こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

デジカメとビデオカメラの違いって?

デジカメを持っています。動画を撮れます。
携帯を持っています。動画を撮れます。
ビデオカメラは持っていません。

最近、動画を撮ることが好きになり、デジカメや携帯で撮っているのですが、
写す対象にぎゅーーーんとズームできないなと気づきました。
もしかしてビデオカメラではこれが出来ますか?
こまかい文字などもデジカメや携帯では写りませんが、ビデオだと写るのでしょうか?
デジカメや携帯でできなくてビデオカメラで出来ることって何でしょう??
初歩的なことですみません。ざっくり箇条書きでも良いので思いつくままに教えてください。

投稿日時 - 2014-07-03 19:29:25

QNo.8663636

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

携帯はできないことはたくさんあるし、写りもデジカメやビデオカメラには劣ると思いますが(そもそものイメージセンサー、レンズが小さいです)、デジカメとビデオカメラの差はなくなっていますし、
安いビデオカメラよりデジカメの方がセンサーも大きくズーム倍率も十分あるので、かえって良かったりします。絞りも虹彩絞りを使い、光の反射やボケが綺麗です。
デジカメとビデオカメラの決定的な違いの1つは機材の持ち方でしょう。
ビデオカメラは片手で動画を撮影するのに最適な形にデザインされています。デジカメは一部のモデルを除いて持ち方は不安定になります。
それに関連して、手振れ補正が異なります。パナソニックは5軸補正ですが、デジカメに搭載されているのは2~3機種ですし、搭載されているデジカメも、それなりに効果はありますがそもそもの持ち方が不安定ですので、やはり限界があります。
ソニーの空間光学手振れ補正はデジカメには搭載されていません(確か)。
もう一つは連続撮影時間です。
これはEUの税制上の問題とイメージセンサーの問題があります。
前者は課税の問題からデジカメによる連続撮影時間を30分未満にしていますが、後者はミラーレス一眼のような大きめのイメージセンサーを搭載したデジカメだと熱処理が追いつかず、10分前後で撮影が止まることがあります。
あと、写りの性能はデジカメがビデオカメラを凌いでいると言ってもいいですが、音の録音はビデオカメラの方が有利です。
デジカメは形状からズームした音や操作音を拾い勝ちで、ビデオカメラはその影響がデジカメより抑えられていると感じます。音質もある程度以上のビデオカメラなら結構いいです。
以上から、機種を選ぶ必要はありますが、手振れが強力に抑えられた動画を撮るのはビデオカメラが有利で、コンサートなど長時間連続撮影もビデオカメラじゃないとだめです。

投稿日時 - 2014-07-04 04:05:12

お礼

そこまで長時間の撮影もしないし、手ぶれもそこまでしっかり抑えないと気になるわけではないので、やはりデジカメでいいのかもしれません。ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-06 23:31:21

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

14人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

光学ズームがどこまで行くかはレンズの問題
一般にビデオカメラはレンズ交換式では有りませんので、最初からスペックで決まります。
その後デジタルズームでどこまで行くかは、そのメーカーの考え次第。

ビデオカメラは連続で動画が撮影可能です。
携帯は連続での撮影は殆ど期待出来ません。
デジカメの連続撮影は通常は30分未満です
これはEUがデジカメとビデオカメラで税率が違うので、高いビデオカメラに分類されないようにメーカーで制限しています。
(パナ等一部の物は30分を越えられる)

投稿日時 - 2014-07-03 19:57:26

お礼

なるほど、30分以上録画しない人はデジカメで良さそうですね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-06 23:24:34

あなたにオススメの質問