こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和訳が分かりません。

下記の和訳と、文法が分かりません。
We will continue to roll out the brand new product experience that we have been building and testing over the past two years.


通常、brand の後にS Vと来て、またSVと来てるんですが、これはなぜですか?

投稿日時 - 2015-01-30 23:49:43

QNo.8907901

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんばんは。

> 通常、brand の後にS Vと来て、またSVと来てるんですが、これはなぜですか?

ええと、new productが主語で、experience が動詞と判断されたということでしょうか。

すでに他の回答者の方も書かれていますが、これは、 the brand new product experience というのが名詞句(ひとかたまりで名詞にあたるもの)ということなんですね。

私も product experience というのがちょっと分かりづらかったですし、他の回答者の人たちも、ちょっとこの experience に困っているようです。「企業が製品を開発する」というのはわかるけど、「企業が経験を開発する」というのは、普通の辞書の語義から考えた感覚ではちょっとしっくりきません。

で、この文は何の文章かと思って検索してみましたが、これはライブモカという、「ネイティブの人たちと友達になって言語を学ぶオンライン・コミュニティ」のCEOの人が、同社が外国語学習ソフト会社のロゼッタストーンと合併したときに出したコメントの一節なんですね。

↓この記事の末尾にある、文章の左をグレーの縦線にして引用であることを示した箇所が、CEOのコメントで、その5段落めの末尾近くに、お尋ねの文がありますね。
http://www.geekwire.com/2013/rosetta-stone-cracks-livemocha-buys-online-language-community-85m/

これを読むと、

> Please rest assured that Livemocha will continue to be the learning experience, product, and community you know and love. (ライブモカは、皆さんが知っており、愛している、学習の経験であり、製品であり、コミュニティでこれからもありつづけますので、ご安心ください)

といった文もあります。「ライブモカは経験だ」というわけです。この文章で言っている experience というのはこういう使い方がされてるとわかるとちょっと分かった気がしてきます。

そして、ライブモカはオンライン・コミュニティとわかりましたので、お尋ねの文にある、product というのも形があって店で売ってるような「製品」ではなくて、サービスの形態といった意味での「製品」なんだとわかりました。そして、ここで、the brand new product experience (「まったく新しい製品の経験」)といっているのも、上のexperience に照らし合わせると、「まったく新しい形態のオンライン・コミュニティによる学習経験」といった意味なのでしょう。

そこで、文法の解釈にもどると、ほかの回答者の方もご指摘のとおり、that は関係代名詞ですので、そこで二つの文に分けると、

(1) We will continue to roll out the brand new product experience.
(2) We have been building and testing the brand new product experience over the past two years.

となります。
(1)We will continue to roll out the brand new product experience. 
ですが、roll out xxxは、「xxxをつぎつぎと繰り出す」というような意味ですね。continue to+(動詞)は、「ナニナニし続ける」ということですから、ここは、
「私たち(当社)は、まったく新しい形態のオンライン・コミュニティによる学習経験をつぎつぎと繰り出し続けます」
ってな感じでしょう。

(2)We have been building and testing the brand new product experience over the past two years.
ですが、「have been 〔動詞)-ing 」は、現在完了進行形というやつですね。過去のあるときから現在まで、なにかをし続けてきたことを言ってるわけですので、

「私たち(当社)は、この2年間、まったく新しい形態のオンライン・コミュニティによる学習経験を構築し、テストしてきました」

というわけです。「経験を構築し、テストする」というのがちょっと居心地悪いですが、これがこのライブモカのCEOの方の独特の言い回しということと思います。実際に言ってることは、「ネイティブの人とチャットしたり、リアルタイムで会話したり、文章の添削したりといういろんなサービスの形態を、さらに改良したり、新しいサービスを開発したりして、ユーザーがよりよい学習の経験ができるように、コミュニティの仕組みを作ったりテストをしたりしてきた」ていうことなんでしょうね。

で、(1)(2)の訳ができました。

(1')「私たち(当社)は、まったく新しい形態のオンライン・コミュニティによる学習経験をつぎつぎと繰り出し続けます」
(2')「私たち(当社)は、この2年間、まったく新しい形態のオンライン・コミュニティによる学習経験を構築し、テストしてきました」

これで、このなかの共通部分「まったく新しい形態のオンライン・コミュニティによる学習経験」が関係代名詞thatでつながっているわけなので、それを考えて(1')と(2')をつなげると、全体としては、

「私たち(当社)は、この2年間、構築し、テストしてきた、まったく新しい形態のオンライン・コミュニティによる学習経験をつぎつぎと繰り出し続けます」

といったことでしょう。「製品」という単語がないのが気持ちわるければそれを戻して、

「私たち(当社)は、この2年間、構築し、テストしてきた、まったく新しい製品(オンライン・コミュニティのサービス)による学習経験をつぎつぎと繰り出し続けます」

というふうになるのじゃないでしょうか。

以上お役に立てば幸いです。

投稿日時 - 2015-02-01 01:50:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

brandはこの場合、"brand-new"という形容詞で、「真新しい」「新品の」という意味があり、またthat+S+Vで関係代名詞です。
したがって、「私たちは、2年間かけて製造・試験してきた、新品の商品経験をたくさん生み出し続けるつもりです」と訳します。

http://ejje.weblio.jp/content/brand+new
http://www.englishcafe.jp/english/day52.html

> We will continue to roll out the brand new product experience
私たちは、新品の商品経験(商品情報)を量産し続けるつもりです。

> that we have been building and testing over the past two years.
私たちが2年間かけて、製造して試験してきた

投稿日時 - 2015-01-31 04:01:42

ANo.2

この that は関係代名詞の that です

thatの使い方(代名詞、形容詞、関係代名詞、接続詞)
http://www.kilc.co.jp/english/that.php

This is the book that I bought yesterday.
これはきのう私が買った本です。

投稿日時 - 2015-01-31 00:47:41

ANo.1

私たちは過去2年間、作り、試験(テスト)してきた真新しい(新品の)製品情報(経験)を投入(水平展開)し続けるつもりだ。

【1】We will continue to roll out the brand new product experience.
私たちは真新しい(新品の)製品情報(経験)を投入(水平展開)し続けるつもりだ。

が基本となる文で、We が主語、will continue が動詞です

【2】that 以下は the brand new product にかかっており、どんな the brand new product なのかという説明です

私たちは過去2年間、作り、試験(テスト)してきた真新しい(新品の)製品情報(経験)

投稿日時 - 2015-01-31 00:14:05