こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

死刑の意義とは

日本人は圧倒的で根強い死刑支持がありますが、死刑の最大の意義とはどのように考えますか?

(1) 司法による代理復讐・・・・目には目の延長線で 命には命を という考えに基づくもの。しかし、それだと、目には目がどうして認めらないのか説明に困りますが。

(2) 社会からの抹殺・・・・会社や役所などでの懲戒免職の延長線で、余りにも大きな過ちを犯したり、更生の見込みのない者は社会から去ってもらうという考え方に基づくもの。永久停職が意味のないように 終身刑もナンセンスである。
社会秩序の維持とか 死刑囚の経費とかの問題も これに含まれる。

(3) 体制維持・・・・ 死刑自体の賛否論と言うより、すでに定着したものを変えるのは好ましくないという考え。例えば、車の左側通行、6,3,3の教育システムのように、変更することによって大きな混乱が起きるので わざわざ 長年続いて来たものを変えない方がいいという考え。

(4) 魔女狩り・・・・ 殺人でも死刑になるのは ごく一部であり、凶悪な殺人者を厳選して 国民のガス抜きにしようとするもの。 民主党が与党の時には死刑の執行が一度も行われず、国民のガスがたまり、自民党が再び与党になり、谷垣大臣が死刑執行を出した時は 喝采の声があがりました。

(5)抑止効果・・・・ 死刑は最高刑であり、殺人などの重大な犯罪を抑止しようとするもの。 しかし、日本でも自殺者の異常な多さや、 宅間守や加藤智大みたいに死刑制度を愚弄する外道のことを考えると 反対とまではいかなくとも 疑問視する声もあがっていますが。

(6) 仕出かした罪悪に対する相応の罰・・・・・ただ、死刑の必然性を裏付けるには弱い気もしますが。

(7) その他

(8) 死刑反対

投稿日時 - 2014-11-09 09:55:41

QNo.8818808

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

死刑制度が存在する最大の理由は、そもそもは、国家による刑務負担の軽減を目指した国家都合の制度だと私は思います。有期刑に処した場合にはその刑期においての犯罪者の生活費負担を国家が保障しなければなりませんし数多くの刑務所を用意しなければなりませんが、死刑制度をもうけておけば、犯罪者を抹殺することで、その国家負担をなくすことが可能です。戦前のような君主国であった頃には都合よい制度だったのですが民主化され国民主権となるとその国家負担の軽減が機能しなくなります。冤罪問題のからみや、裁判期間の長期化、法務大臣の死刑執行拒否などの理由で死刑囚を抹殺できないことや、死刑囚は禁固刑なので一切の生産活動に当たらないことが生かしておくための税金投与につながり、死刑制度が必ずしも国家負担の軽減にはならなくなりましたが本来の存在理由は国家負担の軽減だと思います。質問者さんがあげた何点かの設問は死刑制度存在の理由にはあたりません。その理由を簡単に述べます。
(1)司法による代理復讐
罪は予め規定された刑にあてはめるために裁定をする機関が司法です。これを罪刑法定主義といいます。日本においては、その最高刑が死刑であるということです。必ずしも刑が罪に対して等価ではありません。殺人を犯しても死刑とは限りませんし右腕を失ったからと加害者の右腕を奪うものでもありません。司法はその裁定者ですから復讐の手助けなどはしません。仇討ちは明治以降、禁止行為です。仇討ちは子孫代々に続き復讐の連鎖を引き出しかねないため、治安抑制になりません。復讐目的で死刑は存在してもいないし司法も存在していません。復讐のために死刑の存在理由を認めるのは危険です。

(2)社会からの抹殺

更正の見込みのないものは社会から去ってもらうというのは村八分的な無責任な考えです。ではそのような人物を産み出した社会に全く問題がないのでしょうか?犯罪は環境に由来します。監視のゆきとどいた清潔な街では犯罪はしにくいでしょう?スラム街のような落書きだらけで汚れた街は犯罪しやすいでしょう?犯罪は個人責任だけに終わらせるべきではなく社会の連帯責任なのです。その観点から言えば抹殺しておしまいは無責任であり更正の道を探ることが将来的に犯罪抑止力につながります。

(3)体制維持

日本においては、死刑制度存置が圧倒的なのですが、世界的にみれば死刑制度廃止国が圧倒的多数であり体制からいえば世界の潮流は死刑廃止です。日本国民が死刑制度存置を支持する理由のひとつに被害者感情の緩和があります。日本人の論拠は感情的なものでマスコミ誘導的なものである側面も否めません

(4)魔女狩り

(2)と同様。村八分的な差別思想を誘発しかねない。罪を憎んで人を憎まずが本来なら、魔女扱いはいかがなものでしょうか?

(5)抑止効果

死刑の犯罪抑止力は疑問です。刑罰には抑止力は認めますが死刑単独につまり、「殺されてしまうから、人を殺すのはやめよう」という効果がどれほど存在するのかあきらかではありません。逆に死刑制度が犯罪促進力になっている側面もあります。刑務所に入りたい、死刑になりたいからという理由での自殺願望者の犯罪や、既に数人殺してしまった犯罪者が死刑になるなら、何人殺しても同じとさらなる犯罪をすることもあります。この場合、必ずしも死なないと法定されていたら殺人をおかすでしょうか?

(6)相応の罪

(1)にもあげましたが右腕を失ったからといって加害者の右腕は奪えないように
または、殺人事件を犯したからといって必ずしも死刑とは限らないということからして相応が死刑という解釈も不適当だと思います。あくまでも日本の最高刑が死刑であるということで殺人=死刑ではありません。

投稿日時 - 2014-11-09 10:56:28

お礼

回答ありがとうございます。

>犯罪は個人責任だけに終わらせるべきではなく社会の連帯責任なのです。
ここをご回答のキーフレーズにさせていただきます。
そうなんですよね。日本人は他人の過ちは厳しく咎めるけど、自分の落ち度は棚上げする傾向が強いですからね。

投稿日時 - 2014-11-09 11:02:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

(1) 司法による代理復讐・・・・目には目の延長線で 命には命を という考えに基づくもの。
しかし、それだと、目には目がどうして認めらないのか説明に困りますが。
 ↑
刑法の存在意義には、復讐という概念が入っております。
ただ、それは、現代では目には目をというような同害報復ではない
というだけです。


(2) 社会からの抹殺・・・・会社や役所などでの懲戒免職の延長線で、
 余りにも大きな過ちを犯したり、更生の見込みのない者は社会から去って
 もらうという考え方に基づくもの。永久停職が意味のないように
 終身刑もナンセンスである。
社会秩序の維持とか 死刑囚の経費とかの問題も これに含まれる。
      ↑
社会からの隔離というころなら終身刑で代用可能だと
思いますが。


(3) 体制維持・・・・ 死刑自体の賛否論と言うより、すでに定着したものを
 変えるのは好ましくないという考え。例えば、車の左側通行、6,3,3の
 教育システムのように、変更することによって大きな混乱が起きるので
 わざわざ 長年続いて来たものを変えない方がいいという考え。
      ↑
永年続けたものを変えない方がよい、というのはどうでしょう。
それだけでは死刑存続の意義としては弱いのではないですか。
633制だって近年変更が主張されています。


(4) 魔女狩り・・・・ 殺人でも死刑になるのは ごく一部であり、
 凶悪な殺人者を厳選して 国民のガス抜きにしようとするもの。
 民主党が与党の時には死刑の執行が一度も行われず、国民のガスがたまり、
 自民党が再び与党になり、谷垣大臣が死刑執行を出した時は 喝采の声があがりました。
      ↑
ガス抜き効果はあるでしょうね。
ただ、民主党政権下でも死刑は実施されましたよ。
民主党千葉景子氏は二人の死刑を命令し実行されています。


(5)抑止効果・・・・ 死刑は最高刑であり、殺人などの重大な犯罪を抑止しようとするもの。
 しかし、日本でも自殺者の異常な多さや、 宅間守や加藤智大みたいに
 死刑制度を愚弄する外道のことを考えると 反対とまではいかなくとも
  疑問視する声もあがっていますが。
      ↑
ワタシは、これが一番の理由だと思っています。
・自殺の多さと死刑は関係無いのでは?
・死刑になりたいから、なんてことになるのは、死刑方法が手ぬるい
 からです。
 そんな気持ちにならないほど過酷な刑にすればよいだけの話。
・英国、フランスなど死刑を廃止した国では殺人が激増しています。
 10万あたりの殺人の件数ですが。
・英国では 0,73件 → 1、11件
・フランス 2,68 →  4,72
・カナダについては、アムネステイインターナショナルは、
 3,09 → 2,4 と減少したと発表しました。
 しかし、これは 警官殺人と一般殺人を比較したもので
 しかも、わざと時期を変えています。
 時期を同じにして一般殺人と一般殺人をを比較すれば 
 1,25 → 3,03
 とやはり激増しております。
 尚、あの池上彰氏も、この数字に瞞されており、
 死刑を廃止すると殺人が減るとしています。



(6) 仕出かした罪悪に対する相応の罰・・・・・ただ、
 死刑の必然性を裏付けるには弱い気もしますが。
     ↑
そうでしょうか。
方や罪も無いのにむごたらしく殺されているのに、
そして、その家族を地獄に堕としているのに、殺した方は
医衣食住つきで天寿を全うすることを国家が保障する
なんて不公平が許されてよいのでしょうか。


(7) その他
   ↑
人権を忘れていませんか。
死刑反対派の最大の論点です。


(8) 死刑反対
    ↑
厳罰が効果的であることが判明している犯罪は、
過失犯、知能犯、計画犯などです。
この点から言えば、オレオレ詐欺などは死刑にすれば
激減するでしょう。
賄賂もです。
賄賂が蔓延していた英国では、キーラー嬢事件をきっかけに
厳罰に移行したところ、激減しました。

投稿日時 - 2014-11-09 10:38:27

お礼

回答ありがとうございます。

>ただ、それは、現代では目には目をというような同害報復ではない
というだけです。
同害報復でないとすれば、必ずも死刑の必然性を裏付けるには弱い気もしますが。

>社会からの隔離というころなら終身刑で代用可能だと
思いますが。
コストと確実性を問題視する人もおります。でも、コストなんてそんなに変わらないし、脱獄の可能性だって
杞憂にすぎないと思いますけどね。

>633制だって近年変更が主張されています。
私は 543制があってもいいと思います。つまり、どれか一つに統一するのではなく、違うシステムの併存を認めるのです。でも、日本人は画一化が好きなので難しいとは思いますが。

>死刑反対派の最大の論点です。
いや、ここでは死刑賛成派の見方をメインに考えています。

投稿日時 - 2014-11-09 10:50:23

ANo.1

(2) 社会からの抹殺・・・70%

(1) 司法による代理復讐・・・20%

(5)抑止効果・・・10%

前述の比率程度の意味合いだと思います。

主には社会のルール・秩序を犯し許されざる罪に伴う罰です。人間社会からの退場です。
遺族感情も非常に理解できます。

日本になぜ無期懲役がないのか不思議です。
無期懲役はあったほうがよいと思います。

話しが飛びますが、
この世の中から戦争を無くすには人間は全体性として「赦す(許す)」ことを受け入れなければならないと思います・・・これができないから戦争がなくならないのでしょう。
また、人類から飢餓を無くすことができればだいぶ争いは減ると思います。

投稿日時 - 2014-11-09 10:20:19

お礼

回答ありがとうございます。

よく、分析されていますね。

投稿日時 - 2014-11-09 10:39:04

あなたにオススメの質問