こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

保険は万能の神

自動車事故時の保険会社や代理店の対応について。

過失割合が発生するパターンで、解決に対しスムーズさに欠けた場合、多くは自分の保険会社を批判しがちですよね。

ケースは実に様々ですが、保険金が貰えないわけではないのに、すごく不満を持って怒りまくって、保険会社や代理店がいくら尽力したつもりでも結局乗り換えるパターンは日常茶飯事、とても多いと思います。
(遅れましたがわたくし、代理店を営んでおります。)

ここで言いたいのは、代理店も保険会社も誠意を持って、良かれと思って対応していたつもりが、契約者様は小さな不満が発展し、もの凄い怒りに変わるようなパターンです。

味方にすべき自分の保険会社なのだから、頼りないと思うなら何が頼りないのか、過失割合に不満ならなぜそうなるのか、保険金額に不満ならなぜその額なのか、何でも冷静に相談してもらえばいいのですが、怒られる方の傾向はそれを言わないで不満をくすぶらせて、後日ぶちまけるパターンが多いようです。

なので、代理店も事故担当者も気付かないうちに不満をため込んでしまってる。
他から噂などを貰ってきては陰で自分の保険批判をしても、前向きな解決にはならないと思うんです。

そして一度不満を持たれてしまうともう何を説明してもダメ、とどまることはありません。

確かに一般の方から見れば、事故担当者の方の感覚はズレて見えます。
分かってもらおうとする説明がいちいち専門的で細かすぎて、かえって分かりにくかったり、早く解決したい契約者と人手不足で忙殺されている社員とは、解決への一日の長さの感覚が違っていたりと。

そこで代理店が緩衝役になるのですが、一度不満を抱えられると以降が困難です。
また、それぞれのやり取りを直接見ているわけではないので、不満が湧いてくる状況がとても分かりにくい。

また揉める人の傾向として、過失割合において双方の言い分がかけ離れている場合は長引く、と説明しているにもかかわらずそこに不満を持つことが多い。
車両保険入っているから、とりあえず過失割合に関係なく保険金出ますよと説明しても、何かが気に入らない。

「長いこと保険料かけ捨ててきたんだから、保険会社は全ての要望を叶えてくれる万能の神じゃないのか?」

それらのパターンを見続けていると、当然、契約者様側に難しい性格または人格があると感じずにはおられないのですが、もちろん私も完璧じゃないのでそこをどうにか向上出来ればと思い、ここに書き込んでみた次第です。

残念ながら私自身、過失割合の発生する事故に会ったことがありません。
保険の主題である保険金額は変わらないまたは変えられなくても、担当者をとても責めたくなるほどの、何かやはり凄い悔しさや訴えたい感情に囚われてしまうんでしょうか?

事故という不幸な気持ちをもっと理解してあげるにはどうすれば?
ありきたりでなく、どんな言葉を投げかければ良いのでしょう?

全国の優秀な代理店様、そして頼りない保険屋といろいろあっても不満なく付き合っていらっしゃる運転手様、良きアドヴァイスを。

(天下の東京○動ならこんなトラブルは少ないんでしょうか???)

投稿日時 - 2014-02-20 20:43:20

QNo.8483526

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

天下の東京海上?? 冗談よしこさん・・・。

保険会社 損害サービス 営業社員 どこも似たり寄ったり、五十歩百歩、どんぐりの背比べ です。
要は保険会社サイド目線 顧客・契約者より会社が一番 其れ以外ありません。

でもって、事故時の代理店サイドの対応、どういう対処してるかです。これは保険会社指導ではなく、事故当事者に理解して貰うための書類作成をいかにして知らしめるかです。
これは、電話連絡、電話対応だけではまずいですね。契約者、顧客、事故当事者なんてまず素人 電話では2,3日 早ければ電話切ったときから忘れますね。

理解して貰うためには、証拠としても必ず文書表現 これが一番 ただし、これは間違っていたら必ず証拠になります。
自信があればこれは必須 保険会社は余分な書類は作成しません。電話対応なら後日 逃げ道になります。いわゆる水掛け論で逃げ切れます。これが保険屋の真骨頂

>当然、契約者様側に難しい性格または人格があると感じずにはおられないのですが、もちろん私も完璧じゃないのでそこをどうにか向上出来ればと思い、ここに書き込んでみた次第です。
契約欲しさに、契約者にナメられてませんか?代理店も選ぶ権利はありますよ。

あなたに問います
過失相殺事故に係る判例集 コピーして通知してますか
現加入 契約内容確認書コピーして 今回の事故時にかかる補償商品を具体的に明示してしらせてますか
事故後の保険使用にかかる保険料、及び等級 変更 しらせてますか、保険使用にかかる事故有無別制度シミュレーション試算して案内してますか
事故後 直接担当する損害サービス担当者 氏名 TEL 知らせてますか
事故後 経過情報 特に事故初期段階のやりとり、事故状況経過情報をコピーして送付しますか
代車にかかる、他車運転補償の詳細 案内してますか
保険会社は弁護士でないこと、保険会社も代理店も契約者、事故当事者になんでも有利に、言いなりに動くことはないということを知らしめる必要があります。こちらの言い分は相手の言い分でもあることです。

事故当事者は、自分有利に言いたがるものです。契約者に振り回されてはダメ こちらのペースに巻き込むことが肝要 そのための伏線が上記書類作成です。

まあ、代理店稼業は経験、体験、実戦の積み重ね すくなくとも10年以上の経験は必要ですね。
そもそも、保険会社は金集めが本業 契約とれば、取るだけなんでも良い 重大なトラブルでもあればトカゲの尻尾キリで はい、それまでよ バイバイです。

代理店は都合の良い、小間使い その程度にしか考えてませんよ。
一方 ディーラー販売店は、それこそ揉み手で、平身低頭 これが保険会社ディーラー担当の実態、保険会社の実態 専業プロ代理店とはかなり違いますね。

まあ、強い物には弱く、弱い物には強い これが金融界の常識?か~ぇね。

投稿日時 - 2014-02-20 23:46:48

お礼

なるほど、代理店としてやれることはもっとあるんだな、という事がすごく良く分かりました。 

有難うございます。

投稿日時 - 2014-02-21 12:05:44

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

最もトラブルのは東京日動さんですね。

「払えば良いじゃん。」

が口癖ですから。

投稿日時 - 2014-02-21 17:21:44

あなたにオススメの質問