こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ウィルスでした!!

前回質問NO5049!

起動したらすぐに
c:\WINDOWS\System\scvhost.exeと書かれたウィンドウが出て、(補足!このウィンドウは真っ黒の画面にどんどん数字が出てきています)別のウィンドウにRuntimeErrer!
Drogam:C\program.Files\commonFiles\symatac:Shared\ccEvtmgr.exe R.6025-purefunction
virtual.functioncall OKと押すところがあります。

オンラインスキャンにかけたところ
WORM AGOBOT.QE
DOS AGOBOT.GEN
WORM SASSERO
このようなウィルスが発見されました。

アドバイスにシマンテックのソフトを外してみてはというのもございましたので外しましたが
真っ黒のウィンドウはやはり出てきます。

トレンドマイクロでWORM AGOBOT.QEの対処法を検索してみたのですが英文で分かりません。
このような場合はリカバリーした方がよいのでしょうか。 

XPのアップデートは7つありましたので
何とかインストールいたしました。

アドバイスよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2004-05-27 09:19:32

QNo.871913

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

参考です。


< つまり何らかの原因によりシマンテックの
ウイルス検索ソフトが壊れたと知らせる表示
壊れたソフトを一旦アンインストールして削除 >

なんらかの原因がウイルスだったのですね。
マイクロソフトOSのセキュリティーの弱さによって
感染とダメージが大きい。

説明補足
別 名: W32.HLLW.Gaobot.gen, アゴボット,
W32/Gaobot.Worm.gen

これは一般的に「ワーム」に分類されるシステム常駐型のトロイの木馬型不正プログラムであり、
「AGOBOT」ワームの亜種の総称です。
「AGOBOT」ワームは以下の方法でネットワーク上の
他のコンピュータに侵入します:
安易なパスワード設定を利用してコンピュータに
ログオンし、共有フォルダに自身のコピーを
作成してリモート実行 「KaZaA」などの...


DOS_AGOBOT.GEN
これは亜種の多い「AGOBOT」ワームの活動によって
改変されたHOSTSファイルの検出名です。
HOSTSファイルとはWindowsのネットワーク関連の
設定ファイルのひとつで、URLに対する名前解決に
使用されるものです。
このファイルが設定されると各種アンチウイル
スベンダーのWebページに接続できなくなって
しまいます。

これによってシマンテックが使用不能になった。

WORM SASSER.O
これはワームに分類されるトロイの木馬型不正プログ
ラムです。システムのプロセスに常駐し、
WORM_SASSERに感染しているシステムを検索します。
感染システムを発見すると、自身のコピーを対象
システムに作成します。



ウィルス駆除ソフト(バスター2004)にて
ウイルスを駆除、削除してください。

駆除ソフトが必要な場合
使用期間限定の評価版URL
http://www.trendmicro.com/jp/security/tool/overview.htm

その後トレンドマイクロダメージクリナップを試す
http://www.trendmicro.co.jp/esolution/solutionDetail.asp?solutionId=4700

それ以外に
win_xpのセーフモードで立ち上げて
異常がなかった頃にもどす。
(システムの復元)があります。

ただし復元ポイントによつては
全てのアプリケーションソフトが復活しません。

ユーザーデータのバックアップが必要なければ
クリーンインストールをお勧めします。

投稿日時 - 2004-05-27 12:47:53

お礼

アドバイスありがとうございます。
とりあえずシマンテックはアンインストールいたしましたので、トレンドマイクロの評価版をDLいたします。それで無理でしたら諦めてリカバリーですね。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2004-05-27 13:01:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問