こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

TOEFL学習について

少し変わったことをお尋ねします。

TOEFL学習についてという掲題ですが、TOEFL受験の予定はありません(留学の予定もありません)。

受験しませんがTOEFLの問題集を使った学習を視野に入れています。もちろん、(TOEFLに限らず)問題集を使わずとも色々と教材、素材があることは存じてます。

人によると思いますが、色々と(ニュースでもPodcastでもよいのですが)その手の素材を使っていると、ついついぼーっと聞いたりついつい分かった気になりますが、理解度を確認するテストをすると案外漏れているといったことがあろうかと思います。たまたま昨年TOEICの模試をやりこんだ時にも、この手の理解度をちゃんと確認できるテストもいいなと思いました。

なお、TOEICは満点をとってます。満点をとったところで100%できているわけではありませんが、特にあのリスニングのちょっとテクニカルなところや実用性と無関係そうな問題はそろそろちょっと食傷しています。TOEFLではなくてもいいのですが、よりレベルをあげるとTOEFLかIELTSあたりかと思われ、基本的にアメリカ英語を志向していることと、より教材が豊富であろうということでTOEFLを考えてます。

上記のような事情で、特段点数を求めているわけでもなく、L, R, S, Wをまんべんなくやる必要もありませんが、主にL, 場合によってRについてTOEFLの教材を使ってみようかと思ってます。Sはテスト形式はさておき、いわゆるテンプレートはちょっとやってみる価値があると思ってます。Wはおそらく一番優先順位が低いです。

前置きが長くなりました。質問ですが、

1. LとRは(形式を厳密に確認したわけではないのですが)選択問題などで、きちんと自分で答え合わせは可能なのだと思います。一方でRとWは正解などは無数にあろうかと思いますが、RとWを自習する人はどのようにして自己採点するのでしょうか。

2. 一方でLとRですが、いわゆる学術系の用語を知らないと話にならないような感じでしょうか。Lのサンプル音源などをちょっと聞いてみた感じでは、色々学術系の話題にはなっても、ある程度は内容は分かるのかなとも思えましたが、そんなに数をあたっていないのでいまいちわかりかねています。

一番主眼をおいているのはLで、TOEICよりよほど実践的なのではないかと期待してますが、あまり学術用語を問われるようなら別の方法を考えようと思ってます。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2014-02-10 23:02:06

QNo.8469954

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

TOEFLEの勉強をするのなら受験もしたほうがよいとおもいます。

なお、専門性の程度ですが、高校を優秀な成績で卒業した程度
であればむずかしいというかんじはなく、興味をもってよめると
おもいます。

内容が知的なので、TOEICほどあきないと思います。

英検をうけるのであれば、準1級と1級をあわせてうけることを
おすすめします。同時受験が可能ですので。

TOEIC満点とるほど何度もTOEICをうけたのであれば、英検や
TOEFLEの受験料などおしくはないでしょう。

投稿日時 - 2014-02-11 11:11:51

お礼

ありがとうございます。

TOEFLをやり込んでいる方のブログなどを見ると見たこともないような専門用語がよく書かれてあって少しひいてました。もう少し検討してみます。

投稿日時 - 2014-02-12 23:26:49

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

TOEICは900点ぐらいまでが意味があって、高いレベルの測定には向いていないと言われています。
だから、英語が出来る人にはあまり関係のないテストなのですよ。まだ学習中の人が受けるとか、履歴書に書いたりするために目安としてスコアが必要な場合とかぐらいで、英語が出来る人は、いまさら必要なければ受けない人が多いです。

>理解度を確認するテストをすると案外漏れているといったことがあろうかと思います。たまたま昨年TOEICの模試をやりこんだ時にも、この手の理解度をちゃんと確認できるテストもいいなと思いました。

そうですね、そういう目的にも良いみたいです。
http://homepage3.nifty.com/mutuno/02_toeic/02_toeic.html

LとRというので私も発音の違いかと一瞬思いましたが、ListeningとReadingですよね。
Wは writingで良いでしょうか。

>一方でRとWは正解などは無数にあろうかと思いますが

もしかしたら、Speaking と Writingの間違い??

ライティングは添削してもらったほうがいいです。
都会ならTOEFL向けの講座があったりしますし、特にTOEFL向けというのでなくて英語ネイティヴが添削してくれる通信教育もあります。

と言いつつTOEFLを受けたこともないし、内容も知りませんが、留学準備のテストですから、学術系と言ってもものすごく何かに特化した専門用語ということはなかろうと思います。大学で使うような用語ということなのだろうか??
市販の参考書類をご覧になってみては?

学術的でない一般的といえば、英検がそうです。
TOEIC990なら準1級は楽過ぎるかもしれません。
1級は設問1の語彙問題が難しいですが、一般に使わないマニアックさというほどではない感じがします。
リスニングやリーディングのパートは社会一般的な話題ですしそんなにひねった質問もなかったと思います。実際に受験するかどうかは別としても、「答え合わせできる学習素材」として使えると思います。

ライティングは5段エッセイですが、課題そのものは難解ではありません。

1級を受けて落ちたことがあります。一次試験があと何点かで不合格。
スピーキング(二次試験面接)は準1級よりかなり難しそうですが、なにしろ一次試験を突破したことがないので経験はありません(笑)

どのような出題内容かは公式サイトで過去問題を見られます。リスニング問題も聞けます。解答もあり。

ちなみに英検1級の参考書類は、そこらへんの中小の書店ではあまり売っていません(東京でも)。志願者が少ないからだと思います。よく見かけるのはかろうじて準1級まで。2級までなら一通り揃ってるんですが。
たとえば都内なら八重洲ブックセンターなどのような大きな本屋さんなら1級の本も置いている。もちろんネット書店でも入手可能です。
リスニング、リーディングなどパート別の参考書が出ています。

参考URL:http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_1/solutions.html

投稿日時 - 2014-02-11 06:28:21

補足

曖昧な書き方で失礼しました。そうです、RとLはReading, Listeningを指しており、また、「正解が無数にあるであろう」と書いたのはSpeaking, Writingです。

そうですね、英検を仮に受けるとすれば一級を受けると思います。

英検一級も語彙が難しいと聞いておりますが、その他出題形式などはあまり詳しくありません。

もう少し考えてみます。

投稿日時 - 2014-02-11 10:52:11

ANo.1

    僕も(あるいは「僕は」) TOEIC を受けたことも、受けるつもりも無い人間です。

1。 RとWを自習する人はどのようにして自己採点するのでしょうか。

    意味のある自己採点は出来ないでしょう。

2。  R と L と の区別は、それだけで区別する [réizər] 「かみそり」、と [léizər]「レーザー(光線)」のような組み合わせ(ミニマルペアと言います)は、非常に少なく、前後の関係で分からない人は、喋る方でなく、聞く方に問題があると僕は思っています。

    もちろん日本語(他の言語にもありますが)を母語とする人の弱み、につけ込んで、これに時間をかける、英語ネイティブの教師やそれを信じる人もいますが、僕は時間の浪費だと思っています。

投稿日時 - 2014-02-11 03:31:44

あなたにオススメの質問