こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

長期借入金 利息の計算方法

ご覧いただき有難うございます。


利息の計算についてわからなくなりご質問致します。


借入金:2000万円(元利均等法式利率) 利率 2.7% 返済期間5年


上記の場合、総額の利息の計算方法を教えていただけないでしょうか・・・。


毎月は、前月の借入残高×2.7%÷365日×日数だと思うのですが、
総額計算式がわからず困っています・・・。

投稿日時 - 2014-05-07 12:10:25

QNo.8584555

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

計算方法・計算式は、
http://www5d.biglobe.ne.jp/Jusl/Keisanki/JTSL/Loan.html
5返済方法の計算式 をご覧ください。(1)のア→イと進めば求める金額が出せます。

ただ、アの部分の計算は結構面倒ですし、間違いも発生しがちです。この部分の計算は、
http://www.benricho.org/loan_calc/
こういったところで計算してもらって、
返済総額-借入額
で利息総額を求めることが出来ます。

お書きになった条件(毎月返済ですよね)で計算すると、
毎月の返済額は、356,714円となり、

利息総額は、
356,714×60(ヶ月)-20,000,000=1,402,823円
となります。

投稿日時 - 2014-05-07 13:03:56

お礼

遅くなりすみません。

みなさんの回答をみながら、考えてたらお返事するのが遅くなりました。

詳しく説明していただいたMajor123 さんをベストアンサーに致しました。

投稿日時 - 2014-05-20 14:34:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

元利均等返済の毎回の返済額はちょっと複雑ですが、次のような式で求められます。

毎回の返済額 = 2000万円 × (2.7%÷12ヶ月) × (1+2.7%÷12ヶ月)^(12ヶ月×5年) ÷ { (1+2.7%÷12ヶ月)^(12ヶ月×5年) - 1 } = 356,713.7円

円未満の端数を切り捨てると356,713円となります。
この場合、5年(返済60回)経過時に45円だけ元金が残ってしまいます。
最終回にそれを調整するとしたら356,713円+45円=356,758円の返済となります。

返済総額 = 356,713円×59回 + 356,758円 = 21,402,825円
利息総額 = 21,402,825円 - 2000万 = 1,402,825円


もし円未満の端数を四捨五入したら、毎回の返済額は356,714円になります。
その場合、残高端数を最終回で調整すると、最終回の返済額は356,698円になります。

返済総額 = 356,714円×59回 + 356,698円 = 21,402,824円
利息総額 = 21,402,824円 - 2000万 = 1,402,824円

Excelが使えるなら、毎回の返済額はPMT関数を使えば簡単に計算できます。
ただExcelにしても、インターネット上のシミュレーションできるサイトにしても端数の処理まで考えると面倒ですね。
でも1円単位まで正確に計算しないと、個人間の貸し借りならまだしも、企業相手なら問題になります。

上記計算は、借入日から最初の返済日まで1ヶ月間としています。
そこが大きく異なるならその日にちも調整する必要があります。

投稿日時 - 2014-05-07 13:47:26

こちらが詳しいですね。
http://www.rate-zagu.net/post_16.html

投稿日時 - 2014-05-07 12:33:34

あなたにオススメの質問