こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

時計に充電池

時計やリモコンに充電池をいれると充電池がダメになると聞きました。
これは本当ですか。

今、SONYのニッケル水素充電池を時計とリモコン、マウス、キーボードに使用しています。
利用をやめたほうがいいですか。

投稿日時 - 2014-12-24 18:46:11

QNo.8869141

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ニッケル水素電池は自然放電といって、
何もしなくても放電してしまう現象があるので、
時計とかリモコンの様に少ない電流を長期間使いたい
家電には向いていないだけで、電池が駄目になるとかは
ないと思いますよ(要するにもったいないだけですね)。

ただ、最近のニッケル水素電池は自然放電を抑えるように
作られているので、それほど気にすることもないと思います。

投稿日時 - 2014-12-24 18:54:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

充電式電池には、『自己放電』という現象が付きまとい、勝手に消耗するのです。

で、リモコンのような「ちょろ使い」には、大胆な性格の充電式は不向きです。
乾電池は、『自己放電』が少ないので「ちょろ使い」に最適です。
時計には、アルカリまでですね。

投稿日時 - 2014-12-24 19:51:20

ANo.3

こんにちは。

ニッケル水素電池の公称電圧は1.2Vなので、一般的なマンガン乾電池(アルカリ・マンガン乾電池も含む)の公称電圧1.5Vに比べると電圧が低いため、1.5Vの電圧である乾電池の寿命末期電圧に近い状態で長期間使い続けることになりますから、微電流しか放電しない時計やリモコンには用途としては適さないです。

また、充電池の末期電圧付近になっても微電流機器は動作するため、充電しない使い方になり過放電状態で長期間放置してるのと同じことになり充電池の寿命を著しく縮めますから、過放電状態で使い続ける恐れがある時計やリモコンのような微電流でも動作する機器の電池としてはニッケル水素電池は向かないです。

投稿日時 - 2014-12-24 19:28:45

過放電なんて言うんですけど
消費電力の小さい時計やリモコンなどで
動かなくなるまで電池を使う(電池を使いすぎる)と、過放電となり
その後の充電がうまくいかないこともあります。
充電を2~3回繰り返してすことで復活しますが
それでも充電ができない場合は、電池が壊れた・・・という状態。
時計やリモコンは、自動的に放電を停止する機能が無いので
電池が完全にカラになるまで使い切ります。
過放電を繰り返せば、電池がダメになる。

なので早めの充電をしたほうが良い。
そうすることで、電池を長く使える。

投稿日時 - 2014-12-24 19:27:01

あなたにオススメの質問