こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

修正申告

二年前の確定申告の申告漏れ訂正のための、修正申告は二年前に漏れていた所得だけを記入して提出すればよいでしょうか?
それとも二年前の所得全てを再確認し、記入漏れのものを含めてすべて申告しなおすということでしょうか?

投稿日時 - 2014-11-28 03:58:54

QNo.8839820

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

仮に300万円と収入を申告してて、20万円の申告もれがあったときに、
1、20万円だけ「漏れてました」と記入する
2、320万円として記入する

さて、どちらですかという質問ですね。
答えは「2」です。

具体的には、当初提出した確定申告書の内容をほとんどそのまま記入して、収入もれのあった項目を320万円にして、すべての計算をやりなおして「追加納税額がいくら」と記載するのが修正申告書です。

投稿日時 - 2014-11-28 14:43:36

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

>二年前の確定申告の申告漏れ訂正のための、修正申告は二年前に漏れていた所得だけを記入して提出すればよいでしょうか?
いいえ。

>それとも二年前の所得全てを再確認し、記入漏れのものを含めてすべて申告しなおすということでしょうか?
そのとおりです。
修正前の申告内容を記入した「修正申告書(別表)」も提出が必要です。

参考
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/07.htm

投稿日時 - 2014-11-28 07:26:32

ANo.1

概念としては、一から全面的に書き直して再提出です。

投稿日時 - 2014-11-28 07:20:56

あなたにオススメの質問