないですよね~
平屋なので部屋が足りるかもわからないので、出来たら新築で二階建てにしたいんですよねぇ。。
色々なご意見があり悩みますが、とても参考になります!

投稿日時 - 2015-02-04 21:29:42

ANo.2

あなたのお気持ちはよくわかります。
でも築90年の家には、先祖からのいろいろな想いが一杯詰まっています。
簡単に合理的・・・だけで割り切れる問題でもないのですよね。
あなた方もそれなりの歳になってくると、その良さが判ると思います。
離れを新築という選択肢はないのでしょうか?

投稿日時 - 2015-02-03 17:10:29

お礼

ご回答ありがとうございます。
そうですね、父の気持ちもわかるんです、、
そして、離れを建築する十分な土地がないのと、やはり使っていない8畳の部屋3つと10畳が1つあるので、、
うまくどうにかできればという感じですね~

投稿日時 - 2015-02-04 17:05:16

ANo.1

柱等が、今とは違い、かなり太いのなら建て替えはやめてリフォームの方が良いと思います。
その方が、地震にも強いしまず安心です。
なので知っている人でお金がある人は、わざわざ古い家を探して太い柱だけを購入して、家を建てる人がいますよ。
私なら建て替えをしないでリフォームにします。

投稿日時 - 2015-02-03 17:04:55

お礼

ご回答ありがとうございます。
そうなんですね、私が思う以上に木の太い柱は耐久性があるのですね。
まあまあ立派な太い木を使っているように見えるので、上手に利用してみたいとは思いますね^ ^

投稿日時 - 2015-02-04 16:59:13

あなたにオススメの質問