こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

今の高齢化社会は人口を増やす政策をしてきたツケです

他の先進国は1000万~多くても7000万で成り立っています。
移民国家のアメリカと増やしまくった日本だけが1億を超えています。


増やしすぎれば、日本のような平均寿命の高い国では
いずれ、その世代の方が高齢化します。

よって第一次ベビーブーム、第二次ベビーブーム(共にヨーロッパの主要国の2倍以上の出生数でした)があった日本では
それらの世代が高齢化したら必然的に超高齢化社会を引き起こしてしまう。

ドイツやイタリアは日本と同じような出生率にも関わらず高齢者人口は日本の半分以下
高齢者比率も日本より6%以上低いです。

5000万~7000万ぐらいの人口で推移させていればよかったと思うのですが
後の祭りですけど。

デフレにしてもこの人口多すぎによる供給過剰が引き起こしたと言われているし。

投稿日時 - 2014-03-25 03:51:34

QNo.8527792

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

結果論から言うとそのとおりだけど、今さら過去を取り消すことはできないですからね。

まだ、日本という国も日本人の生活もまずかった時代、労働力を確保するために人口を増やすことは善でした。
今の中国・韓国のように輸出で稼いでいたから、市場もどんどん開拓できてたしね。

質問者さんが今何歳か知りませんが、今から20年・30年後の日本の社会・経済を、きちんと予測できますか。

まあ高齢者社会ということはずいぶん前から言われていたけど、昭和30~40年代の日本の政治家や官僚たちも、日本のバブル崩壊から長期の停滞に至る流れを予測していた人は、ほとんどいなかったでしょう。

後付けでは、いくらでも物を言うことができます。
でも、そういう先を見通す能力は一般人はなかなかもてないので、過去の政治に文句を言うよりも、今後の社会をどうするかを考えた方が建設的なのです。


繰り返しますが、質問者さんが、今から20年・30年後の日本の社会・経済を、きちんと予測できるのであれば、過去の政治に文句をいう資格もあるかもしれませんが、できないのであれば何のプラスにもならない批判だけの思考は、捨てるべきでしょう。

投稿日時 - 2014-03-25 10:32:22

お礼

僕は高齢社会はよんでいたので、
高齢化社会でも有利になる資格は一応もっています。
あまり人と関わる仕事って好きでないので
介護職などはいざという時でないとしないと思いますけど。

今の北朝鮮やインドは戦後の日本とほとんど似ていると
言われていました。
アジアはどこもかなり人口を増やしまくっているので
ほとんどの国が経済成長した時に日本以上の高齢化社会を
引きおこすと予測しています。

中国も現状は日本よりも約10歳ほど平均寿命が低い為
一人っ子政策を長い間してきても
60歳以上の人口比率はさほど高くないようですが
中国が日本ぐらいの平均寿命になると
日本をはるかにこえる高齢化社会になると思っています。
pm2,5問題や食品農薬問題などあの国の平均寿命があがるかはわかりませんが。

投稿日時 - 2014-03-25 14:46:02

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

”今の高齢化社会は人口を増やす政策をしてきたツケです ”
     ↑
1,その通りです。
 戦争が終わって平和になったのですが、戦争の
 犠牲で働き手が極端に少なくなっていたのです。
 それで、経済復興の為、産めよ増やせよ、と
 やったのが原因です。

2,しかし、それは二次的な問題に過ぎません。
 団塊の世代が増え、その後は人口構成がアンバランスに
 なる、ということは半世紀以上も前から
 判明していたことです。
 事実、昭和30年代の小学校の教科書にそういう
 指摘がなされています。

 問題は、予測していたのに、政府は何の対策も
 とって来なかった、ということです。
 半世紀以上も放置プレイをして、
 今になって慌てています。
 無能のそしりを免れません。
 給料ドロボーです。


で、質問は?


 

投稿日時 - 2014-03-25 19:15:01

お礼

質問は一応、バブル世代や団塊ジュニア世代みたいな世代がふえすぎたのが最要因ではないですか?という感じです。

投稿日時 - 2014-04-05 02:49:36

ANo.5

何を根拠に、5~7千万人と言う数値を引き出したのか判りませんが、そもそも他国と比べる意味は、余り無いのではないですかね?

かつての日本では、「1億人強程度が、安全でソコソコ豊かに暮らせた」と言うだけの話しでしょう。

先進国の人口推移を見れば明らかですが、GDPとかエネルギーの産出量(使用量)などとの相関性がありますので。

要は、日本のGDPやらエネルギー産出量では、1億人くらいまでは食えますが、それ以上は食えず、人口が飽和し。
その後は経済成長の鈍化と、価値観の多様化なども引き起こり、主に出生率の低下と言う形で、人口は減少に転じただけでしょう。

人間に限らず個体数の増減は、基本的には環境に伴う自然増加や自然淘汰であり、増え過ぎたら減るし、減り過ぎたら増えると言う摂理で、人間の場合、ソコに個々の知性などが作用する部分があるので、少しややこしいだけでしょう。

一方で、為政者が人口の統制などに乗り出して、成功した事例など余り知りませんし、統制してもムダでしょう。

投稿日時 - 2014-03-25 12:08:18

お礼

個人的な理想と思う人口で
ただちょうど他の政治家や教授も
少子化の何が問題で
人口そのものは6000万ぐらいまでの減少は問題ないと
いっていたので、なんとなく。
何もなかった時代は人口多くてもいいけど
成熟して物が有り余ってる時代なら
人口はそんなに多くないほうがよいと思います。

投稿日時 - 2014-04-05 02:48:14

ANo.4

こんにちは。
子供が自分で計算して生まれ出られたら面白い!
チャイナが、一人っ子政策で失敗して居ますね。
日本の、過去の政策を言うのでしたら、成功して居ます。
戦後復興の原動力は教育水準の高さと、生産人口
の多さでした。
その後の生活の豊かさが少子化を助長して居ます。
動物園で飼われる動物で、環境がそうさせているのと
似て居ませんか?平気で子供を捨て去ります。
生存の危機に瀕しますと、動物の一亜種であるヒトは
出産率が増えると思います。
自然の営みで有る、子育てに自信が持てない程退化した
日本人は、滅亡への坂を転がり始めたというべきです。

投稿日時 - 2014-03-25 10:49:55

お礼

一人っ子政策は失敗というより
かりに一人っ子政策してなかったら
今よりも2億ぐらい余計にいるって事なので
失敗とはいわないと思います。
実際に中国共産党も人口そのものは減らしたいそうなので。
親孝行政策とかしてますね。

投稿日時 - 2014-04-05 02:45:44

ANo.2

過去のこと言ってもしょうがないよ。
これからどうするかが重要。
その前にチャント選挙に行くことだ。

投稿日時 - 2014-03-25 06:16:34

お礼

若者の選挙離れについてと
安倍内閣の支持率の理由が同じ内容でした。

安倍内閣の支持率が47~56%(アンケートとる新聞社によりばらつき)です。
支持する人に
どうして安倍内閣を支持するのですか?の理由をといだら
ほとんどが
「 安倍さんがやめても他に適当な人がいないから 」
でした。

選挙に行かない若者にどうして選挙にいかないの?と理由をといだら
トップが
「 誰がなっても変わらないから 」 でした。

結局、日本に限らず政治と金といいますが
国民からはとれるところからは徹底的に税金で搾り取って
それを無駄遣いして借金を増やす、どこの国も大なり小なり同じようなものです。

投稿日時 - 2014-03-25 14:41:49

“高齢社会は人口が増えたことが原因”というのは論理が破綻しています。

高齢社会ということは、高齢者が多く、若い世代が少ないということです。

総人口が増えたとしても、子供が同率で増えていけば“高齢社会”にはなりません。

今の日本は、総人口における65歳以上の高齢者が21.5%以上という『超高齢社会』です。

そして、若い世代が少ないということは、子供を産む人が減っているということです。

日本の人口を安定させるためには、一人の女性が生涯のうちで子供を産む平均人数(合計特殊出生率)が、「2.09人」以上が必要になります。

では、どうして子供を産む人が減っているのか?というのが論点になると思います。

人口が多いということは、むしろ国家には多くの税金が入ってくるのだから、国家は安定するはずです。

しかし、現実には女性の出生率は下がる一方で、どんどん高齢社会になっています。

人口が多く、国民から多額の税金を得ているのにも関わらず、将来も不安な社会で自分が幸せになれるかもわからないし、
子供を産んでも安心して子育てできないような社会になってしまっているために、そんな中で子供を産もうと思える女性が少なくなっていることが高齢化社会の根本的な原因だと言われています。

高齢社会の原因は出生率の低さが関係しており、つまり子供の人口減少が原因であり、安心して子供を産み育てられる社会を実現させることが、高齢社会の解決策だと思います。

昔のことをいつまでもネチネチ言って、たかってくる韓国に無条件に援助したりしている場合ではないのです。

私たちの税金をちゃんと自分たちのために使ってくれるかを、これからは目を光らせて監視する必要があるでしょう。

そのために、ちゃんと選挙に行くということも解決のための第一歩かもしれません。

投稿日時 - 2014-03-25 05:10:03

補足

何をいっているのでしょう?
1974年に出生制限発令かけるほど
人口爆発ひきおこして
それらの世代はバブルもはじけて就職氷河期
人口飽和状態なのに、日本の借金は毎年60兆規模で
増え続け今や1000兆超え
人口が多ければ税収になる人も多いがそれ以上に税出(歳出)を
増やす人もいる、生活保護や低所得者などがその代表だ。

実際に金持ちがついったーで 「 僕らはたくさんの税金を
納めさせられるけど何にも恩恵はない低所得者は微々たる税金しか納めないのにその何十倍の恩恵がある不公平なものだ 」
とつぶやいていました。

ちなみに日本の人口密度は世界5番目(都市国家、相当国土が小さい国をのぞく)、15歳未満の人口数世界16番目
こんなに大量に人口いるのに高齢者比率は世界一
どうみても、1974年までの増やしすぎた原因だと思いますけど。

投稿日時 - 2014-03-25 14:38:26

お礼

何をいっているのでしょう?
1974年に出生制限発令かけるほど
人口爆発ひきおこして
それらの世代はバブルもはじけて就職氷河期
人口飽和状態なのに、日本の借金は毎年60兆規模で
増え続け今や1000兆超え
人口が多ければ税収になる人も多いがそれ以上に税出(歳出)を
増やす人もいる、生活保護や低所得者などがその代表だ。

実際に金持ちがついったーで 「 僕らはたくさんの税金を
納めさせられるけど何にも恩恵はない低所得者は微々たる税金しか納めないのにその何十倍の恩恵がある不公平なものだ 」
とつぶやいていました。

ちなみに日本の人口密度は世界5番目(都市国家、相当国土が小さい国をのぞく)、15歳未満の人口数世界16番目
こんなに大量に人口いるのに高齢者比率は世界一
どうみても、1974年までの増やしすぎた原因だと思いますけど。

投稿日時 - 2014-03-25 14:38:40

あなたにオススメの質問