こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

鉄道貨物を利用した出荷の事例

工場で使用する原材料(石油、石灰岩、亜鉛等)は、貨物列車の車扱での搬入もありますが、逆に工場からの製品を搬出する際に直接貨物列車で輸送する例は、どのようなのがあるでしょうか。
(石油会社からの石油製品搬出以外で)
・車扱のケースは思い当たりませんが、あるでしょうか?
・コンテナですと、液体化学品用のコンテナ等も見かけますが、具体的に会社と品目は何でしょうか?

投稿日時 - 2014-09-15 15:32:30

QNo.8755480

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

車扱で石油以外だと太平洋セメント藤原工場のセメント、新日鐵住金、JFEスチールのレール、重電メーカーの変圧器、車両工場からの鉄道車両位ですね。

投稿日時 - 2014-09-15 18:54:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

品目での制限は危険物は相当の量と貨物車の構造以外特にないと思いますが、最近は取り扱いの
出来る駅がほとんどなくなったように感じます。

(昔は米・その他の穀類・ビール(今でもあるのかな)・果物(みかん・りんご)・鉱石・セメント・
牛馬豚・工業製品など色々あったように考えます。)

それぞれに適した貨物車があったのですが、高速化への時代の要求と耐用年数の関係からそれらは
石油コンビナートのタンク車を除けばコンテナ車の残余のみに近い状態ですね。


しかしながら、積み替えの手間や所要日数・便数が自動車運送の単価と比べるとなかなかペイしない
所から、まして側線の新設なんていまは考えられませんね。

投稿日時 - 2014-09-15 16:26:42

ビールとか。
国鉄時代ほどじゃないけど、キリンビールは昔から鉄道会社のお得意様だったはず。主力はトラック輸送に移行したが、モーダルシフトとCO2削減のため、まだまだ貨物列車を利用してるんじゃないかな。具体的な比率はわからないけど。

投稿日時 - 2014-09-15 16:00:36

あなたにオススメの質問