こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

SIMカードについて、

SIMカードとは?と検索していろいろ読みましたが、おばちゃんなので良く解りません。まず、キャリアから卒業するって有りましたが、料金はSIMカードを買った業者に払うって事ですか?じゃ、自分が持ってるスマホは、auでもドコモでもなくなるんですね。


それで、格安料金が沢山載ってて、980円やら470円やらです。この料金意外いっさい払わないでいいのですか?

まだ解らない事が有りますがいっぺんに聞くのも悪いので、また質問しますが、取りあえずこの料金だけでいいのかどうか教えて下さい。

投稿日時 - 2014-07-31 17:03:15

QNo.8699452

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

>ではSIMにする事としてまず何をしたらいいのでしょう。
>auの解約?スマホは何処で買えばいいの?スマホの中にはすでにSIMが入ってるんですよね?入って無いスマホも有るのですか? 

(まず何をしたら・・・)

格安Simを使ったスマホで電話をするかどうかによって変わってきます。
もし、格安Simを使ったスマホをケータイ電話としても使いたい、しかも番号は今のままでというのなら、MNP(携帯電話番号ポータビリティー)というサービスを使うことになります。
auからはMNPの転出、格安Simの会社に転入、という形になりますね。
auからMNPで転出する際、「MNP予約番号」というものをauから発行してもらう必要があります。
auから転出する際に2000円、格安Simの会社に転入する際に3000円、また2年縛りの契約解除月ではない場合には、契約解除料が9500円の合計、14500円が必要になります。
http://www.au.kddi.com/support/mobile/procedure/contract/cancel/


格安Simの会社にMNP転入前に、利用するMVNO会社のSimをあらかじめ買ってた方が転入もスムーズに行えるでしょう。
「スターターパック」やら「ウェルカムパック」という名前です。
MNP転入の手続きはネット上や(店舗があるなら)実店舗で行います。
ちなみにMNP転出から転入は、転出してから15日以内に転入しなければならないという決まりがあるため、出来るだけ時間を置かないようにしましょう。

今使っているケータイ番号は必要ない、ということであれば、上記のMNPに関しての部分は不要になります。

(スマホの中にはすでにSIMが入ってるんですよね?)

普通、スマホにはSimは入ってません。自分の契約した会社の回線のSimカードを挿して使うのです。
Simが入ってないスマホを「白ロム(機)」と呼びます。スマホの白ロムはゲオやぐるぐる倉庫などといった中古スマホを取り扱っている店か、ネットでの通販で買うのが一般的な入手方法です。
よく少しでも安くということでヤフオクを利用という意見もあるのですが、なんらかの理由で制限がかけられてて使えない「赤ロム」と呼ばれる個体に当たる可能性もあるため、初心者のヤフオク利用はあまりオススメできません。(「赤ロム」についての説明は省きます。)

いずれにせよここでの回答に対して「じゃあ、これはどうするの?」「それでは次の質問ですが~」とやってたらキリがないため、「初めての格安Sim」や「格安Sim入門」というキーワードでググって知識を得て下さい。

投稿日時 - 2014-08-09 02:02:27

ANo.4

新たな質問への回答は後ろでおこないます。

ケータイやスマホは道具です。
道具は使い道がなければ蛇足です。
スマホに変えることで想定している用途が何かありますか?

格安SIMはキャリアと直接契約するSIMと違い、無料通話(料金織り込み済み通話時間)分が無いものが多く、あっても月に1時間分もなかったと思います。
そして従量制通話課金が高い。
ですので月の通話時間が短いかまったくない人向けというのが基本です。
その点、ご自身の通話時間と比較して如何ですか。

もし総通話時間のうち、通話の相手の方も殆どスマホだけというのであれば、SIMの通話契約とは別に、無料通話する手段があります。
IP電話というものがあって、通話契約ではなくデータ通信契約を利用して通話する手段です。
但し、聞き取りやすさや会話の遅延が、通話契約による通話より(かなり)劣ります。

質問への回答ですが、まず何をすれば良いかと言えば、利用形態の想定です。
スマホの利用には幾つかの組み合わせがあります。
例えば
1)スマホに切り替える
2)ケータイを使いつつ、スマホもSIM契約で利用
3)ケータイを使いつつ、スマホはWi-Fi運用
というパターンが考えられます。

1は、2台持ち歩くのは嫌だとか、ケータイは飽きた、何がなんでもスマホを使いこなしてみせる、といった人向けです。

2は、通話はやっぱりケータイが使いやすいとか、通話をしながらスマホも利用したいといった人向けです。

3は2と利用形態が同じですが、スマホを必要とする場にはWi-Fiがある、またはモバイルWi-Fiルーターを利用する人向けです。

スマホの購入ですが、3通りあります。
a)普通に電話会社と契約して、すぐに解約(または契約変更)する。
金額は高いです。
割引オプション無しで購入するのが筋なので、8万円はかかるでしょう。
メリットは、別途契約している回線があれば、分割払いやケータイ保障サービスが利用できる場合があることと、確実に間違いのない新品を購入出来ることです。
格安SIMは別途購入。

b)回線契約無しで販売している業者から購入。
購入する物によってはa)と値段は変わりません。
メリットは電話会社が扱っていないスマホが選べること、中古も選択対象に出来るので、かなり安く済ますことも可能だという点です。
格安SIMは別途購入。

c)格安SIMとのセット販売スマホを選択。
家電量販店の中には自社ブランドの格安SIMを販売しているところもありますし、その中でスマホとのセット販売をしていたりします。
例えばビックカメラです。
インターネットプロバイダーがセット販売している事例もありますし、格安SIM事業者がセット販売している事例もあります。

投稿日時 - 2014-08-01 18:29:38

お礼

またまた親切な回答有難うございました。私は携帯で通話はいっさいしないのです。携帯電話と言ってますが電話として使ってません。毎月の請求が2000円位なのでスマホになると通話しなくても高そうですね。取りあえずSIMと言うのがどういうものかが良く解りました。有難うございました。

投稿日時 - 2014-08-02 08:01:17

ANo.3

投稿が何故か反映されないので再投稿します。

>月1000円以下で使えるのに、ドコモやらauは何故そうしてくれないのですか?何故他の業者がドコモの回線使って安くSIMを売るのか疑問です。

キャリアはMVNO事業者へ積極的に回線を貸したくないんです。
docomoはNTT法による縛りがあるので総務省からの命令を受け、あちこちのMVNO事業者へ貸し出しています。
一方でauはごく最近になって一社に回線を貸し出し始めました。
SoftBankはまったく貸し出していません。
このような状況を見ても、貸し出したがっているようには見えないでしょう。

何故貸し出したがらないのかというと、インフラ整備事業をして土管屋と呼ぶ風習が通信業界にはありますが、この土管屋はおいしくないのです。

先進国の事業でお金がかかるものの代表には、社員の給与厚生、投資設備と保守、固定資産税、といった物があります。
土管屋はこれらがどれも大きく関わります。
大勢の社員を抱え、競合他社を見ながら研究開発に投資し、巨額の設備投資をし、通信効率を高める調整と保守に勤しむ。
その負担の割に利益率が低い。

一方で回線を借りる事業者から見ると、土管屋は複数の選択肢から選ぶ下請けのような存在になり下がります。
携帯電話インフラの場合は日本では下請けのような存在とまではいかない状況ですが、有線通信事業者の場合は利用してもらってなんぼの世界になっています。

ではどんな事業が儲かるかというと、エンドユーザーへのサービス業です。
具体的なところではFacebookやTwitter、Amazonといったものです。
これらの会社は通信インフラを自前では殆ど持たずに土管屋から借りています。

だからキャリアは自前のサービス事業へ契約者を加入させようと必死です。
専用のドラマを作ってみたり、生産者の顔が見える産地直送配送農産物販売サービスであったり、ニュースや興味のある情報を通知してくれるサービスであったり、サービスを利用すると月々の利用料を割り引いたり。
これらの事業は、土管屋と比較するとずっと少ない社員数でおこなえる事が多く、定期的に利用してくれるユーザーを多く抱える事業へと成長すれば、事業そのものの人気による利益率アップや広告収入など横の事業展開へと進みやすい。

MVNO事業者は、キャリアを土管屋にさせる存在なんです。
MVNO事業者は莫大な金がかかってリスクのある部分をキャリアに丸投げし、サービス事業を自前で展開するおいしいところ取り事業者です。
でも電波は利用できる形が限られた有限な存在ですから、その一部の独占利用権を得ているキャリアはある意味特権階級のような存在で、共有義務化は特権に対する果たすべき役割と言えます。

投稿日時 - 2014-08-01 09:39:08

お礼

NO1.2.3の回答者さんはすべて違う方なんですよね?皆さん丁寧でunokwaveさんは再回答までして下さるとは!凄く感謝です。嬉しいです!!有難うございます。


で、おばちゃん特有の図々しさから、また聞いていいですか? もう嫌だと思ったら無視でいいです(^^ゞ私はauのS007を使っててまだまだ使えるのですが、周りがスマホになっていくので取り残されるのも寂しいかなと思ってます。そこで安くなるならスマホもと思い探してた所のSIMでした。でも、よく解らず質問した訳ですが、ではSIMにする事としてまず何をしたらいいのでしょう。

auの解約?スマホは何処で買えばいいの?スマホの中にはすでにSIMが入ってるんですよね?入って無いスマホも有るのですか? 携帯ショップで聞けばいいのでしょうが、それだと買う気満々だと思われて良く解らず買っちゃいそうで(>_<) 何度もしつこいですが、良かったら教えて下さいね。

投稿日時 - 2014-08-01 10:03:23

ANo.2

>ドコモやらauは何故そうしてくれないのですか?
>何故他の業者がドコモの回線使って安くSIMを売るのか疑問です。

簡単に言えば、「保守・整備の必要がないから」でしょうね。
キャリア(ドコモやau)の回線を使うと言うことは、自社で保守・整備・通信エリアの拡大と言った設備投資を殆どしなくて良い事になりますよね。
だって、設備はドコモやauの持ち物なんですから。

その分のコストが浮くので、通信量を安くしても採算が取れると言う事です。

逆に言えば、キャリアはMNVO各社の通信分まで保証しなくてはならないので、既存の設備であったとしても、それの保守・整備かかる費用分くらいは、料金に上乗せしないと採算が取れなくなってしまいます。
なので、なかなか安く出来ないと言うこともあります。


一方、料金が高いとユーザーは利用を控えるようになります。
ユーザーが使ってくれないと採算が取れなくなるのですが、MNVO各社は回線を使わせてもらう代わりに、回線の使用料をキャリアに支払います。

使うか使わないか分からない(月々日々変動する)ユーザーの通信料より、安定して一定の収入(回線使用料)が入ってくる方が、キャリアにとってはありがたいわけです。


これ、携帯やスマホの料金にも言えますね。
定額プラン契約せずに「ちょっと使いすぎたから抑えよう」とか、日々の通信料金とにらめっこして節約しているユーザーより、かけ放題やパケット定額制のプラン契約してガンガン使ってくれるユーザーの方が、安定した毎月の収入が得られる(増えることはあっても減る事は無い)ので、キャリアにとってはありがたいわけです。

投稿日時 - 2014-07-31 20:32:32

お礼

回答ありがとうございます。おばちゃんにも解る親切な回答でした。しかしながら、そんな事も解らないで暮らしてるのかと少し恥ずかしい気分にもなります(T_T)これじゃ、いろいろ騙される訳ですよね。振り込み詐欺では有りませんが、詐欺に有った事が有るんです。無知は危険ですね。

こういうサイトが有る事は非常に助かります。本当に有難うございました。

投稿日時 - 2014-08-01 10:12:26

ANo.1

携帯電話の契約って、実はこうなんです。

(1)携帯キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク等)と契約すると、SIMカードが貸与される。
(2)購入した携帯端末にSIMカードを入れると、それが自分の携帯電話として使えるようになる。

ですので、携帯端末からSIMを抜くと、着信も発信もできなくなります。
別の携帯端末に自分のSIMカードを入れれば、それが自分の携帯電話となって受発信できるようになります。

MVNO(仮想移動体通信事業者)と契約すると、SIMが発行されて、送られてきます。

ですので、余っている端末に入れて使えば、安い料金で携帯電話を使うことができるようになります。
(端末が無いなら、調達しなければなりません)

----

ここまでなら、メデタシメデタシなんですが……。

各携帯キャリアが販売する端末は、自分の所のSIMでないと通信できないような制限、「SIMロック」がかかっていることがほとんどです。

SIMロックがあるため、ドコモ携帯はドコモのSIM、au携帯はauのSIMでしか、使えません。Softbankもそうです。
また、ドコモとauでは通信方式が違うため、SIMロックがかかってなかったとしても、ドコモ携帯をauのSIMで使うこと、au携帯をドコモSIMで使うこと、ができません。

結局、MVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMを使うならば、元となる携帯キャリアの端末を買って、それにSIMを入れて使うことになります。
最近出た「mineo」のみau回線、その他のほとんどの業者は、ドコモの回線です。

ですので、(ドコモ回線の)MVNOのSIMを使いたいなら、ドコモ機種、あるいはGoogleの「Nexus」シリーズなど、SIMロックが無いと明記されている機種を買って、SIMを契約します。

----

>980円やら470円やらです。

それらはおそらく、こちらですね。

>DTI ServersMan SIM LTE (ドコモ回線)
http://dream.jp/mb/sim/
月額税込み504円、200kbps制限。

>IIJmio 高速モバイル/D 「ミニマムスタートプラン」 (ドコモ回線)
https://www.iijmio.jp/hdd/service/datasms.jsp
月額税込み972円、高速クーポン1GB/月付き、使い切ると200kbps制限。

これらの契約は、データ通信速度が200kbpsと抑えられています。(IIJmioでは、クーポンがあるうちは高速ですが)
普通の携帯電話でも、スピード的には8000kbpsとか出たりしますので、その、1/40の速度、とかってことです。

遅い代わりにデータ通信はし放題、どれだけ使っても、『上記料金からの追加料金は発生しません。』
通信速度は確かに遅いですが、メールのやり取りや多少のWebアクセスは問題ありません。

でももう一つ重要な点があります。
これらの契約は、「データ通信専用」なので、通常の電話の受発信ができない、ということです。

パケット通信による通話、例えばSkypeアプリでの通話や、LINEアプリでの無料通話。
あるいは、「IP電話契約」を結んだ時の、050番号での通話。
こういった通話はできますが、通常の携帯番号(090・080・070番号)による呼び出しは、できないんです。

----

電話も、データ通信もしたい、という場合には、通話契約もあるSIMを契約する必要があります。

>IIJmio 高速モバイル/D 「みおふぉん」
https://www.iijmio.jp/hdd/service/miofone.jsp

こちらだと、月額は税込み1,728円のコースからあり、携帯電話としての待ち受け・通話も可能です。

一番安いコースのデータ通信部分は、上記の「ミニマムスタートプラン」と一緒です。
1GBの高速クーポンがついていて、それを使い切ると、月内は200kbps制限。

あと、電話に使えば、普通に通話料が21.6円/30秒で、かかっていきます。
データ通信の部分では追加料金は発生しませんが、通話に使った分だけ、月の請求は増えることになります。

----

現在のキャリア契約から乗り換えるなら、携帯電話番号(090/080/070~)を無くすわけにはいかないでしょう。

ですので、上記の「みおふぉん」など、通話付きのMVNO SIMへは、MNP転入もできるようになっています。
(メールアドレスは引き継げません、あしからず。)
MNPで電話番号を引き継ぎ、格安の月額料金で、スマホを使っていくことができます。

投稿日時 - 2014-07-31 18:18:46

お礼

とても丁寧な回答有難うございます。時間が掛ったでしょうに親切な方ですね。こんな人ばかりなら世の中もっと過ごしやすいのに・・と関係ないか。


ついでに甘えて聞いてもいいですか?月1000円以下で使えるのに、ドコモやらauは何故そうしてくれないのですか?何故他の業者がドコモの回線使って安くSIMを売るのか疑問です。

ドコモがしてくれれば問題ないのに。何も知らなくてゴメンナサイ。また良かったら教えて下さいね

投稿日時 - 2014-07-31 19:36:33

あなたにオススメの質問