こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

側彎(側弯)症と整体の関係について教えてください

中度の側彎症のものです。某知恵袋で側彎症の質問に対して最近妙な回答を見かけます。

それは「整体で側弯は治ります。手術しなくて本当によかった。」という内容のものです。
側彎症の治療の一つとして整体を進めること自体は自由な発言の場ですから、問題ないと思うのです。しかし、医学の世界で言えば側彎症に整体は禁忌とされていることや、悪化する危険性もあることを合わせて回答すべきだと思うのです。

なにか科学的根拠を示した文章とともに整体で治るという回答をするのであれば、納得できるのですが、何の根拠もない。

実際に整体で側弯が完治したというブログは頻繁に見かけます。しかし、「その時だけ」の話で5年とか10年先の病状については触れられていません。これでは整体の力で一時的にまっすぐになったとしか思えないのです。実際には結局、徐々に歪みが進行しているのに完治したと思い込んでいるからレントゲンを撮ってないだけなのではないか、と。
自覚症状がない病気なのですから、レントゲンを取らなければ完治したと思い込んでしまうのでは?



もし、以下の条件に当てはまる事例があれば紹介していただきたいです。
・側彎症の専門医に側彎症と診断を受けた
・整体の治療を受け、5年以上経ってからレントゲン撮影しても問題なかった




また、側彎症の治療に関する質問の回答として、前述のような回答をなさる方をどう思ういますか?



知恵袋で質問すると荒れそうだったのでこちらで質問させていただきました。

投稿日時 - 2014-09-15 12:01:59

QNo.8755254

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

整形外科医です。側弯に限らず、他の疾患に関しても、いわゆるステルスマーケティングまがいのブログが多数見受けられます。慎重な質問者様の姿勢はとても良いと思います。

乳幼児期側弯症には自然治癒するものもあります。思春期の側弯でも、軽度であれば軽度の側弯では進行せず、軽減していく症例もあります。医療類似行為のホームページで提示されている症例は上記のような症例が多いと思います。

また、椎間板ヘルニアによる側弯をしばらく経過観察していたら、レントゲンではかなりの側弯でしたが、短期間で側弯が消失した症例を経験したことがあります。「完全に治癒した」という症例は、このような機能性側弯であったのかもしれません。

>また、側彎症の治療に関する質問の回答として、前述のような回答をなさる方をどう思ういますか?

病院から代替医療に切り替えることで、適切な治療の機会を失うおそれがあるので、「自由な発言の場ですから問題ない」とは言えないと思います。明らかに病院での治療が必要な病態に対して代替医療を勧める人は自分の発言には責任を持つべきだと思います。

投稿日時 - 2014-09-16 00:18:55

補足

回答ありがとうございます。
よろしければ機能性側弯について詳しく教えてください。

かなりの角度というのは具体的に何度くらいでしょうか?機能性側弯であれば40度の曲がりでも0度になることはありますか?

投稿日時 - 2014-09-16 08:09:44

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

私の専門は脊椎ではないので、残念ながらあまり詳しくお答えすることはできません。

機能性側弯とは、疼痛、姿勢などの原因による一時的な側弯状態で、原因が解決すれば改善するとされています。通常は側彎は軽度であるようですが、私が経験した症例は比較的強い側弯であったと記憶しています。何度かまでは覚えていませんが、隣の診察室の脊椎外科医に相談しに行ったのを覚えています。

側弯の治療で最も大事なことは、ちゃんと経過を見ることです。側弯が増悪していくのかそうでないのか様子を見ながら、治療の方針を考えて行きます。怪しい情報に惑わされずに、担当の先生とよく相談されることをお勧めします。お大事にして下さい。

投稿日時 - 2014-09-17 00:15:18

あなたにオススメの質問