こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

文庫本と単行本の裏側のあらすじについての疑問

 日本語を勉強中の中国人です。ある日本の本の現象についてお伺いします。なぜ文庫本の裏側にあらすじがよく載っているのに、単行本の裏側にはないのでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2014-06-02 11:11:04

QNo.8620463

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

単行本は、帯にアオリ文句を入れるからです。
買ったあと、帯を外せば、蔵書として綺麗な本をコレクションできます。

文庫本は帯のスペースが狭いので、あらすじはカバーに書くことが多いです。
また、文庫本はシリーズとして何巻も続くものが多いので、買うときに、同じものを買ったかも、という買い控えをさせないための意味もあります。

本来は奥付に入れる刊行年月をカバーにも入れているものもあります。

投稿日時 - 2014-06-02 19:52:39

お礼

いつもありがとうございます。今回もとても参考になりました。

投稿日時 - 2014-06-04 00:27:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

単行本購入者は、その作者の作品を読みたいと決めてから、書店に行き購入ですから、余計な説明は不要です。また、本そのものの美観にもこだわります。

文庫本の場合は、書店に行き、たくさんの文庫本の中から、面白そうな本を選びますから、この本は面白いというアピールが必要です。そのために、表紙裏で内容を紹介したりします。
 

投稿日時 - 2014-06-02 12:19:37

お礼

早速のご回答ありがとうございます。大変参考になりました。

投稿日時 - 2014-06-04 00:22:40

あなたにオススメの質問