こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

独身と偽った場合の不倫の賠償

夫と妻、不倫相手がいて
不倫相手は夫に妻がいることを知らされていなかったとします。

(1)この場合、不倫相手から夫に対して、なにか法的な賠償を請求することができますか。
(2)また、不倫相手のショックが大きかったとき、罪に問うことができますか。
(3) (2)で罪に問うことができない場合、不倫は全て刑事罰の対象にはならないと考えていいでしょうか。

投稿日時 - 2014-07-19 10:12:19

QNo.8684028

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

(1)この場合、不倫相手から夫に対して、なにか法的な賠償を請求することができますか。

↑交際相手が配偶者のある妻帯者だと言うことが分かったとしても、その妻帯者に損害賠償を請求することは出来ません。逆に、相手男性の妻から慰謝料を請求されかねません。交際相手が妻帯者だと知らなかったので交際していた。と、言う理由は通用しません。知らなかったという人の注意不足であり、無関心な点を責められかねません。

(2)また、不倫相手のショックが大きかったとき、罪に問うことができますか。

 ↑先のアドバイスと同じです。独身だと思って交際するのは自由です。そう思っていたが妻帯者であったことが分かれば、その人との交際は中止すればいいのです。不倫相手は誰も助けてくれません。

(3) (2)で罪に問うことができない場合、不倫は全て刑事罰の対象にはならないと考えていいでしょうか。

 ↑不倫は民事の問題です。「不法行為」という法律の縛りを受けています。罪とは刑事事案について言います。あなたのお尋ねの不倫相手の立場は、倫理的にも法的にも一切保護されません。

投稿日時 - 2014-07-19 12:38:44

お礼

分かりやすかったです。ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-19 19:27:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

(1)婚約でもしていなければ、請求はできません。損害はありませんので。

不倫は一切、刑事罰に問われることはありません。

投稿日時 - 2014-07-19 12:05:09

お礼

即座の回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-19 19:28:51

あなたにオススメの質問