こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

日当月給

主人の話です。

つい先日まで雇用は正社員で固定給で
厚生年金も社保も雇用保険もひかれていました。
そしていきなり告知なしに日当月給にかえられていて、この場合雇用としては契約社員になりますよね?

まず告知なしでいきなり給料が激減。

正社員になるまでは同じ会社で契約社員として働いていてその時は厚生年金等ありませんでした。

この場合、告知なしで給料が手取り8万ほど減ったところの請求
そして健康保険等、国保に切り替えはこちらの意思でできるものなのでしょうか?

日当月給=契約社員とゆう頭が抜けないのですが詳細はどのようなものなのでしょうか?

まとまりのない文面で申し訳ありませんが
教えていただけたらと思います。

投稿日時 - 2014-05-28 17:04:05

QNo.8614436

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

契約社員という言葉に法的定義はありませんので、それだけを言うなら何の意味もありません。中身が問題。見た目に惑わされてはいけません。悪魔は天使の姿でやってくる、神は使者を選ばない・・・
社会保険も、契約社員かどうかで選択されるものではありません。
もちろん、日当月給なんていう言い方もありません。

ですが、残業代などは別にして賃金がいきなり減るなら不利益変更ですから、会社からの一方的な切り下げはできません。
訴訟等可能でしょう。

投稿日時 - 2014-05-28 17:56:14

ANo.4

[日当月給] = [日給月給] と皆さん解釈しているみたいですが、もしかすると雇用契約を解除されて外注者扱いにされたのではありませんか。

年金と健保が引かれなくなったのは分かりましたけど、源泉所得税はどうですか。
所得税も引かれなくなったのなら、間違いなく [外注者] = [個人事業主] です。

ご質問のカテゴリーが建築・建設・土木ですが、この業界ではよくあることです。

もらうお金は「給与」ではありませんので、年末調整もなくなります。
夫は来年の春から毎年、自分で確定申告をすることになります。

以上、当たっているかどうか分かりませんので、あまり深入りしないことにしておきます。
まずは夫に詳しい状況を聞いてみてください。

投稿日時 - 2014-05-28 17:55:59

ANo.3

お答えしま。
まずでっけど「日当月給」は誰から聞いたんでっか?
旦那はんからでっか?
多分でっけど、言われた方か旦那はんが言葉を間違ごぉ~てると思われますわ!
正解は「日給月給」でっせ!
で、本題。
>そしていきなり告知なしに日当月給にかえられていて、この場合雇用としては契約社員になりますよね?
そもそもの話なんでっけど、あんさんの旦那はんずっと「日給月給」のはずでっせ!
http://www.a-i-s.co.jp/_src/products/Outsourcing/Wages&Bonus&Allowance/Wages&Bonus&Allowance_2.htm
旦那はんの会社「遅刻・早退・欠勤」分は「賃金カット」されてましたやろ。
ノーワーク・ノーペイの原則の「固定給」や無かったんでっか?
で、休んだ分を補う「有休」がある。
そうじゃなく、休もうが仕事しようが関係なく「必ず貰える銭」を貰っとったんでっか?
言い換えればやのぉ~、1日も出勤せんでも「丸々銭が貰える」給与の仕組み。
ちゃいまっしゃろ。休んだら「欠勤」となり、代わりに「有休」を使うじゃ無かったんでっか?
それと、なんで「契約社員」と思うんでっか?
旦那はんがそう言うふうに聞いたんでっか?
>この場合、告知なしで給料が手取り8万ほど減ったところの請求
思うんでっけど、8万円っちゅうたら「残業代のカット」じゃ無いんでっか?
額的に多くもなく少なくもなくやさかい。
会社も銭勘定が大変になったさかい「1日幾ら」の方法に変えはったんやろな!
後は「納得行かんのじゃい!」で転職するしか改善方法はおまへん。
だって・・・会社が決めたことなんやさかいな!
>そして健康保険等、国保に切り替えはこちらの意思でできるものなのでしょうか?
無理でっせ。っちゅうか・・・
「国保・国民年金」の方がべらぼ~に高くなりまっせ!
大変なんは判りまっけど・・・このご時世やさかい、今の会社で頑張りたいんやったら「辛抱」も必要でっせ!

投稿日時 - 2014-05-28 17:40:44

経営者の一方的な賃金の引き下げは無効です。

会社に労働組合があればいいけど、なければ一人でも入れますので。

裁判に出れば勝てます。半々ですが。弁護士の腕による。

日給月給制というのは一日毎に賃金を計算し、月の合計で出すやり方です。

これでも有給は必ずつけないといけません。

告知なしで給料を下げるという行為は違法です。上記のとおり告訴して差額を請求できます。

ただ、日給月給制だと残業代が日にち計算なので。変わります。

社会保険の切り替えは会社が厚生年金の脱退届を出さないと国保へは変更できません。

必ず一つですから。それが国民皆保険制度ですので。契約社員は有期雇用です。

期限が切れたら更新していくので実感が湧かないと思いますが。

投稿日時 - 2014-05-28 17:27:04

ANo.1

 
日当月給って初めて聞きましたが、良く使われる言葉に日給月給と言うのがあります

大部分の会社員(正社員)は日給月給です、固定給は管理職など一部の人です
では、日給月給とは何か
普通の給料で、2月の様に働く日が少ない月も6月の様に働く日が多い月も同じ給料がもらえます
そして、残業や休出をすれば残業手当が付きます
その代わり、遅刻や欠勤をすると引かれます

よく似た物に日給の月支給があります
これは1日○○円を1ヶ月まとめて払うという物で、勤務日数が少ない2月は給料が少なく、6月は多くなる給料です

なお、この様な支払い方法の違いは正社員か、契約社員かとは関係が有りません
契約社員と正社員の違いは雇用期間が決まってるか決まってないかの違いだけです
 

投稿日時 - 2014-05-28 17:14:54

あなたにオススメの質問