こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

あなたならどちらのレンズを買いますか??

広角レンズの購入を検討しているのですが
TAMRONの「SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD (Model A012) 」
Canonの「EF16-35mm F4L IS USM」
の2本で迷っています。
もし、あなたがこの2本のどちらかを購入するならどちらを買いますか??
理由も教えて下さい。

購入の参考にできればと思っています。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2015-01-21 21:40:18

QNo.8899518

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

14人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

レンズの新たな追加の場合、既に持っているレンズと何を写すかによって大きく違ってくると考えます。撮影スタイルによっても変わってきますね。あと、使用カメラにもよります。APS-Cでは、15-30mmF2.8は過剰かな、と思います。大きすぎますから。

さて、単純にこのレンズ2本を比較するなら、ポイントは、
 ・純正か非純正か
 ・開放がF2.8かF4か
 ・1.1Kgが平気か?
になると思います。純正と非純正では値段が違うことが多いのですが、今回は明るさの違いで大差ないようですね。

私の場合、純正の安心感はすごく大きいと思っています。暗いところで撮ることも時々あるので広角と言えどF2.8は欲しいです。望遠で1.5Kg位のレンズを使っているので1.1Kgは平気です。
レンズとしては15-30mm、だけど非純正ということで躊躇してしまいますね。

また、併用するレンズも重要になります。たとえばよくつかう望遠が70-200であれば、16-35mmとの2本でも(途中がちょっと離れるけど)なんとかなりますが、15-30mmだと途中に50mmなどを入れたくなります(荷物が増えます)。広角端がもっと短くて50mm位になる望遠レンズとの併用ならどちらでも良い、となります。あと、超広角の1mmの差は小さくないですが、遠景以外の多くの場合なんとかなるでしょう。私もこの2本なら迷いますが、純正を重視して16-35mmかな、と思います。

実は最近、別メーカですが14-24mmF2.8を買いまして、その際タムロンの15-30mmF2.8も比較しました。上記の2,3番目の比較ポイントが無くなる代わりに”価格差”が入ります。半額近くになるので迷いましたが、純正の安心感が勝りました。タムロンの15-30mmの評価がまだはっきりしていなかったこともあります。

ところで重さは平気ですか? 私の場合、1.5Kg位のレンズはいつも使いますし、最大でカメラ2台+レンズ4本(単焦点含む)、バッグ込みで約8.5Kgを持ち歩きます。でも、1Kg超のレンズを嫌う人は結構いるみたいです。某掲示板でも”防湿庫の肥やし”なんて決めつける人もいます。
1Kgが平気で純正にこだわらないなら15-30mmがよさそうにも思いますが・・・。

投稿日時 - 2015-01-23 22:09:28

ANo.6

広角レンズに定評があるのは、どっちかと言うとSIGMAでして、
Tamronの広角レンズはそれほどでもないんですよね。

・・・妙なフレアとか出そうで(苦笑)

Canonなら素直に純正レンズの方が正解ではないかと思います。

広角レンズは絞って使うものですから、開放が明るいことはあまり
アドバンテージになりませんし。

投稿日時 - 2015-01-22 12:11:13

ANo.5

追申

ボディー側でのレンズ光学補正(周辺光量補正・色収差=パープルフリンジ補正)。
これも、サードパティー製レンズでは、これらの補正が効きません。

※レンズ光学補正データは、EOS Utility からカメラに登録/削除します。

投稿日時 - 2015-01-22 07:56:39

ANo.4

人それぞれでしょうが、私なら迷わず、軽いEF16-35mm F4L IS USM。

仮に、ボディーがEOS 5D Mark III・6D等であるなら、開放1段差は、高感度ノイズ耐性で乗り切れるし、手振れ補正の効きも純正の方が勝る。

純正を薦める最大の理由は、DPP(Digital Photo Professional)での、デジタルレンズオプティマイザー(DLO)とレンズ収差補正。
経験上、サードパーティー製は、矢張りAF/AE 精度等で、其れなりの部分があります。

投稿日時 - 2015-01-22 07:39:12

使うカメラ、被写体によって変わります。
フルサイズなら16-35mm。
APS-Cなら撮影対象によりけり。
スナップ等なら望遠側35mmは欲しいし、広角側の1mmはフルサイズでは大差ないし、普通に屋外などがメインならF4でも高感度で撮影すれば済むし。

APS-Cなら広角側1mm差は結構でかいし、望遠側の30mmと35mmの差もでかいので、撮影対象によてどちらにするか決めます。

投稿日時 - 2015-01-21 23:21:29

ANo.2

私なら「EF16-35mm F4L IS USM」にしたいです。

広角レンズとして捉えていらっしゃいますから、ボディはフルサイズであるという前提で回答いたします。
その場合の16-35mmという画角には、私はF2.8を求めていないというのが第一の理由です。
仮にテレ端が50mm位まであれば、私にもF2.8は魅力になるかもしれません。
あるいはF2.8でなくF2.0とかならかなりの注目に値しますが、そうなると私の財布ではとても手が出ないでしょう。

それでもTAMRON 15-30mmがEF16-35mm F4と同じ位の大きさ・重さなら、また違った見方になるのですが、TAMRON 15-30mmのほうが一回り以上大きい上に500g程も重い…
こうなると私にはあえてTAMRON 15-30mmを選ぶ理由が見つけられないというわけです。

もし「どうしてもF2.8通し」という理由があれば、当然TAMRON 15-30mmは俄然浮上します。
例えば「星の撮影に重点的に取り組みたい」とかですけど、今のところ私はそういう欲求はないのです。
あるいは「とにかく広角、広角の1mmはデカい」という考え方もありますが、私は20mm位の画角で満足できるタイプなので15mmと16mmの差にはこだわりません。
もちろん「TAMRON 15-30mmのほうが大分安い」とかならまた違うのですけど、現状では大差ないですし…
それなら軽いほうがいいかな、というのが私の考えです。

投稿日時 - 2015-01-21 23:17:51

ANo.1

私ならTAMRON。
理由は明るくて、値段も少し安いから。
それと、1つテレ側のレンズで24-105mmを持っているので、画角としてはテレ側30mmでもカバー範囲が少し重なっているので、レンズラインナップとしては切れ目無く広範囲の画角をカバーできるので。

投稿日時 - 2015-01-21 23:03:07

あなたにオススメの質問