こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

GNU GPLライセンスのソフトで作ったものの権利

たとえばGIMP、avisynthなど、GNU GPLライセンスで公開されているソフトウェアを使って
画像や動画などを作った場合、
この画像や動画を商用利用することは、原則的に認められているのでしょうか?

投稿日時 - 2014-05-22 04:04:38

QNo.8605539

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

GNU GPLはソフトウェアのライセンスです。いわゆるフリー(自由な)ソフトですから、当然
・コピーも自由
・有償・無償・個人利用・商用利用に関わらず自由です。
・改変も自由です。
・そして再配布にも同様に自由でなければならない--制限してはならない
・ソースコードが手に入ること
・無責任
 ただし、これはソフトウェアおよびその派出ソフトウェアであって、著作物には別途著三件が発生します。
>この画像や動画を商用利用することは、原則的に認められているのでしょうか?
 ソフトウェア自体も自由なのですから自由です。
 二次著作物にも適用されますが、それはソフトウェアであって絵画や文章には適用されません。

 

投稿日時 - 2014-05-22 09:22:34

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

GNU GPLライセンスのソフトを使って作った『データ』は、GNU GPLライセンスの影響を受けません。
データをどういう条件で配布・販売するか(又はしないか)はあなたの自由です。

GNU GPLライセンスの条件が適用されるのは、そのソフト本体です。
例であげられているGIMPを対象として考えると、GIMPそのものを再配布したり、あなたがGIMPを改造して新しい画像処理ソフトを作成した場合はGNU GPLライセンスが適用されることになります。

投稿日時 - 2014-05-22 11:03:25

あなたにオススメの質問