こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

行政手続法21条2項について

行政手続法21条2項で「主宰者は、聴聞の期日に出頭した者に対し、その求めに応じて、前項の陳述書及び証拠書類等を示すことができる。」とあるのですが、「聴聞の期日に出頭した者」とは、具体的にどのような者でしょうか。
当事者又は参加人は、聴聞のへは出頭しないので、「当事者又は参加人」以外の者だとは思うのですが…。
よろしくお願いいたします(初心者のレベルですので、やさしくご教示いただければ幸いに存じます。)。

(陳述書等の提出)
第二十一条  当事者又は参加人は、聴聞の期日への出頭に代えて、主宰者に対し、聴聞の期日までに陳述書及び証拠書類等を提出することができる。
2  主宰者は、聴聞の期日に出頭した者に対し、その求めに応じて、前項の陳述書及び証拠書類等を示すことができる。

投稿日時 - 2014-01-27 13:38:00

QNo.8449016

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

この条文を素直に読むと、次の2つの場合と考えられます。
・当事者は期日前に陳述書を出したが、参加人は期日に出頭した。
・参加人は期日前に陳述書を出したが、当事者は期日に出頭した。

質問者の方が、このように読めなかった理由は、当事者と参加人の関係が理解されていないためだと思います。
参加人については、17条で次のように定義されています。
「当事者以外の者であって(中略)当該不利益処分につき利害関係を有するものと認められる者」

「利害関係」には、いろいろな場合が考えられます。
不利益処分により、間接的に不利益を受けるという場合も考えられますが、
当事者は仕方がないと思っていることに対し、参加人は死ぬほど困るので絶対阻止したいという場合も有るでしょう。

参加人は、逆に利益を受ける側なのかもしれません。
例えば、不利益処分が下されることを要望していたということも有りえます。

そのような場合、互いに手の内は見せたくない、という場合も想定されます。

そうなると、聴聞の期日に、相手方の意見を聞いて、それに対する意見を述べたいと考えることでしょう。
相手方が事前に陳述書を出しているなら、その内容を参照する必要が有るのは当然のことです。

投稿日時 - 2014-01-27 18:36:13

お礼

回答並びにご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
お陰さまで、納得することができました。
また、何卒よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2014-01-28 02:19:52

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問