こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

電灯契約契約の内容は電力会社により違いがあるのか?

東北電力
http://www.tohoku-epco.co.jp/dprivate/menu/index.html

従量電灯A

主にアパートの共用部分の廊下・階段の照明などで電気を使用するお客さま向けのメニューです。
使用する最大電流が5アンペア(A)以下のお客さまが対象となります。
従量電灯B

主に一般のご家庭で電気を使用するお客さま向けのメニューです。

関西電力
http://www.kepco.co.jp/home/ryoukin/menu/dento_a.html
従量電灯A

ご家庭等で最も多くご契約いただいているメニューです。
ご使用量によって電力量料金単価が異なる3段階料金制度となっています。なお、基本料金はございませんが、15kWhまでは一律の最低料金がございます。

電灯または小型機器をご使用になるお客さまで、最大需要容量※が6kVA未満のお客さま

===以上引用

同じ従量電灯Aに対して、東北電力と関西電力では、説明の仕方、推奨の利用形態が違っています。

たまたま違うサービス内容に対して同じ名称を使っているようにも思えます。

最大電流5A(東北電力)
最大需要容量6KVA(100Vとすると、最大電流にすると 60A)

このような理解で良いものなのか?

投稿日時 - 2014-06-14 12:46:22

QNo.8637222

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>たまたま違うサービス内容に対して同じ名称を使っているようにも…

会社が違うのですから、当然そうなりますよ。

特に、関西、中国、四国、沖縄電力では家庭用電灯契約に「リミッタ」(アンペアブレーカ) がありませんので、東北電力ほかとは料金体系そのものが違います。

>このような理解で良いものなのか…

その上の 2行は、それで良いです。

投稿日時 - 2014-06-14 12:58:19

お礼

関西、中国、四国、沖縄電力では家庭用電灯契約に「リミッタ」(アンペアブレーカ) がありません

なるほど、なるほど、東北電力・東京電力圏内でしか居住したことがないので、アンペアブレーカがあるのが当たり前と思っておりました。

確かに、10A契約 だの30A契約 というよな区切りが関西電力HPには見当たりませんね。

ありがとうございます

投稿日時 - 2014-06-14 14:22:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

hg3

電力会社が違えば、サービス内容も料金も違います。
「従量電灯A」という名称が同じなだけで、中身は違うものです。

投稿日時 - 2014-06-14 13:06:23

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2014-06-14 14:22:24

あなたにオススメの質問