こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

投信等の配当に適用される税金について

低額所得者の税金徴収について質問があります。

リーマンショック前に購入した投資信託が4つあり、ずっとマイナス続きなので預けっぱなしです。
そのうちの一つに初めて配当があり、そのまま再投資になっています。
証券会社からの報告書を見ると、その配当金に対して「源泉徴収税額(所得税)と「配当割額(住民税)」が引かれていました。

現在、自分はフリーターで2013年の年収は20万円程度だったので貯金を切り崩して生活しています。
Q1.このような低所得者の場合、投信の配当金に対する税金が返って来るということはあるのでしょうか?
Q1a.そう考えると、銀行の預金や生命保険の配当金につく利息にも、派生して同じ疑問がわきました。

低所得なので確定申告はしなくていいのでしょうが、2~3年前にFXで大損したので、毎年雑損失の申告のため、確定申告をしています。
Q2.FX損失だと先物取引内では相殺できても、投信の配当金との相殺はできないのですよね?

ご教示のほど、よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2014-03-10 13:57:14

QNo.8507829

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>投信の配当金に対する税金が返って来るということはあるのでしょうか…

投信にはいろいろな種類があるので十把一絡げには答えられませんが、一般には「配当所得」です。
配当所得は、

1. 源泉徴収されておしまい
2. 総合課税として確定申告
3. 申告分離課税として確定申告

のいずれでも良いことになっています。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1330.htm

したがって、他に所得がない、あるいは一定以下の低所得の方が確定申告をすれば、前払いさせられた税金の還付は可能です。

>Q1a.そう考えると、銀行の預金や生命保険の配当金につく…

預金の利子は「利子所得」として源泉分離課税なので、確定申告はできません。
投信でも「利子所得」になるものもあります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1310.htm

生保の配当金は、保険料を払っている間に受け取る分は非課税です。(掛け金が減ったと考える)
掛け金を払い終えたあとにもらう配当は、一時所得あるいは雑所得となりますので、確定申告で還付は可能です。

>Q2.FX損失だと先物取引内では相殺できても、投信の配当金との相殺はできない…

はい。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1521.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2014-03-10 14:17:02

お礼

わかりやすい解説とリンクをありがとうございます。
慣れない作業で頭が痛くなりそうですが、かみくだいて説明していただいたので、頑張ろうという気になってきました。
国税庁のサイトを見ながら、mukaiyamaさんの説明を読み返して取り組みたいと思います。
ご厚情に大変励まされました!
本当にありがとうございます。
まずは、配当所得をどうにかしてみます(*_*)

投稿日時 - 2014-03-10 14:28:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問