こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ディズニーアニメ映画はどう進歩して来たのでしょうか

ディズニーのアニメ映画は、最初の長編カラーアニメ映画『白雪姫』(1937年)から、
『アナと雪の女王』に至るまで、
どう進歩して来たのでしょうか。

『白雪姫』と『アナと雪の女王』だけを取り上げたご回答はしないで下さい。

投稿日時 - 2015-01-27 19:16:14

QNo.8905798

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

実際はさほど進歩はしていないと思います。いい意味で。

ディズニーの初期の作品から、常に創造的な映像表現は行われていましたし、シナリオも基本的には勧善懲悪、主人公が悪人に苦しめられるがハッピーエンドみたいな内容は変わっていないように思います。
そこがディズニー作品の良い部分で、複雑な善悪の構図というものがなく、子供向けにしっかり作られていると思います。

変化したものといえば、セルが作品がCG作品になり、立体表現ができた部分だけではないでしょうか。

ディズニーを大人が観た時、時として違和感や人物の背景を考えると納得の行かない所、面白くないと感じる所もありますが、子供にとって分かりやすい作品を常に作り続けています。

投稿日時 - 2015-01-28 00:55:57

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-01-31 21:22:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問