こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

欧米では、農業革命以後、魚食から肉食に変化したそう

欧米は古くから肉食と思っていましたが、欧米で肉食が普及するのは18世紀イギリスに端を発した農業革命以後のことにすぎ無い、ということを聞きました。
それ以前、中世のキリスト教社会では魚を食べることが、宗教的に奨励されていたのだそうです。
教えて頂きたいことは
1.キリスト教は、なぜ、魚食を奨励していたのですか?
2.農業革命以後、.なぜ、魚食から肉食に変化したのですか?

投稿日時 - 2014-11-03 10:22:43

QNo.8812182

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

欧米といっても場所によりけり。海岸から遠いところでは、日本の真夏より暑い夏場など魚の運びようがなしで、獣肉と野菜。

キリスト教が魚食を推奨しているのは、真冬の復活祭(イースタ)の前の40日間だけです。この頃だと、魚が腐らずに内地まで輸送できる、しかも、牛、豚、羊が冬場は痩せている、というので。この40日前の前日がカーニバル(謝肉祭)でこれから40日獣の肉が食べれないので、メチャ食いしよういう催し。そして、40日前の水曜日に教会に行って額に灰で十字を描いてもらい、肉食を断つ儀式。今でもこの期間の金曜日はキリスト教徒は獣肉を食べない習慣で、魚を食べており、ほとんどの肉屋は休業日です。

投稿日時 - 2014-11-03 11:54:53

お礼

早速のご回答ありがとうございました。
復活祭が関係しているのですね。キリスト教では、この前の
<40日獣の肉が食べれない>
のですね。そこで、魚が必要になるのですね。(日本では、仏教により肉食を禁じられていた、と同様ですね)
そして、魚の保存や、獣肉の痩せなども関係しているのですね。

投稿日時 - 2014-11-03 13:12:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

牛と人間は同じものを食べる
魚と人間は同じものを食べない

農業革命とは、生産性の向上であり、余剰農産物≒牛に食べさせるものの拡大です。


1は知らない。
マービンスミスあたりの説明になると、肉は食えないから魚を食えというのが社会通念となった。くらいの話かな。

投稿日時 - 2014-11-03 11:26:26

お礼

早速のご回答ありがとうございました。
<農業革命とは、生産性の向上であり、余剰農産物≒牛に食べさせる>
ですね。その結果、牛の育成が容易になったのですね。
キリスト教は、贅沢をするな、牛を食べるな、ということだったのですね。

投稿日時 - 2014-11-03 12:50:04

あなたにオススメの質問