こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

DVDレコーダーで録画したものは長期保存に適さないって本当ですか

 最近DVDレコーダーを購入してビデオカメラの映像をパソコンで編集してDVD-Rにコピーしています。
人の話によると、市販のDVDはきっちりマスターを作ってプレスしたもので永久に持つが、
DVDレコーダーはDVDの表面を簡単に熱処理しただけだから長期保存には適さないとか聞いたのですが
本当でしょうか?
 大切な映像なのでビデオテープでなく、DVDで残したいと思ってDVDレコーダーを購入したのですが。

投稿日時 - 2004-05-03 21:23:30

QNo.847551

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

DVD-RにしろCD-Rにしろ、記録された情報は時間経過と共に劣化します。出来るだけ長期保存したいのであれば、涼しくて暗い場所に置いておくのが良いかと思います。特に紫外線は大敵ですので、直射日光に当ててはなりません(保護層に紫外線吸収剤が入っていますけど)。

メディアの種類や生産メーカーによって耐久性や耐光性に差があるようで、マニアの間では「○○のディスクは良い」とか「××のは粗悪品だ」など、評判に差があります。その手の掲示板や情報サイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

DVDはわかりませんが、プレスされたCDにも「寿命」があって、20年程度と聞いたことがあります(真偽不明)。確かに人間が作り出したものが永久にもつなんてことはありえないでしょうね。

投稿日時 - 2004-05-03 21:36:56

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

DVDレコーダーも基本的にはPCと同じレーザーを使用していますので
レコーダーで記録したから劣化しやすいというわけではありません。

DVD-Rの保存に関しては国産の良質メディアを使用し、記録後は
冷暗所に保管しましょう。
(高湿度・紫外線は劣化を促進します)

長期保存したければ、相変化メディアであるDVD-RAMかDVD-RWを
使用しましょう。

投稿日時 - 2004-05-04 00:50:33

補足

皆様から親切にアドバイスいただきありがとうございます。永久的な保存は無いということには変わらないことが良く判りました。その上でもう一つはっきりさせておきたいのは市販用のDVDレコーダーで作ったものと専門業者によるマスターリングから市販用のDVDに仕上げたものとの違いはあるのでしょうか? 

投稿日時 - 2004-05-06 07:50:52

ANo.4

いろんなところで、そういった書き込みなどを見ますが、私自身そいった状況になったことはありません。

現在、50枚程度の自作のDVDメディアを保管してます。
私も記録の保存期間について非常に興味があり、作成に失敗(音ずれ)したDVD-Rを車内の直射日光が当たる場所に放置してます。約3週間になりますが今のところ問題なく再生できます。メディアはソニー(台湾製)です。

国内メーカーのものであれば、そんなに気にしなくても良いのかもしれません。消える可能性があることを忘れず、大事に扱えば次のメディアが登場することでしょう。

永久的に保存なんてビデオでもできないし、DVDも同じ。
仮に保存できたとしても何十年先は再生装置がないかも・・・
必要なものは、その時可能なものにとりあえず保管しましょう。
ビデオテープ → DVD → ブルーレイ??

投稿日時 - 2004-05-03 22:10:11

ANo.3

粗悪な海外産の安いメディアはちょっと信頼できませんね。
国産の有名で信頼のあるメディアでも永久に保存できるわけではありません。
直射日光にあたらない所で、湿度や室温も注意すれば長持ちするはずです。

投稿日時 - 2004-05-03 22:07:33

ANo.2

プレスでも永久には持ちません。
10年程といわれてるんじゃなかったですか?
またDVD-Rは熱処理ではなく、
レーザー光による変質分解です。
DVD-RWはレーザー光による加温変化です。
耐久性はRWのほうが上です。

保存したいのなら
DVD-RよりもDVD-RWのほうが
長期保存には適しています。

投稿日時 - 2004-05-03 21:52:39

あなたにオススメの質問