こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

減価償却について

減価償却について教えてください。

自家用として使っていた車を業務用として使う場合の資産の金額の計算式と、減価償却の計算式を教えて下さい。

平成24年1月 自家用で軽自動車を1,346,000円で新車購入。減価償却はしていません。
平成25年1月から80%を業務用にする。
償却期間は12か月です。

償却基礎となる金額と期首残高はいくらでしょうか?

自分でやってみたもののごちゃごちゃになってしまいました。
国税庁の確定申告作成は前年度未償却残高を入れて下さいになります。

投稿日時 - 2014-02-24 23:20:55

QNo.8489209

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

自家用軽自動車の法定耐用年数は4年、その(新)定額法償却率は0.250ですね。

1.償却基礎となる金額
(新)定額法では、取得価額1,346,000円がそのまま償却基礎となります。
2.期首残高
期首残高を算定するには、取得価額から平成24年1月~12月の償却額を控除します。
平成24年1月~12月は非業務用ですから、耐用年数を1.5倍し、旧定額法に準じて償却します。
4年×1.5=6年 6年の旧定額法償却率0.166
1,346,000×0.9×0.166×12/12=201,092
1,346,000-201,092=1,144,908
期首残高(前年度未償却残高)は1,144,908となります。

ちなみに、平成25年の償却額は
1,346,000×0.250×12/12=336,500
内、必要経費算入額は
336,500×80%=269,200
となります。

投稿日時 - 2014-02-25 13:32:19

お礼

ありがとうございました。
やはり自分でやったものは間違っていました。
助かりました。もっと勉強してがんばります。

投稿日時 - 2014-02-25 17:52:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問