こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

宗教について質問があります

こんにちは。
私はモルモン教を信仰しているものです。
ですが、バプテスマはしていません。

私は以前から入信を考えていましたが、最近少し疑問に感じ、躊躇しています。

その理由が戒めや教えについてです。
引っ掛かったのが

・両親を敬うこと
・同性愛を禁ずること
あと一夫多妻は法律によってしぶしぶ現在はおこなっていないようですが、モルモンの教えでは容認しているように感じます

つまり預言者を通して神さまが決めた教えですよね?

でも、私は親から虐待されていて親は敬えないし、トランジェンダーで悩んでいてLGBTに関心がある私はどうしても同性愛を禁ずるのも疑問を感じるし、一夫多妻も良いと思いません。

本当に神さまの教えなのかと思ってしまいます。

皆さんはどう思いますか?

あと、自分は少し間違ってても自分が信仰している宗教を正当化しようとしているのではないかと思ってしかたがない気がします。

あと、自分が思っていることがたまに勘違いじゃないかと思ってしまいます。

皆さんの考えをお聞かせください。
お願いします。

投稿日時 - 2014-12-30 23:10:12

QNo.8875394

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

モルモンの発症が彼らの言うとおり、神の啓示だとしましょう。まさしくモルモンは、それまでの歪められた神の教えを正すべくもたらされたものです。

で、当初「一夫多妻は法律によってしぶしぶ現在はおこなっていないようですが、モルモンの教えでは容認しているように感じます」とあるように一夫多妻制でした。しかし社会的に攻撃され、その教えを捨ててしまいました。

要するにかつて神の教えがユダヤもたらされ、ローマと結託して歪められて利をむさぼったように、それを是正するためにイエス正してカトリックになったのに再び権力と結び付いて歪められたように、モルモンも一夫多妻を捨てた時点で神の教えを戦わずして歪めただけの話です。

歪められた教義をひたすら護る事に何の意義があるのでしょうか。その時点でその宗教は神から見れば異端でしかありません。
ようするにモルモン教徒になるかどうかが問題ではなく、神の教えを忠実に護るかが重要、神の教えを純粋に伝えるものがなければ、自分が正しいと思うことを自信を持って行なえばいいのです。しかしそこには切磋琢磨がなければなりません。自分の知識が正しいかどうかを常日頃から確認し続けなければ正しい生き方は出来ません。
つまり洗礼(バプテスマ)はさほど重要なことではないのです。

投稿日時 - 2015-01-01 13:25:31

お礼

ご回答ありがとうございます。
参考になります。

投稿日時 - 2015-01-10 11:53:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

>本当に神さまの教えなのかと思ってしまいます。

残念ながら神の教えではないです。
全ての宗教がそうの様に、信仰の長い歴史の中で、人のよって全て創り出されたものです。
だからと言って、その教えが間違っているとか、正しいとは一概には言えません。

信仰は全ての人にとって自由であり、また縛られるものではありません。
ただ宗教は、地域や文化などで違いが有り、又長い歴の中でその時の指導者や権力者に都合の良いように書き換えられて来ています。

日本で一番多い仏教ですら、宗派に因って教えが違いますし、アジアの国々へ行けば同じお釈迦様の教えなはずなのにそれぞれ違いが有ります。
キリスト教もそうです。
教典、教義、教則は人の作ったものなのです。

貴女が何を信仰するも、しないのも貴女の自由です。
意にそぐわないものや疑問に思うものは、おやめになる事をお勧めします。

私の信頼している科学者の方がおっしゃっていました。
この世には、私たちの英知の理解を超えた大いなる力が存在していますと、
また多くの宗教家の方がおっしゃっていますが、神は己の内側に存在していると、

ご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2014-12-31 14:03:45

お礼

ご回答ありがとうございます。
参考になります。

投稿日時 - 2015-01-10 11:53:08

モルモン教はそんな悪い宗教じゃないですよ。
モルモン教の聖職者をなんていうのかしりませんが、教会行って聖職者の方のお話を聞いてきたらどうですか?
もしほかの宗教との違いをしりたいのなら、他の宗教の聖職者のお話も聞いてきたらいいです。
お寺や教会の中には、仏様やキリストの教えをかみ砕いて教えてくれるような集まりを定期的にも要しているところもありますし、話を聞きにいって嫌だという聖職者はいないでしょう。ウェブページを開いているところもおおいですしね。
こんなところで聞いたって、偏見に満ちた罵詈雑言の類を聞かされるだけじゃないかな。

>自分が思っていることがたまに勘違いじゃないかと思ってしまいます。
これはむしろ哲学的な命題です。
例えば認識論といって、正しいものを正しいと認識できるのかどうかついて古代から人は悩んできました。
たぶん神様はなにも答えてくれないでしょう。自分で答えを見つけなければなりません。神様はあなたを導いてくれるかもしれませんが。

>私はどうしても同性愛を禁ずるのも疑問を感じるし
カトリックだって同性愛は教義に反していると言っています。トラディショナルな宗教で同性愛を教義として認める宗教はないはずです。
あなたには残念なことでしょうが、同性愛はまだ社会に受容されているわけではありません。やっと受容され始めた、ってところじゃないでしょうか。

>私は親から虐待されていて親は敬えないし、
そういう特殊な例はどの神様も個別に相談に乗ってくれるはずです。
両親を敬え、というのもトラディショナルな宗教ではどこでも言っていることです。「造反有理」などという教え(?)はかなり珍しいと思います。

モルモン教ってそんな教条的な宗派なんですか?
>つまり預言者を通して神さまが決めた教えですよね?
神様は絶対でも、それを伝えるのは人間ですから、やっぱ間違えることだってあるのです。
1992年、当時のカトリックの教皇のヨハネ=パウロ2世がガリレオ裁判が間違っていることを認めました。350年間神様は忸怩たる思いでいらっしゃったと思いますが、でも、まともな宗教では最後にはすべてはあるべきところに収まるものなのです。

モルモン教の歴史はざっとしかしりませんか、最初はだいぶ現代的な観点から見ておかしなことも言っていたようですが、社会の動きにきちんと適応しているように見えます。
一夫多妻制だって、そんな昔のことを持ち出してモルモン教を非難するのはフェアじゃありません。

いずれにしろアウグスティヌスもずいぶんいろいろな宗教を渡りあるいた最後に、キリスト教の偉大な聖者になりました。
あなたがそうやって悩んで、ご自分なりの回答を見つけようとされるのも、神様のおぼしめしというものでしょう。どの神様なのかは、まさに神のみぞ知る、ということろですが。

投稿日時 - 2014-12-31 03:13:44

お礼

詳しく説明して下さってありがとうございます。

参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2015-01-08 12:49:29

ANo.3

「つまり預言者を通して神さまが決めた教えですよね?」
→少し違いますね。
モルモン教の人達が決めているのですが、それを神さまが決めたといように流布しているのです。
これはモルモン教に限らず、ほとんどの宗教がそうなのです。
儀式のしきたりなども全部そうです。
そもそも神様がそんなことを決めるはずがないでしょ?

投稿日時 - 2014-12-30 23:52:03

>私はモルモン教を信仰しているものです。
>私は以前から入信を考えていましたが、最近少し疑問に感じ、躊躇しています。
話の辻褄が合いませんが?

日本国内では、信仰は自由です。
どの宗教を信仰してもかまいませんし、神や仏を信仰しないのも自由です。
自分が頼りたい神仏を頼ってください。

投稿日時 - 2014-12-30 23:45:02

お礼

ご回答ありがとうございます。
そうしたいと思います。

投稿日時 - 2015-01-09 12:19:48

ANo.1

宗教界の常識で、モルモン教は異端と呼ばれ
一般に言われる宗教とは一線を画しています。
オーム真理教と同一視はしませんが、少し外れています。
あの『ものみの塔』などと同様
社会問題等を多くおこしています。
余りお近づきにならない方が無難です。

投稿日時 - 2014-12-30 23:42:32

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-01-09 12:20:13

あなたにオススメの質問