こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

連結決算

連結決算について教えてください。
投資と資本の相殺で、100%子会社を持っているときは、子会社株式と(子会社の)資本金の額が
一致するのでそれを相殺消去すればよいと
認識しています。
仮に、子会社株式を減損処理したとすると
子会社株式と(子会社の)資本金の額が
一致しなくなると思うのですが、
そういう場合、連結調整勘定等で調整し、
一致するようにするのですか?
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2004-06-09 02:31:01

QNo.885741

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

減損処理を取り消す仕訳を入れます。

例)親会社の単体財務諸表で当期に下記の仕訳を入れたとします。
(減損損失)100/(関係会社株式)100

この場合、連結仕訳では次のような仕訳を入れて、投資と資本が消去できるようにします。
(関係会社株式)100/(減損損失)100

また、翌年以降において必要な開始仕訳は
(関係会社株式)100/(資本剰余金)100
となります。

子会社ということなので、税効果は無視して考えました。
雑な説明で失礼しました。

投稿日時 - 2004-06-09 17:43:39

補足

回答ありがとうございます。

重ねて質問させていただきたいのですが、
資本組入や子会社同士の合併の際等に
子会社株式と(子会社)資本金に差異がでる
場合も、同様に調整し、
連結BSには、関係会社株式や、親会社の分以外の
資本金が残ることはないということでしょうか。

また、新たに連結範囲に加える子会社がある時に、
子会社株式と(子会社)資本金に差異がでた場合は
どうすればよいのでしょうか。

長くなってしましましたがよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2004-06-09 21:43:49

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

追加の質問について

連結上、親会社の分以外の資本金が残ることはないと思われます。
ただし、関係会社株式は残ることがあります。
(表示科目は投資有価証券になりますが)
非連結子会社や関連会社は、持分法を適用するためです。

また、合併等の資本取引のうち、株式取得後に行われたものについては、減損時の処理と同じように、資本取引そのものを取り消す仕訳を入れれば、理論的に問題ないと思われます。


次に、「子会社株式と資本金に差異が出た場合」というのは、既に営業している会社を買い取った場合のことでしょうか?

このような場合、資産・負債を取得時の時価に直してから連結するというイメージなのですが、それでも、子会社株式と資本勘定に差(のれんの部分)が出ることがほとんどです。
こちらについては連結調製勘定として、20年以内で償却することになります。
(将来的には償却しなくなるかもしれませんが)

投稿日時 - 2004-06-09 22:27:19

お礼

迅速かつ丁寧な回答ありがとうございます。

毎期、調整の仕訳をいれるなど大変ですね。。
連結決算は難しいですが、頑張ってみようと思います。

本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2004-06-10 00:15:27

あなたにオススメの質問