こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

今後の日本経済について

あるかたのお話によると、日本経済は破綻寸前とのことです。確かに決して好ましい状態とは思っておりませんが。その方によると、
日本の公的部門の借金だけでも1000兆円、これは歴史上かつてないものである。これを解決するためには、政治家、官僚はハイパーインフレを目論でいる。その結果、預金封鎖・国債の紙くず化・大増税そして日本の破綻。アメリカのエコノミストたちは、アルゼンチンの破綻に次ぐのは日本だとささやいている。
2004年7月の新円切り替えには極小のICチップが入っており、これは犯罪防止のみならず徹底的な監視、さらには海外へお金の流失を防ぐためのものである。
これに今後起こるであろう大震災が加わった場合、本当に壊滅的な打撃を受ける。
少し悲観的過ぎる考え方のようにも思うのですが、経済に詳しい方は日本経済をどう見ておられるのでしょうか。

投稿日時 - 2004-05-21 13:48:59

QNo.865899

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

結論から言うと景気が良くなろうと悪くなろうと国家財政は確実に破綻します。
現在、税収が40兆円しかない中 毎年 政府・地方で数十兆円以上の借金で現在の私たちの生活が成り立っています。いま、世界的に長期金利が上昇傾向にあり これにより利払いだけで10兆円・20兆円に膨れ上がれば結果的に景気減速は避けられません。
今の国債発行による借金は個人でも政府でも無限に続けることは不可能です。いずれ清算を求められます。
また 一見、景気はデジタル・住宅景気で回復したように見えますがその背景は 所得が増えない中 国民が毎月、住宅ローン・クレジット等の借り入れ残高を膨らまして消費を支えているのが実態で短期的・限定的ではないかと予測できます。アメリカと同様、政府・民間による借金まみれによって成り立っているというのが実態です。
他の方の質問に対するアドバイス・コメントで
国民金融資産ー政府・地方債務残高だから まだ 借り入れの余力があるので心配ない・破綻はないとい予測を見かけますがそれは間違いです。
実際は (1)国民金融資産+(2)国民金融負債ー(3)政府・地方債務・(4)特殊法人・(5)不良債権・(6)年金債務・7隠れ借金等で 債務的には破綻寸前です。
ご指摘のようにインフレ・預金封鎖・大増税等の手段を使う可能性は非常に大です。
また、アメリカのエコノミストが日本は第二のアルゼンチンという予測をしているとうことですが何も日本だけが危機ではありません。世界的に危機であり どこが破綻してもおかしくありません。
もし、現在 金融市場は世界的にリンクしていますので今の世界経済状況で日本が先に破綻した場合、それに続いてバタバタと他も国に影響して世界大恐慌に発展していきます。
ですからアメリカも他人事ではありません。
また、私的予想ですが 現在は日本がアメリカ市場の資金介入で世界市場の暴落を必死で止めているのが現状で これが途切れたとき、株式・債券が世紀の暴落 世界金融メルトダウンへと発展していきます。
いま まさに直前にまで迫っている世界的な金融メルトダウンでは世界・日本の金融市場・輸出・内需が急縮小していきますので大恐慌へと発展していくと思います。
ですから悲観的というより現実的と取れます。
長くなりましたが、下記に私が信頼している情報サイトがありますの気ずかれていない知られていない有力な情報が多数ありますのでご参考にどうぞ。

参考URL:http://www.collectors-japan.com/nevada/

投稿日時 - 2004-05-22 10:23:18

お礼

ありがとうございます。ではわれわれ一般人はどうすればよいのでしょうか。参考サイトも見させていただきます。

投稿日時 - 2004-05-22 12:27:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

29人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

今の現状は悪化の一途。でも、過去の歴史を見ますと、今よりはるかに困難な時代ばかり。
大競争時代に入りましたが、これは国境がなくなる方向に向かいつつあります。
今 北東アジアでは、南北朝鮮 中国対台湾 日本&アメリカ対北朝鮮 中国 ロシアの抜きがたい対立があります。EUは まとまる方向。
北東アジアは、対立の激化。
わが国が好転に向かうかどうかは、この対立構造が解消に向かうことにかかってます。
幸いアジア: 東南アジア 台湾 など友好国が多い
ので、アメリカとタッグを組みつつ 北東アジアの展望が開けるよう 国を挙げて勤めるべきです。

投稿日時 - 2004-05-29 11:02:38

お礼

回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2004-05-29 11:24:39

ANo.4

たぶんもっともっと貧富の差が激しくなっていく気がしますね。お金持ちの方はより金持ちに、貧乏はより貧乏に。自殺者も増えるでしょう。またお子さんを産まないとなると、学校・塾も生徒が減って先生や保育園・幼稚園の先生もパイが必要なくなると思うし、JRの電車も勤め人が減れば満員なんて起きなくなるでしょうから当然社員数も減るでしょうし、携帯電話にしても若者しかメールなんて使わないからパイは減っていくでしょうし。すべての産業に置いてマイナスだと思いまけど。今はトヨタがシェアは凄いけどお年寄りがクラウンの新車なんて買うでしょうかね?子供が増えれば長い年数で景気に見通しが出ますが、減っていくだけですので政府がもっと子供を産む政策しないと、日本はもう終わる気がしますけど。
子供を産む数によってもっと手厚く政策をしないとダメだと思いますよ。フランスでは子供の児童数により、例えば動物園・地下鉄では子供の数によって割引率が違います。こういった政策をすべきです。今本当に日本は子供産まないとあと15年後には悲劇的になる気がしますけど。若者は自分にお金を使います。が、お年寄りの方は自分の老後の資金で貯めるのです。使わなければお金は流通しません。少子化で熱く語りましたけどこれは大きな問題です。

投稿日時 - 2004-05-25 19:30:01

お礼

悲観的なことばかりですね。本当に考えさせられます。

投稿日時 - 2004-05-25 22:52:13

ANo.3

回答者のおっしゃる通りだと思いますが、ユメも希望もないなぁ。
日本経済だけが破綻するという事はありません。
未曾有の世界恐慌ですね。
特に日本の場合は、働かずに給料を貰っている人の数が多すぎます。
これじゃたまらない。
経済の破綻は、お金の価値がなくなるということです。
つまり、お金持ちほどその影響を大きく受けます。
その意味では、お金持ちの解体という、自然浄化作用でもあります。
絶対的な悪、とも言い切れません。
日本も含めてですが、今世界が持っている借金は、永遠に返済が不能なレベルです。
どこかで借金を棒引きにして、一からやり直さないといけない。
それが恐慌です。
まぁ、会社更生法適用みたいなもんです。
破産法ではありません。
国が倒産しても、国民が消えてなくなる訳ではないんです。
金の価値がゼロなら、物を持ってる人の勝ち。
土地があって、田畑があれば、人は死にません。
世界恐慌が落ち着くと、各国の貨幣価値が激変します。
その中でも、価値が下がらない(相対的に上がる)国を選んで、そこに移住すれば影響は少ない。
ってか、その国に貯金すれば価値の減少はある程度防げる。
というのは
愚かでしょうか。
まぁ超インフレになれば、借金してたくさんの物を持っている人の勝ちになります

投稿日時 - 2004-05-24 11:17:13

お礼

回答ありがとうございます。それぞれがそれぞれの次元で対策を講じないといけないのですね。

投稿日時 - 2004-05-24 12:40:23

ANo.2

残念ながら日本経済が破綻する可能性は、妄想レベルを超えて現実問題に差し迫っています。

借金が年収の10倍を超え、経済が破綻しなかった国家は歴史上存在しません。
そして日本の借金総額は20倍…。

私的意見を述べれば、日本人は自己財産に対する責任意識が薄いと感じます。
何も考えず銀行に貯金し、ペイオフでうろたえる…。

アメリカなどでは国民の株購入率が日本などと比べ高いですね。
それゆえに、政治や経済に真剣に向き合い、学び、論議し、結果として企業や国家を強くしているようです。まぁ双子の赤字なんかは深刻な問題でしょうが。

イスラエルのユダヤ人なんかとも違い、日本人は物事に対する危機感が少なすぎますね。

とにかく資産を増やし、最悪外国にでも移住しなければならないかも。
みなさん、国家経済の為にも自分の将来の為にも株を買いましょう(笑)

投稿日時 - 2004-05-23 05:32:38

お礼

ありがとうございます。やはり皆さん同じような考え方なのですね。多くの知識人や政治家はどう考え、どう行動しているのでしょうかね。私もそろそろ何らかの対策を講じなければならないのでしょうか。

投稿日時 - 2004-05-23 06:29:41

あなたにオススメの質問