こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なぜ権利者は削除要請をするのか

youtubeにアップされた著作物は結構削除されます。
本来得られるはずの収入が得られなくなるので、当然と言えば当然ですが、youtubeでは権利者の要請で何かしらの広告を入れさせることができます。
そして、その広告料収入からいくばくかのお金を得られます。
CDを買わない層は削除したところで買わないことを考慮すると広告を入れさせた方が得だと思うのですが、なぜ、権利者は削除要請の方を出すのでしょうか?

http://www.musicman-net.com/report/70.html
>音楽の権利者は、音楽の使用について通知を受け取り、その動画の音声を「無音」にするのか、そのまま使用を許可し、その動画に広告を表示させ、広告料の一部を受け取るかを、選択できるのです

投稿日時 - 2014-07-11 00:03:46

QNo.8673227

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

この制度は本来の権利者がYoutubeを利用して収益を得るためのシステムです。

勝手に使われた場合、本来の使用目的と異なる使用法をしている、一部のみを使用している、改変しているなど本来の著作者から見れば多少の金には換えられない使用法方です。

またここからの方が実際には重要です音楽著作権者は一人ではありません。作曲者、作詞者、編曲者、演奏者全員、レコード出版社、録音編集者など多岐にわたります。勝手に使われた物について全員の合意を得るのは困難ですし広告収入より合意、分配のコストの方が大きくなります。

投稿日時 - 2014-07-11 01:16:53

お礼

分配や合意を得るコストのほうがかかるから削除するのですね
理由がわかりました

投稿日時 - 2014-07-11 21:18:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

>>経済学の教科書に出てくるような合理的人間はまずいないということなんですかね。

『合理的」っていう価値判断、価値観で人間が行動するならば、討ち入りが成功しても、地位が回復するわけでも、経済的なメリットがあるわけでもなく、死罪になる可能性が大きい「忠臣蔵」なんて作戦を大石内蔵助が実行するわけありませんね。
また、吉田松陰も、11歳のとき、藩主に先生として講義をするほどの天才であっても、米国への無謀な密航を図って失敗し、さらに、その罪を穏便にすまそうとする幕府に対して、老中暗殺計画を自ら話し、死罪になるように仕向けました。
つまりは、人間にとっては、経済的な観点だけで、行動判断を行っていないってことですね。
まあ、彼らにとっては、彼らなりの価値観があって、不合理な行動と見えるけど、自身の価値観に従えば、極めて合理的な判断だったんでしょう。

だから「勝手にアップするな!!」なんて怒る権利者がいても不思議ではありません。
(強引なこじつけ?)

まあ、他の回答にありますけど、経済的な問題だけに限っても、権利者たちの合意が得られないケースが多そうですね。

投稿日時 - 2014-07-11 18:56:43

ANo.1

>>なぜ、権利者は削除要請の方を出すのでしょうか?

利益の実態がどうであれ、権利者は、自分の権利を犯されるのがいやなんでしょう。

いずれにしても、人の気持ち、感じ方はさまざま。
他人が思うことが、自分と違っていて「なぜ?」と不思議に思うことが私には、不思議です。

投稿日時 - 2014-07-11 00:15:57

補足

ありがとうございます。
経済学の本をちらっと読んでふと不思議に思ったのです。

投稿日時 - 2014-07-11 00:40:04

お礼

経済学の教科書に出てくるような合理的人間はまずいないということなんですかね。
角川も違法動画が儲かるということに気づくまでは削除要請を出しまくっていたようですし

投稿日時 - 2014-07-11 00:37:06

あなたにオススメの質問