こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

Windows8.1のDSP版と通常版の違い

MacのBootcampにインストールするため、Windows8.1を購入したいと思っています。

Windows7など、旧OSからのアップデートではなく、Windows8を新規インストールします。

Amazonで検索し、(1)か(2)の購入を検討しています。

(1)Microsoft Windows 8.1 (DSP版) 64bit 日本語 Windows8.1アップデート適用済み マイクロソフト(DSP) http://www.amazon.co.jp/dp/B00FKRJ8JM/ref=cm_sw_r_udp_awd_pI-vub08QW3S4

(2)Microsoft Windows 8.1 最新版 [Windows 8.1 Update 適用済みパッケージ] マイクロソフト http://www.amazon.co.jp/dp/B00JP54E9O/ref=cm_sw_r_udp_awd_kG-vub1BAQ2H5


(1)は箱にDSP版(新規インストール版)と書いてあるので、新規インストール用とわかります。

(2)は箱に通常版と書いてありますが、通常版の意味が分からないので、(1)と何が違うのかがわかりません。

(2)でも、旧OSからのアップデートではなく、新規インストールができるのでしょうか?

もし、新規インストールができるのなら、(1)と何が違うのでしょうか?

どうか教えていただきたく、お願いいたします。

投稿日時 - 2014-11-04 06:54:49

QNo.8813254

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

>1台のPCにしかインストールできない場合、PCが壊れた時などインストール先の変更が可能かどうか(最初にインストールしたPC以外はインストールできないなどの制約がないか)?

パッケージ版、DSP版ともにライセンス1つにつきPC1台にのみ1つインストールできます。
別のPCにインストールするときには削除すればいいです。

投稿日時 - 2014-11-04 21:14:56

お礼

ご回答ありがとうございました。

勉強になりました。

投稿日時 - 2014-12-15 21:22:30

ANo.7

DSP版については
http://www.microsoft.com/ja-jp/atlife/tips/windows/windows8/017/default.aspx

通常版は、64bit/32bitが同封されている
MSの電話サポートあり
通常版とDSP版ともに新規インストールは可
DSP版でもアップグレードは出来たはずですですが、一部不可ってサイトあります

OSは、1台1ライセンスです。デュアルブートは、2ライセンス必用です。
仮想PCも同様にライセンスが必用です(仮想PCのインストールライセンスを含んでいる例外はあります。)

投稿日時 - 2014-11-04 20:55:03

お礼

ご回答ありがとうございました。

勉強になりました。

投稿日時 - 2014-12-15 21:22:04

ANo.6

1.販売とサポートについて
  DSP版は販売会社が販売しサポートも行います。マイクロソフトは直接サポートしません。
  通常版はマイクロソフトが販売し、サポートも自身で行います。
2.インストールについて
  両製品にはインストールに関する違いはありません。
  両製品共新規インストール可能製品です。インストールは何回も何台でも可能ですが、認証は常に1台のみにしかされません。
  HDDの故障等で同じPCに再インストールした場合には大半が自動で認証されますが、ハードウェア構成が変わった等で電話による認証を必要とする場合もあります。ライセンス上の違反がなければマイクロソフトは電話でも問題なく認証してくれます。

投稿日時 - 2014-11-04 14:56:20

お礼

ご回答ありがとうございました。

勉強になりました。

投稿日時 - 2014-11-04 19:59:55

ANo.5

>何台のPCにインストールできるか?
DSP版はインストールできるのは1台のみです。
パッケージ版は32bit・64bitのいずれかを1台のみです。

>1台のPCにしかインストールできない場合、PCが壊れた時などインストール先の変更が可能かどうか(最初にインストールしたPC以外はインストールできないなどの制約がないか)?
その制約はありません。
新しいPCへインストールする場合は旧PCからOSを削除するなどして新たにオンラインなどで認証を取ればOKです。

投稿日時 - 2014-11-04 09:28:45

お礼

ご回答ありがとうございました。

勉強になりました。

投稿日時 - 2014-11-04 19:59:18

ANo.4

(2)のほうが安価な分だけお得です。
OS内容、インストールの方法、ライセンスの適用は(1)(2)とも同じです。
---
ただし、DSP版は「PCボンバー」の企画した商品である、という扱いです。

投稿日時 - 2014-11-04 08:15:38

お礼

ご回答ありがとうございました。

勉強になりました。

投稿日時 - 2014-11-04 19:58:38

ANo.3

>(1)は箱にDSP版(新規インストール版)と書いてあるので、新規インストール用とわかります。
>(2)は箱に通常版と書いてありますが、通常版の意味が分からないので、(1)と何が違うのかがわかりません。
通常版とDSP版の違いは販売方法のみです。
DSP版はOEMと同等でサポートの責任がMicrosoftではなく販売店になります。
また、通常版は32bit版と64bit版のインストールディスクを同梱していますがDSP版は何方か片方を購入時に選ぶことになっています。

>もし、新規インストールができるのなら、(1)と何が違うのでしょうか?
一般的には通常版の方が高めです。
提示のサイトは(2)の方が安いのでいわく有の商品かと思います。

投稿日時 - 2014-11-04 08:05:07

お礼

ご回答ありがとうございました。

勉強になりました。

投稿日時 - 2014-11-04 19:57:51

ANo.2

(1)
・OEM製品販売代理店経由での販売
・32ビット版と64ビット版が別々の製品
・サポートなし
(2)
・Microsoftが販売
・32ビット版と64ビット版が同梱(使えるのはどちらか一方)
・サポートあり

またDSP版のパーツしばりはWindows8からはなくなっています。

投稿日時 - 2014-11-04 07:17:38

補足

早速、ご回答ありがとうございます。

DSP版と通常版の下記についての違いも教えていただければありがたいです。

何台のPCにインストールできるか?

1台のPCにしかインストールできない場合、PCが壊れた時などインストール先の変更が可能かどうか(最初にインストールしたPC以外はインストールできないなどの制約がないか)?

投稿日時 - 2014-11-04 07:59:21

お礼

ご回答ありがとうございました。

勉強になりました。

投稿日時 - 2014-11-04 19:57:13

通常版
 普通にインストール。
 難しいこと考えなくていい。

DSP版
 適当にパーツ取り付けてインストール。
 パーツ付けなきゃ行けないリスクがある代わりに値段が安いし何度でもインスコ可能。

投稿日時 - 2014-11-04 07:00:05

補足

早速、ご回答ありがとうございます。

何度でもインスコ可能というところについてもう少し教えてください。

DSP版と通常版の下記についての違いを教えてください。

何台のPCにインストールできるか?

1台のPCにしかインストールできない場合、PCが壊れた時などインストール先の変更が可能かどうか(最初にインストールしたPC以外はインストールできないなどの制約がないか)?

投稿日時 - 2014-11-04 07:54:17

お礼

ご回答ありがとうございました。

勉強になりました。

投稿日時 - 2014-11-04 19:56:21