こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

メモリーカードはソニー製が良いでしょうか

メモリーカードは、メーカーより扱い方が大事で、例えば撮影で外に出た時は、カメラから出さない。そうすれば紛失のリスクもなくなるとアドバイスを頂いた事があります。正にその通りだと思いま した。

 その後ソニーのホームページを見たら、万が一データが消えたら再生するシステムが有ったり、メモリーカードに防磁、防湿等の設計がなされたりしている事を知りました。

事故は、想定外で良く起こるものです。それなら考え方として少しでも安全なカードを持っていた方がよいと思いました。

因みに「HDV」は頑丈なケース入りのテープを使っています。この方が破損のリスクが少なかったりホコリ等を少しでも多く防いでくれたりするからです。

経験豊かな皆さんのご意見を賜りたいです。


※OKWaveより補足:「ソニー製品」についての質問です。

投稿日時 - 2015-01-02 12:40:19

QNo.8877511

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

10年位前までは粗悪品と呼んでおかしくないようなSDカードがかなり出回っていて、カード自体に原因があると思しき事故例もよく耳にしました。
そのため当時は“メーカーによる信頼性の差”といったことが大分問われたのですけど、今日に至っては、そこまでひどいSDカードを見つけるほうが難しくなりました。

その後SDカードを使用する機器がどんどん増えたこともあって、入れ替わるように増えたのが機器操作手順のミス・うっかりミス・知識不足によるミスといった『使用する人間に原因がある事故』です。
ご自身で色々とお調べになられたようですが、それらの資料をもう一度読んでみて下さい。
仮にカードに何らかの工夫が施されていたとしても、それで防げたと思われる事故例は数としては少ないはずです。
回答者の皆さんが「メーカーより扱い方が大事」と仰られているのには、こういった背景もあるのです。

>考え方として少しでも安全なカードを持っていた方がよいと思いました
これはその通りだと思います。
ただ、本当にそれだけの製品が存在するなら、という前提がつきます。
例えば件のSONYのカードですが、
◎防磁、防湿等の設計
「当社の試験結果に基づくものであり、ご使用条件の環境により全てのメモリーカードのデータを保証するものではありません」という但し書きが付帯するものであり、仮に磁力を帯びてデータが消失したときに「耐磁性があるんだろ!」と文句を言ってもSONYが何かしてくれるわけではない。
◎万が一データが消えたら再生するシステム
購入者特典でデータ復旧目的のソフトが無償ダウンロードできるというだけのことであり、実際に復旧できるかどうかはやってみないと分からない。
(それぞれSONYのサイトで確認して下さい)
といった内容のものであり、さてこれをもって安全性が高いとするかどうかは、どうしても個人の解釈で異なってしまいます。
私個人は正直なところ、「否定はしないけど、この程度の仕様では当てにもできない」という感覚なのでこれらの仕様を第一の理由にSONYを選択することはないと思います。

>事故は、想定外でよく起こるものです
確かにそうなのですが、想定の範囲をあまり広げてしまうと“縛り”がどんどん増えるので、撮影その他カメラの取り扱いがどんどん窮屈になり、面白くなくなってしまう可能性も否定できなくなります。
この辺りの落としどころは質問者さんにしか決められません。
ゆっくり考えてみて下さい。

投稿日時 - 2015-01-04 13:25:56

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

こんにちは

わたしは業務で使用しているわけではないのであまり深い回答は出来ませんが、
扱いはforaie0817さんの考えているとおりだと、わたしも思います。

メモリーカード壊れることはなかなか無いですよね。
今までずっと使ってきた中でTranscend製のが一度壊れたくらいで、
それ以外故障したことはないくらいで、ネット上でもあまり故障報告の見ない製品です。
質問のソニー製のは今まで恐らく7つくらい使っていましたが、故障は無しです。

製品寿命が長いことと、結局は容量や速度の関係で故障の前に買い換えるケースが多いので
そこまで気を遣わなくてもいいかなとは思います(極端に安価な製品を除く)
ソニー製のは記載しているとおり質は良い方ですが、その分値段も上がっているかと思いますので。
質問の通り安全の確率を上げるという使い方ではありかと思います。

データリカバリーツールはハッキリ言って役に立たないと思った方が良いです。
メモリーカードはようはフラッシュメモリなので通電せずに長い間放置しておくと
自然放電で5年以上放置していると消えてしまう場合があり。もって10年と言われています。
BDはしっかりしたものですと20年は持ちますのでそちら方が保管には向いていますが、
基本的には大切なデータは2種類のメディアでバックアップしておくのが良いかと思います。
最近ならBDとNASまたはオンラインストレージ等に保管しておくのが良いのでは。

参考になれば。

投稿日時 - 2015-01-03 07:12:15

ANo.5

デジタルカメラで写真を趣味としている方々の使用する記録媒体は
ハイアマチュアではコンパクトフラッシュ(CF)をメインという方が
多いですが、ソニーを使っている人は見たことがありません。
(売っているのすら見たことないです)
そして、デジカメの記録媒体として最も多用されているのは
SDカード(その発展系も含む)です。
SDカードで最も信頼性が高いと言われているのはSanDiskでしょう。
とにかくソニーではないです。ソニーを使っている人は私の周りには
一人もいません。

私は過去の経験から、ソニーの製品は寿命が短いと思っていますので
記録媒体にソニーを使用することはあり得ません

投稿日時 - 2015-01-02 19:13:24

ANo.4

メモリカードの扱いに関しては同意見です。
ただし、私の場合はSanDiskかTranscendを選択します。10年以上前から使っていてトラブルは一度もありませんからね。
SanDiskは永久保証で、データリカバリーツールもリリースしていたはず。

でですね、パソコンに取り込んでからの扱いがちょっと雑に感じます。

まず、マイピクチャにコピーするのはやめましょう。パソコンの動作が遅くなる原因の一つです。外付けハードディスクを買ってきてそちらにコピーしましょう。OSがトンで初期化するはめになっても外付けHDDならリカバリには関係ないですからね。
で、外付けに保存したものをマスターにして、編集途中のものや編集が終了したものは別の場所に保存します。それこそマイピクチャにでも。

BDやDVDへのバックアップは定期的に行います。
メモリカードがマスターという状況には絶対にしません。フラッシュメモリは放置しておくと自然にデータが消えますからね。
そうならないように、撮影から帰ってきたらその日のうちにパソコンに取り込んでメモリカードは初期化して次の撮影に備えます。消し忘れて撮影に出かけたらメモリがいっぱいで記録できなかった・・・なんて泣くに泣けないですからねww

ついでにもう一つ、メモリカードは外では取り出さないと言っても一杯になって別のと交換することもあります。そうなると、メモリカードケースというのも考えなくてはいけません。そして、そういう小物を入れておくためのバックなんかも…

投稿日時 - 2015-01-02 18:43:52

ANo.3

SONYは特にすぐれている訳ではないです。
フラッシュメモリーで信頼出来る大手といえば、SanDisk、Transcend、東芝あたりでしょうね。
SanDiskのメモリーカードは爆発現場で生き残った事例があります。
http://japan.cnet.com/news/tech/20070986/

> 「メモリーカード」をHDVテープの様に「素材」で保管しておく
フラッシュメモリは磁気テープと違って数年で自然消滅してしうので長期保存には不向きです。
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/basic/20100513/1024861/

> ブルーレイに「メモリーカード」を保存する
ブルーレイディスク等に内容をコピーした方がいいでしょうが、CD-R/DVD-Rやブルーレイも長期的な信頼性でいうとやはり不安が残ります。
それを言ったらきりがないのですが…。
保存目的なら外付けHDDやDVD-R等複数のメディアにコピーしておく事です。

今ではすっかり見かけなくなった、PDやMO、MD等は保存には適していたんですが。
容量、手軽さ(互換性)とか価格でCD-RやUSBメモリに負けてしまいましたからね。

データーセンターとかの大規模バックアップだと、読み書きは面倒でも、価格や信頼性から磁気テープが今でも主流だったりします。

投稿日時 - 2015-01-02 16:11:30

ANo.2

★やっと質問ですが「メモリーカード」をHDVテープの様に「素材」で保管しておくのはいかがなものでしょうか。
★それがだめならブルーレイに「メモリーカード」を保存するのはいかがなものでしょうか

保存する画像数にもよりますが、画像数が多くなりますと、PCから必要な画像のアイコンが表示されるまでに時間がかかるようになります。…ということは、「使いたいときにすぐに使えない→重い」という感覚に繋がると思います。
HDDの容量に余裕があるのならば、3ヶ月くらいしたところで、"削除"ではなくて、「old」などのフォルダに"移動"という手もあります。
「素材」としての利用を考えるならば、後に探すときにはHDDの方が便利だと思います(メディアを入れ替える手間や検索のスピードの面で)。

しかし、HDDにも故障はあり得ます(HDVテープやブルーレイも同じですが)。
大事なデータはHDVテープやブルーレイに「バックアップ」として取っておくことも必要だと思います。
"データの重要性"⇔"手間・費用"の関係で、ケースバイケースになりますが、100%信頼できるものはない以上、バックアップは必要です。

以下のサイトも参考にしてみてください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1245523887

投稿日時 - 2015-01-02 15:53:09

ANo.1

>メモリーカードは、メーカーより扱い方が大事で…
私も同じ考え方です。

「ソニー製」に限らず、メモリーカード自身の信頼性は高くても、盗難・紛失(カメラごとという場合もあり)や水没・破損といった「事故」には対応できない場合の方が多いと思います。

データ喪失のリスクを減らすならば、「メモリーカード自身は撮影直後の一時保管」と考えて、撮影後に出来るだけ速やかにバックアップをとることをお勧めします。

例えば、
・ネットブック(撮影データをHDDにコピー)
・モバイルルーターorスマホのディザリング
・自分のアドレス宛の添付ファイルorオンラインストレージ
の3点を使えば、「メモリーカード+2つのバックアップ」ができます。
…お手持ちのカメラやスマホの機能によっては、もう少し機材が減るかもしれません。

投稿日時 - 2015-01-02 13:29:50

補足

御回答有難うございました。追加の質問をさせてください。

私の場合、撮影が終わったら編集を行います。
(1)まず、pcのピクチャーに取り込みます。
(2)そこから、絵を取り出して編集します。(アドビのプレミアエレメンツの12で編集します)
➂完成した作品はブルーレイディスクに録画します。
(4)素材は、パソコンが重たくなるので編集後消します。(但し、再編集の可能性があるので3か月ぐらいそのままpcに入れておきます)

従ってメモリーカードで撮ったデータを編集後使わない事が多いのです。
「HDV」の場合は「素材」を「テープ」に残していました。後で、必要な「カット」を使う事があるかもしれないからです。
 しかし、テープのカットを再度使う事は面倒臭くてほとんどしていません。

★やっと質問ですが「メモリーカード」をHDVテープの様に「素材」で保管しておくのはいかがなものでしょうか。
★それがだめならブルーレイに「メモリーカード」を保存するのはいかがなものでしょうか

投稿日時 - 2015-01-02 14:10:06

あなたにオススメの質問