こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

うつ病です。うつ病と家族の理解について教えて下さい

うつ病で無職で通院している30代女性です。
無職歴も2年になり、今後の仕事の悩みもありますが、
今は家族と今後、どう接していけばよいのか悩んでいます。

両親、姉妹と暮らしていますが、家族にうつ病を理解して貰えている実感はありません。
両親からは「うつ病なんてよくわからない。大人なんだから自分で何とかしなさい」と言われ、
姉妹からは「結婚も仕事もしてなくてこの先どうするの?」と言われます。
病気の事や自分に対して、家族から何もかもが冷たくされるわけではありませんが
「どうして家族なのに理解してくれないだろう」と言う気持ちだけが毎日大きくなっていきます。

時々、両親や姉妹と今の自分の状態や今後の事を話す事がありますが、
私がまだ働ける状態ではない事を話しても、
「じゃあいつ働けるの?この先どうするの?」と必ず言われます。

家族からそう言われるたび、『大人のあなたの面倒は誰もみないんだよ』
と言われていると感じます。
両親には、昔からお金のかかる事に関しては何かとうるさく言われた記憶があります。
たとえば授業料や習い事の月謝など「毎月大変だ」と言われ、
母親も父親も、自分達のレジャーや遊び、趣味には相当な金額を使っていましたが、
子どもへは、最低必要以外の無駄なお金は使いたくないと言う感じで育てられた気がします。

今は、仕事をしていた時のように毎月家に数万の生活費は入れられなくなりましたが
家の食料品や日用品はなるべく自分のお金(貯金)で買うようにしていて
自分にかかる費用(病院代や携帯代など全般)も親からの援助は受けていません。
買い物以外の外出もほとんどしない(したくないし出来ない)ので、
家にいる私が家事はほとんどやっています。
もともと家にいたり、家事をすることは進んでやる方なので、
無理をしてでも家の事全般は出来る範囲でやっています。
相当体調が悪い時でも、薬を多めに飲んで家事をやる事もあります。
そうしないといけないような気がするし、家族からの目が怖いので
無理してやっている方が、精神的には楽だったりします。

こんな状態が2年。まさか自分が2年も働けないなんて思っていなかったので、
病気は辛いながらも「そのうちまた仕事も出来るし働けるだろう」と思っていたのですが
さすがに最近、今のままの同じ自分の生活、同じ家族との生活では、
病状は悪くなっていってもよくなることはないだろうと途方に暮れるようになりました。

病院やカウンセリングには通っていて、
自分が今出来る、うつ病をよくするための一般的な事はしていますが、
家族からの理解が得られないのが、治らない、よくならない原因なんじゃないかと
その思いばかりに支配させるようになりました。

そして自分の理想とするような、「病気を理解してくれて支えてくれる家族」
になって欲しいと思っていても正直、今の家族では無理だと思っています。

無理だと思いつつ、家族の理解が得られないから「治らないんだ」と思ってしまう矛盾。

この自分の理想と現実のギャップを、どうやったら諦めるなり悟る(?)なりして
楽にする事ができますか?

そして、うつ病に家族の理解は重要と一般的には言われますが、
実際、家族から自分が満足できるような理解を得らている人はいるんでしょうか?

体験談でもかまいませんので、回答おまちしております。

投稿日時 - 2014-11-09 22:12:35

QNo.8819597

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

うつ病で十年以上病んで、現在は寛解している者です。

私の場合は家族の理解があるようでなかったですね。

周囲の理解は無いよりはあったほうがいいですが、治療の過程のメインではないと思っています。
治っていくには、ご本人の認知のゆがみが矯正されると同時に脳内物質の分泌が正常に行われることが不可欠なので、治るのもこじらせるのも本人次第です。
批判されたり攻撃されたりが頻繁にあるということでしたら、治療の障害になるともいえますが、「あなたそろそろ動き出しなさいよ」と背中を押されることは、行動力がどうしても落ちてしまううつの人には、無理にでも行動するきっかけになり、かえって良い場合もあると思います。
受け止め方は人によって違うので、それが症状を悪くさせることもあり得ますが。

経験上感じていることですが、一過性のうつの人は数か月休養して寛解していくのに対し、慢性のうつの人はどれだけ休息しても思うようによくならないようです。
私の場合は2回休職しましたが、それ以上おそらく休んでも治らないと思い、その後は薬を飲みながら仕事を続けました。デスクに座っているのがやっとの状態のときもありましたね。
職場では陰で「迷惑だ、やめろ」というようなことを言われ、一時職場での人間関係は最悪でした。
でも私が働かなかったら扶養家族が路頭に迷ってしまうのでやめるわけにはいきませんでしたよ。医師にも、石にかじりついても働けと発破をかけられましたし。(その対応がいいとは思っていませんが、私には偶然プラスに働いたのでしょう)

夫は専業主夫でしたが、「自分が働くからあなたは仕事を辞めて休みなさい」なんてことは言ってくれませんでしたよ。「住宅ローンはどうするんだ」って言われました。
もしこの時仕事を辞めてしまっていたら、今でもうつが良くなっていなかったかもしれません。

結局病気を治すのは自分なんです。家族も医師もアドバイスや手助けしてはくれますが、誰かが治してくれるわけでもあなたの人生に責任を持ってくれるわけでもないですし。私はとにかく、自分が治るためにいろいろ勉強しました。精神療法に運動に、自分に合った薬を探しました。
自分で一歩を踏み出さなければですよ。良くなった人は、おそらく手当たり次第にもがいているうちに方向を見つけられた人たちです。自分を救えるのは自分なんですね。

投稿日時 - 2014-11-10 14:05:52

お礼

認知のゆがみは自分でも感じていて、認知行動療法も行いましたが思うような結果は出ず、
諦めてやめてしまった経験があります。
運動も改善方法として取り入れていて、出来る限りの範囲ですがやっています。
病院の先生は基本的に症状を聞いて薬を処方してくれるだけで終わってしまいますが、
カウンセラーからは、その都度改善につながる可能性のある方法を提案されているので、
色々試してみたり、現在進行形だったり、おそらく私はもがいている最中なんだと思います。
>一過性のうつの人は数か月休養して寛解していくのに対し、慢性のうつの人はどれだけ休息しても思うようによくならないようです。

私もそれは感じます。長期間休んでいても症状が増え、薬の量はどんどん増えていくばかりで、改善のきざしは全く感じられません。病院も一度変えましたが、同じような処方と同じような対応で、結果今の状態に至ります。

>「あなたそろそろ動き出しなさいよ」と背中を押されることは、行動力がどうしても落ちてしまううつの人には、無理にでも行動するきっかけになり、かえって良い場合もあると思います。

家族の理解が得られていると感じた上で上記のような背中を押されたら、私もよいきっかけになると思うんですが、普段から『迷惑はかけないで』と言う家族からの対応を感じてしまっている中で「動き出しなさい(仕事しなさい)」と言われても、今の私にはどうしても「理解してくれようともしないで」と言う反発心しか生まれないんです。
私は年齢だけ大人で、心がとても未熟な子供なんでしょうか・・・?

自分を救えるのは自分。そうですね、それを頭でわかっていて心がわかっていないから、
毎日もがいて苦しんでいるんですね。
私にも方向が見つけられる日が来たらいいなと思います。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-11-10 22:40:20

本当に家族の理解は難しいですね・・
以前の自分を見ている様です・・
でも、治療費や携帯代等はご自分で支払われれているのは
凄いですよ。それだけでも、十分だと思うのですがね・・

自分の場合、うつで10年以上になり、今は治りがけですが・・
自分も長年、家にいてずっと家事などを自分がやってきました。
質問者さんと同じで、自分も家族の目が気になっていたし、しないと
家に居れないと思っていたので、病気当初から重くてきつい体を引き
ずって、一番出来なくなる料理や後片づけ等も泣きながやっていました・・


自分でも、病気当初から家族の病気に対する理解と、協力があれば早く
良くなることは感じていました。だから、色々と理解してくれるよう、協力を
お願いしていたのですが、無理でしたね・・
病気当初の頃から、自分も家族の理解は無理だと感じたので、何度か言った
あとは自分で色々と動いてきました。ある時は、当時入っていた宗教に歩いて
往復3時間位を4年間位したり、良いと言われることはゴミ拾いでもやっていま
した。
自分は強い自殺願望に憑りつかれていたので、とにかくそれを良くしたくて・・
治りたい治りたいの一心で、良いと言われる事は、何でも試してきました。
また自分は薬を飲みたくなかったので、とにかく他の方法で・・と色々とやって
きました。

でも、あるきっかけで病院へ行く様になり、薬を飲み始めたんですが手遅れ
状態で、主治医の先生にも「治りません」と言われる位、悪かったです。
またその頃から、家事をしようとしても家族の前で倒れる様になり、ようやく
家族もこれは・・と危機感を感じ、ようやく変わってきました。
病院でも治らないと言われていたのですが、母がある治療法を見つけてきて、
その治療法と家族の協力で奇跡的に治ってきました。
当時、ストレスや薬の影響で体重が20キロ近く太っていたのですが、その
治療法で体重も減り、状態が良くなってきたので、薬も減らせてきて、今も
減薬中です。

自分が回復に向かったのは、やはりその家族が変わってきてからです。
それまでは、家族の輪の中にも入れず、父とも話をしていず、無視された
ような状態でした。
日曜日も何時も一人で過ごしていました。
それでも、長年ずっと家事をして頑張っていました。
相当に状態的には悪かったのですが、自分が頑張っていたから、家族も自分に
病気の事は任せていたんだと思います。とにかく、一人で色々と治療法を試したり
治療院へも一人でほぼ行っていたので・・
でもそれが出来なくなってきて、ようやく家族が協力してくれるようになりました。

うつになって10年以上して、やっと家族に理解や協力をしてもらえるように
なってきて、それで病気が回復に向かってきました。
本当に良いと言われることは自分はやってきていたんですが、やはり一番は家族の
理解はとても大きいと思いました。実感もしています。
家族の理解等が得られていなかった為、やはり精神的に気が休まらずに家でも常
に緊張状態だった為に、何をやっても長年治らなかったんだと思います。
交感神経優位の状態だった為・・。それでは、中々治らないですね・・
家族の理解は本当に大切だと改めて感じました。


でも、それを得有られるのは、本当に難しいです・・うつを患った方の最大の悩み
と言っても良いのではないかと思います。
自分も色々とこのサイトでも見るのですが、家族と離れるのも良い事だと自分は
思います。自分の為に・・
やはり家に居れば、家族に期待もしてしまうし、でも思ったようなことはされない
し・・で苦しむ・・
一緒に住んでいる家族が、かなりストレスになっている状態だと思います。
出来れば、家を出て一人暮らしが出来れば良いんですがね・・
きつい事だと思うのですが、一人暮らしをし出して治った方というのも、このサイト
で何人か見ました。
自分も、それは良い事だとは思います。やはり家族の理解は本当に難しいので・・


あとは、自分が経験して今感じているのが、うつになった当初、とにかく眠たかっ
たというのがありました。食べなくてもいいから、寝ていたかった。
それをしていれば、早くに治っていたと思います。それは本当に思います。
でも、家族の目を気にしてしまい、病気を治そう治そう・・と頑張ってしまったのが
悪かった、長引かせたと思います。
もし、質問者さんが眠れれば、自分が家に居て治る方法と思うのが、とにかくそれ
が治る方法だと思い、寝たいだけ寝て欲しいです・・
とにかく、うつは心身ともに疲れている状態だと思うので、それが出来るのであれば
(眠れるのであれば・・)家族は気にせず寝た方が良いと思います。
自分も当時を振り返ると、多分1年位は寝ていたと思います。それ位、疲れていま
した。
その様子を見れば、家族も無理は言えないと思います。

あとは、主治医の先生から、両親に質問者さんの状態を色々と話してもらうとか・・
やはり、家事などをするのは無理があると思うので・・医者から質問者さんの状態
や、無理をしない様に言って貰うとか・・
あとは、祖母や祖父等のことろへ一時避難するとか・・


家族のこの病気への理解は、本当に難しく、長年一番自分も苦しかった事なので、
最前の方法が何かあれば・・と思うのですが、家族の理解というのは、自分は自分
で色々と出来なくなってからでした・・
ただ自分が言えることは、諦めなければ、頑張って生きていれば、良くなりたいと
思っていれば、必ず何時か道は開けると思います。

投稿日時 - 2014-11-10 14:03:26

お礼

同じような体験をされて、今の自分を十分だと言ってくださる方がいるだけで
こんなダメダメな私でも、少し救われたような気がします。
回答者様が倒れるまで頑張ってこられた事、本当に辛かったとお察しします。
私もうつ病初期は、眠れる時間があればひたすら寝ていました。
家事以外の時間、20時間寝ていた時期もありましたが、今はまたその頃とは症状も変化し、
寝付けないし、朝方覚醒してしまうようになり、夢見も悪夢ばかり見るので寝るのさえ怖くなっています。
自分なりに辛い状態が続きすぎて、もう私には「家族の理解」くらいしか、
期待できるものも無いと思っているのに、その理解が得られないという
悪循環のスパイラルにはまっているんだと思います。
一人暮らしもずっと考えはしていますが、収入が無い中、初期費用や賃貸費用、その他生活費まで自分一人で賄える蓄えも自身もありません。
回答者様が回復される方法を見つけられたように、私にも回復への道が開けるとよいと思います。
辛いご経験からアドバイスまで、ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-11-10 22:14:12

ANo.2

このような質問を見かけると、いつも「なぜ?」と思ってしまいます。

病気なんてなった者でしか判らないし、私もうつ病経験者ですけど、あなたとは症状が違ったりして、むしろ理解できたらおかしいんですよね。

ある意味、誰かに理解して欲しいという依頼心が回復を遅らせてる部分はあるのではないでしょうか?

私がうつ病やパニック障害になった事は家族も会社も知りません。克服した今も知らないでしょう。伝えようともしませんでした。

理解されて、協力してもらい、一緒に闘っていくのは理想かもしれません。

でも、そもそも理想と現実の間で悩んだからうつ病になったんではないでしょうか?あくまでも個人的な意見ですけど、そういうところから抜け出せば良くなるように思います。

投稿日時 - 2014-11-10 11:56:20

お礼

今、自分がある程度気持ちが普通と言うか、前向きな気持ちを持って生活していたら、
私もおそらく「家族の理解が得られない」と言う人の気持ちには寄り添えず
「仕方ないよ、家族だって別の人間なんだから」と言ってしまうかもしれません。
弱っているからこそ、このような悩みを抱える人間がいる事をご理解ください。
依頼心を捨てることや、理想と現実を受け入れる事をできたら・・・
そうですね、おそらく私は病気を悪化させる事もなかったし、そもそも病気になんて
ならなかったかもしれません。
回答者様のおっしゃる事は、私にとっての理想です。そしてその理想と現実の間から
抜け出せないので今の状況があります。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-11-10 21:59:57

ANo.1

私も質問者様と同じ30代で、以前鬱病でした。
今は毎日子育てに奮闘しています。
私は大学卒業からずっと1人暮らしでしたので、鬱病になったときも1人で暮らしていました。
私の両親や姉も、当時は鬱病に対する理解が乏しい人たちでした。
しかしそれに憤りを感じることはあっても、頼ることはしませんでした。
頼っても私が期待する対応が返ってこなかった時、すごく傷つくのが分かっていましたから。
今はそれが逆によかったのかなと思います。
私もあの時実家に住んでいたら、質問者様の今と同じだったと思います。
身内といえど、自分の思うような対応が返ってくるとはかぎりませんよね。
でも期待してしまうから辛い。
しかし、いくらギャップを感じてもこれが現実なんだと思います。
受け入れていくしかないんだと思います。

質問者様が回復されることを願っています。

投稿日時 - 2014-11-10 02:38:57

お礼

私も一人暮らしだとすれば今のように、家族への期待や落胆の感情が
今とはかなり違っていたと思いますが、実際同居して近くにいるので期待や頼る気持ちを完全に振り切る事がとても困難な事をご理解ください。
ギャップを受け入れる、現実を受け入れる、そうなりたいと日々思っていますが
なかなか思うようにはいきません。自分なりの方法をもっと模索してみます。
同じうつ病体験の方のご意見に感謝します。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-11-10 21:48:12

あなたにオススメの質問