こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

AppleがAppStoreの開発者たちに、iTu

AppleがAppStoreの開発者たちに、iTunesストア内の曲の連続再生を辞めるように表明した。また、今後はYouTubeを利用するよいに勧告した。

なぜアップルは敵のGoogleのサービスに移行させたのでしょう?自分の顧客をわざわざ捨てたのが理解不能です。

で、iOSでiTunesの視聴が出来なくなって行ってます。Appleの勧告を無視している開発者もいますが、いずれ無くなるでしょう。

私がしたいのは、世界117カ国のTOP100のiTunes連続再生試聴です。何か代わりになるサービスやアプリがあれば教えてください。

投稿日時 - 2014-02-14 07:41:43

QNo.8474417

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

著作権の関係では?

ご質問者さんがされようとしていることが、単に著作権侵害に当たるので、自社と関わらないところでやってね、ということでは?

試聴音源にも当然ながら著作権はあって、アップルは契約を結んでいるはずです。
再流用や別商品として成り立つ使い方は、ふつうは許可されていないはずなので、やめてほしい、ということなのでは?

投稿日時 - 2014-02-14 08:25:17

お礼

回答ありがとうございます。

純正以外は締め出し?

それだとiPhoneが売れなくなるよ・・・

投稿日時 - 2014-02-15 22:42:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

それ、可能にするのであれば、必然的に
iTunes Music Storeは値上げをすべきということになります。

ビジネスモデルの違いです。

iTunes Music Storeは音楽を売ることがビジネスモデルで
それを前提にするのが視聴サービスです。
視聴自体は利益を生むわけではありませんから

視聴→iTMSで購入

という流れを作り出せないアプリであれば
単純に、サーバー負荷を増大させるだけで
その分の負担を、Appleが負担するは異常な話です。


それ、試食品で食事を済ませるくらい浅ましいことですよ。


対して、YouTubeは広告ビジネスモデルによって
無料で視聴できるようになっています。


ですから、Appleがそうすることは、ある意味で妥当で
また、ある意味で、Appleらしい悪質な目的があるかもしれません。


つまり、広告ビジネスモデルによるYouTubeでは
広告を見る→購買による広告効果→広告収入の循環
という流れを維持しなければいけません。

もし、それを崩すアプリがApple信者によって作られ多用されれば
それはAppleがGoogleに小さなDDoS攻撃しているのと同じです。

実にAppleらしい発想では無いかと思います。
むしろ、YouTube以外の動画配信サイトを奨めたりはしないはずです。

投稿日時 - 2014-02-14 09:47:24

あなたにオススメの質問