こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

困っています。次の英文の和訳をお願いします。

英語の文章なのですが、私には難しくて和訳ができないです。翻訳サイト等を使わずに、和訳をお願いできないでしょうか?

The Greek Memoranda strategy is organised through two EAPs and their numerous interim revisions . The first EAP was launched in March 2010 . It issued 110 billion loans (80 billion from EU countries and 30 billion from IMF ) with 5.5 per cent interest rate , for the service of the external debt and the needs of the Greek economy with a time horizon (in term of its loans ) until 2013 . Then it was assumed that Greece would not be needing support and could borrow directly on the international markets . This means that the loan program was planned for the three-year period of 2010-13. Moreover , it was planned that BD in 2014 would be less than 3 per cent of GDP . It was also predicted that for the first two years of the program the economy would shrink by about 6.6 per cent and that cumulative growth of 5.3 per cent would follow in 2012-14 .

投稿日時 - 2014-12-14 10:45:06

QNo.8857834

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ギリシアに対する覚書(メモランダム)での戦略は、2つのEAP(Economic Adjustment Program 経済調整プロブラム)とそれらを何度も暫定的に見直すことによってまとめられました。最初のEAPは、2010年3月に開始されました。このEAPは、2013年までの計画対象期間(借款期間)において、ギリシャの対外債務及び国内必要経費のために、1100億ユーロ(EU諸国から800憶ユーロ、IMFから30億ユーロ)を金利5.5パーセントで、借款を行いました。そうすれば、ギリシャは支援を必要としなくなり、世界の金融市場から直接借入を行えると考えられました。これは、この借款プログラムが2010年から2013年の3年間の計画となっていたことを意味します。さらに、2014年のBD(Bank debt 銀行借入)が、GDPの3パーセント以下となることが予定されていました。また、このプログラムの最初の2年間で、(ギリシャ)経済が約6.6パーセント収縮し、その後、2012年から2014年には、5.3パーセントの累積成長があると予測されていました。

投稿日時 - 2014-12-14 11:56:40

お礼

とても、早い返信ありがとうございました。とてもわかりやすい和訳で参考になりました。またの機会があればよろしくお願いします。

投稿日時 - 2014-12-14 18:34:28

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

sayshe です。【 】の部分を訂正します。

・・・このEAPは、2013年までの計画対象期間(借款期間)において、ギリシャの対外債務及び国内必要経費のために、1100億ユーロ(EU諸国から800憶ユーロ、IMFから【30億ユーロ⇒300億ユーロ】)を金利5.5パーセントで、借款を行いました。・・・

投稿日時 - 2014-12-14 12:02:17

ANo.2

意訳です。

対ギリシャメモランダム戦略は、二つの経済調整プログラム(EAP)とそれらに伴う数多くの暫定改定により明確に系統だてられている。
最初の経済調整プログラムは2010年3月に立ち上げられた。対外債務負担とギリシャ経済のニーズの為に、2013年まで(融資に関して)の間に金利5.5%で1100億ユーロの融資(EU各国から800億、IMFから300億)を実施した。その後ギリシャは支援を必要とせず、国際市場から直接資金を調達できるものと考えられていた。これは融資プログラムが2010年から2013年までの3年間に限って計画されたことを意味する。更に2014年の財政収支(BD)は対国内総生産(GDP)の3%以内になるものと計画されていた。また、このプログラムの最初の2年間、ギリシャの経済は6.6%減となり、2012年から2014年の累積経済成長率は5.3%になるであろうと予測された。

投稿日時 - 2014-12-14 12:00:56

お礼

ありがとうございました。とてもわかりやすい和訳であり、とても参考になりました。またの機会があればよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2014-12-14 18:32:49

あなたにオススメの質問