こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ウクライナ問題について

ウクライナ問題について自分なりにざっくりまとめてみました。

1)
間違いや、肝心な部分で抜けがあったら指摘お願いします。
2)
ロシアがウクライナに進軍してからのことがイマイチよくわかりません。
進軍~現在の状況はどうなっているんでしょうか?

-----
ウクライナの真ん中には東西を二分するように川があり、
それを隔てて西側は親EU派、
東側は親ロシア派となっている。
比率は4:6。

長らく親ロシア政権だったものの、2004年アメリカの干渉の元 親EU派の政権が発足。

ウクライナのEU加盟はEUにとってメリットがあった。
・鉄鉱石や石炭などの資源が豊富な資源を関税なく手に入れられる
・軍事大国であるロシアを封じ込めるのに有利な土地

そのためEUはウクライナに資金援助をし歩み寄りを図るが、EU加盟の条件(財政赤字が対GDP比3%以下)をウクライナがクリアすることができず難航。

ロシアとしては隣国ウクライナがEUやNATOに加入すると大変な脅威なので、ウクライナのEU加盟を阻止したかった。

そのため親EU政権発足後は、天然ガスの価格をつりあげるなどして圧力をかけた。その後一転してガス価格の引き下げと資金援助を提案。
飴と鞭作戦によりウクライナは2010年 再び親ロシア政権に。
新政権によりEU加盟交渉は打ち切られた。

しかし親EU派からの不満の声が高まり、大規模なデモに発展。
親ロシア政権は制圧されトップは亡命。
これにより2014年 親EU暫定政権が発足した。

これに目をつけたのがアメリカ。
ロシアとウクライナを引き離す=ロシアからEUへの天然ガスの供給がストップ(ウクライナのパイプラインを使っているため)=自国のガスを売るチャンス
と考え、暫定新政権を正式に認めるようEUに圧力をかけた。

親EUウクライナ政府軍は、東側へ進軍。

ロシアはウクライナに住むロシア系住民の保護や、不法クーデターに対する治安維持を理由にウクライナに軍事介入。

ロシアはまずはじめにクリミア半島に軍を派遣。
黒海に面したこの港は軍事的に非常に大事な土地であったこと、
また住民の多数をロシア系が占めるクリミア半島自身から援助を求める要請があったためだった。

クリミア自治共和国で親ロシア派の新首相が誕生、独立宣言を行った。
それに続き、東部の都市も続々と独立宣言を行った。

資源や地政学的にも東側地域は価値があり、西側はチェルノブイリなど負の遺産をかかえていたことなどから、ウクライナ政府軍は東側の独立に強く反発。攻撃を強めた。

ウクライナ政府軍は政変に対抗する東側市民を「テロリスト」とし、攻撃を正当化した。
アメリカはこれを支持。
ロシアはウクライナ軍と交戦。

アメリカとEUはロシアへ経済制裁。
しかしロシアからも負けじと経済制裁が行われた。

国内の混乱は未だ収束していない。

投稿日時 - 2014-11-07 22:48:32

QNo.8817358

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

東ウクライナの近況については下記に詳しく議論されています。ドイツの Spiegel の記事 (英語版) です。
http://www.spiegel.de/international/europe/votes-do-little-to-clarify-status-of-ukrainian-breakaway-regions-a-1001128.html
ウクライナ情勢については Spiegel に注目です。

ロシアの立場:ミンスク議定書 (Minsk Protocol) を守らないとロシアへの経済制裁が解けません。しかしロシアとしては新ロシア派に対して公にミンスク議定書を守れとは言いにくい (公に言えばロシアは Kiev に味方したことになります)。ロシアは口では応援していても、内実は新ロシア派とは少し距離を置いています。

新ロシア派の状況:新ロシア派は空港を攻めたりしていますが、経済をまとめるリーダーがおらず、人々の生活は追いつめられています。Kiev からお金が来ないために公務員(教員など)には給与が支払われず、多くの企業は休業状態、電気ガス水道が来なかったり、石炭は値上がり。じり貧状態ということですね。内部抗争も起きたりしています。この冬あたりに瓦解するのではないかと噂されています。

投稿日時 - 2014-11-08 15:59:52

お礼

それぞれの立場で説明していただいて分かり易かったです!
ミンスク議定書は正常化への第一歩ですね。

投稿日時 - 2014-11-15 23:48:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

そんな感じでよいかなーと思います。

自分なりにやくざ組織に例え+国際情勢をざっくりまとめてみました。

なんちゃって米英ユダ組長は若頭の日独や若頭補佐のサウジやトルコ などと
舎弟のアフリカ・南米諸国に「てめーら、露中組に寝返るんじゃねーぞー、
証文交わしただろう、 裏切ったら分かってるだろーな」と言ったところで
デリバティブ紙 くずや国債紙くずの約束証文なんか意味ねーだろーと部下
は思っている 事も知っている組長は時々地震津波兵器を使って脅し、イワシ
も打ち上げられる訳である。

更に異母兄弟の仏まで寝返りそうだと旅客機に除雪車突っ込ませ マレー機
と同様、「何やってんだー」ととぼけるのである。

儲けだした印は昔からユダ組長に虐められ露中組に入り、ブラも 脅されな
がらもユダ組からうまく逃げ露中組に入り露中組は着々 という感じである。

所詮 米は実態経済で中さんに差を拡げられ、PCでデリバティブに0を増やす
ぐらいで後はアメロ切り替えの金融恐慌詐欺をする事しかないのである。

https://www.youtube.com/watch?v=CRUpM2kM8us ルガンスク市民にクラスター爆弾

https://www.youtube.com/watch?v=67RKxlyeRFk (観覧注意)

解説 http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_26/279211691/

>ロシアがウクライナに進軍してからのことが

やはりキチガイゆだ連中に手の内を、という事も考えられますが
現在は散発状態ではないかと思います。

日本で報道されないトルコの大津波もあります。

投稿日時 - 2014-11-09 05:17:55

お礼

結局いつも揉め事の奥には大国の存在がありますよね。。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-11-16 00:10:11

ANo.1

 そもそも、約束を破ったのは、西側(EU(EC))ですけど・・

 ロシアとEUとの約束で、EUの加盟国をロシア方向に進めないとい、協定があるんだがそれを西側が破ったのが原因ですは

投稿日時 - 2014-11-07 23:15:22

お礼

そうなんですか…大国同士の陣取り合戦ですね。。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-11-16 00:12:57

あなたにオススメの質問