こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

クロスボウを「打つ」ときは「fire」なんですか?

ハリーポッター賢者の石の米国版を読んでいた時に、下記のような文章がありました。

He pulled out an arrow and fitted it into his crossbow, raising it, ready to fire.
(251ページ最終行~252ページ一行目)

銃や大砲なら本当に火を使うので「fire」は分かるのですが、火を使わないのに「fire」という語が書かれていて、どうしてだろうと思ったのです。

銃よりクロスボウの方が早く出てきているはずで、銃を「fire」する前にクロスボウを「打つ」という言い方はあったはずなのに、それはどこに行ってしまったのでしょう?

かまえる姿から弓というよりは銃に感覚が近いので、そっちに引きずられて「fire」になったのかなと推測しますが、クロスボウは銃の仲間にされているのでしょうか?

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2015-01-28 12:43:43

QNo.8906266

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

過去にも似たような質問が。
http://okwave.jp/qa/q1681551.html

>銃よりクロスボウの方が早く出てきているはずで、銃を「fire」する前にクロスボウを「打つ」という言い方はあったはずなのに、それはどこに行ってしまったのでしょう?

「現代語で書かれている」と考えましょう。

「現代語に翻訳してある」って事にしてしまえば、弓もボウガンも何でもかんでも「撃て」は「Fire!」です。

源氏物語で

いづれの御時にか、 女御・更衣あまた侍ひ給ひけるなかに、 いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて時めき給ふ、ありけり。

とあるのを、現代語にして

どの帝の御世であったか、後宮に女性が大勢お仕えなさっていた中に、たいして高貴な身分ではない方で、きわだって帝の寵愛を集めていらっしゃる人があった。

と書いてしまうのと同じだと考えて下さい。

源氏物語の時代には「後宮」とか「女性」とか「寵愛」とかって単語は、似合いません。これらの単語は「現代になってから使われ始めた単語」です。

でも、そう書かないと「現代語しか読めない小さい子供」は読めません。

ハリポタは「小さい子供も読む」ので「子供でも理解できる現代語」で書かれています。

投稿日時 - 2015-01-28 13:08:44

お礼

過去のQAをよく調べずに、失礼いたしました。

言葉は生き物ですから、時代により変化していくことは当たり前ですね。現代に合った言い方が「fire」なのですね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-01-29 12:59:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

 かまえる姿から弓というよりは銃に感覚が近いので、そっちに引きずられて「fire」になったのかなと推測しますが、クロスボウは銃の仲間にされているのでしょうか?

 はい、そうです。 下記に discharging guns and other weapons とあります。   
 http://www.oxforddictionaries.com/us/definition/american_english/fire?searchDictCode=all

投稿日時 - 2015-01-28 12:58:21

お礼

確かに「銃、その他の武器」になっていますね。

なんとなく強力な「弓」のようなイメージを勝手に持っていたので変な感じがしたのですが、認識を改めます。

ありがとうございました。 

投稿日時 - 2015-01-29 12:57:03