こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

AFセンサーは縦線、横線、どちらで検出するのか

位相差AFのセンサーはクロスセンサーと一方向のみのいわゆるラインセンサーが搭載されています。クロスセンサーは縦線、横線で検出しますが、問題はラインセンサーです。
通常にカメラを構えた場合(撮影面が横長方向)、縦線(電柱や白樺並木のようなもの)で検出するのか、それとも横線(水平線など)で検出するのかという疑問です。
ニコンのサービスセンターに問い合わせたところ、縦線(電柱や白樺並木のようなもの)を検出する、自然界には縦線が多いからといいました。キャノンのSCは、機種によって縦線のセンサーを搭載のものであったり横線センサーの場合であったりするという、ちょっと訳が分からない答えです。
私の所持するニコンD300はクロスセンサー以外の測距点では、横線にピントが合い、縦線ではピントが合いません。
縦横、いったいどちらなのでしょうか。
アナログ時代のスプリットイメージ式距離計は縦線検出だったのですが、なぜ横線なのか、分からなくなりました。
お分かりの方、ぜひご教示下さい。

投稿日時 - 2014-10-16 22:30:22

QNo.8793015

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

横線検知センサーは、対になる縦のラインセンサーを横に2つ並べて配置し、横方向の位相差を検知します。
縦線検知センサーは、その逆。

スプリットイメージは、カメラを正位置で構えた時、左右のズレが無くなるようにピントリングを回す事で、合焦する仕組みですから、AF センサーでは、横線検知センサーに相当します。

つまり、電柱や白樺並木は、横線検知です。


【位相差検出AF方式でのピント合わせの仕組み】

自分の目の前に「指を1本立てて」遠くを眺めると、指が「2本」に見えます。
コレは、左右の目に「視差」があるからです。
そこから、指に視線を移すと、指は「1本」に、且つ鮮明に見えます。つまり指に「ピント」が合ったと言う事です♪
が、撮影レンズは「単眼」。このままでは、「視差」の原理は活用できません。
そこで、撮影レンズのf2.8付近或いはf5.6付近を通る光束の中から、180度相対角する2組の光束を選択し、人の目のような「視差」を作ります。

位相差検出AFセンサー自体の仕組みは、結像面の後方にAF二次レンズと一対のAFラインセンサーを配置し、像の位相差を検出。
位相差のズレ幅から、後ピン・前ピンの判断と合焦からどれくらい外れているかを演算。この情報をレンズに伝え、レンズに内蔵したROMで駆動量に置き換えてピントを合わせます。

http://web.canon.jp/Camera-muse/tech/report/2011/09/
http://www.nikon.co.jp/profile/technology/rd/core/software/caf/

投稿日時 - 2014-10-17 09:54:02

補足

早速のご回答ありがとうございました。急用で外出しており、拝見するのがこんな時間になってしまいました。失礼の段、お許し下さい。
いくつかの大切な示唆を頂きました。

>>横線検知センサーは、対になる縦のラインセンサーを横に2つ並べて配置し、横方向の位相差を検知します。

一つの測距点が、対になった二つのラインセンサーで構成されているということなんですね。縦横検出の測距点をクロスセンサーというので、タテかヨコかどちらかだけのものをラインセンサーと間違って理解していたようです。
ただ、タテを検出するセンサーを対にした測距点を横線検知というのはちょっと混乱気味です。

私の場合、通常撮影(風景、物取りなど)では、中央のクロスセンターしか使用しません。ステージ撮影や運動会などはAFサーボを使いますが、どの測距点で合焦しているのか、はっきり認識することは少ないので、気にしていませんでした(笑)

タテ線検出とヨコ線検出が逆のようで、このあたりが理解しがたいところです。
また、D300では測距点を垂直線(縦線というよりこのいい方がいいようです)に合わせると合焦せず、水平線(横線ですね)で合焦するので、違和感があります。今回のことで気付いたことです。あいにく他のカメラは手元になく、確認できていません。
よろしければこの辺りのことも、ご教示頂けないでしょうか。
よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2014-10-18 00:05:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

名称から判断すると、確かに混乱しますね。

クロスセンサーは、横線検知センサーと縦線検知センサーを十字に組み込んだモノ。
ラインセンサーは、その並びと直角方向のコントラストを測り、ラインの並びと同じ方向のコントラストは測れません。
この、ラインセンサーを2組にし、位相差を測るのが横線検知センサーと縦線検知センサー。
縦並びのラインセンサーを2組を横に並べると横線検知センサーで、縦線で構成される工作物(電柱等)に対応します。

ちなみに、キヤノンユーザーで、D300のAF 特性は解りかねますので、その点の回答はご容赦願います。

投稿日時 - 2014-10-18 09:20:38

お礼

たびたび、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
縦横の名称(呼称)を含め、もうしばらく調べてみます。

投稿日時 - 2014-10-19 00:50:14

あなたにオススメの質問